mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > BANQUET  

BANQUET  

BANQUET  

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西出身のHOUSEユニットORIENTA-RHYTHMのレギュラーイベント

2000年1月スタートし、その後大阪の主要クラブにでマンスリーで開催され続けてきたHOUSEイベント”BANQUET。
関西出身のHOUSEユニット”ORIENTA-RHYTHM”がレジデントを務め、多くのクラブミュージックファンの支持を集めるイベントがGRAND CAFE PRESENTSにて開催!!


Biography Of Orienta-Rhythm
<Version:Aug.2007>

日本人クラブDJ、"Kazuhiro"、"Kenny"、"D.Miyamoto"の3名からなるHouse Music Producers Team"Orienta-Rhythm"。
PRODEUCER、REMIXER、DJとして活動している彼等がこれまでに手掛けたサウンドプロダクションは60タイトルを越え、
NY、LONDON、ITALY、SPAIN、FRANCEといった海外のレーベルからも自身のプロデュース作品を含む多数の作品をリリースしている。

海外からの初リリースは1999年に手掛けた「Urban Soul/Got To Believe」のリミックス。
NYのレーベル、『King Street Sounds』よりリリースされ、"Frankie Knuckles"のプレイリストに載ったこのタイトルは
彼等がシーンのDJやバイヤー等に知られるきっかけとなった。
続いて同年、彼等自身のオリジナルトラック集である「THE ORIENTA-RHYTHM EP」を
LONDONのレーベル『99DEGREES』よりリリース。
このタイトルは"Pete Wardman"、"Dave Clark"をはじめとするUKの人気DJ達がヘヴィープレイ。

2000年には「Urban Soul/Before You Reach For Love」のリミックスをNYから、
オリジナルトラック「Pump Up The Rhythm」をLONDONの『Undiscovered Recordings』からリリース。
「Pump Up The Rhythm」はイビザのコンピレーションCD「Superclub DJ's」に収録される等、
ヨーロッパを中心に高い人気を得たタイトルとなった。
同年、国内のシーンに向けては数々のヒット曲を持つヴォーカリスト"Lonnie Gordon"をフィーチャーし、
彼女自身のビッグタイトルである「Happenin' All Over Again」をハウスミュージックとして新たに蘇らせ、
「Artimage Vinyls』よりリリース。
"Orienta-Rhythm feat.Lonnie Gordon"名義でリリースされたこのタイトルは、
長期に渡り日本国内の様々なクラブチャートの上位にランクイン。
国内のクラブシーンにおいて"Orienta-Rhythm"の名が広く知られるきっかけとなった。

翌2001年8月には、同じく"Lonnie Gordon"をフィーチャーしたオリジナルトラック「Falling In And Out Of Love」をリリース。
この曲はリミキサーに"Todd Gardner"を起用、『King Street Sounds』からもライセンスリリースされ世界発信となった。
(後にコンピレーションCD「David Morales /Mix The Vibe"Past-Present-Future"」に収録)

2004年は"Orienta-Rhythm"としてのサウンドプロダクション活動を全て休止。
自身のレギュラーイベント「BANQUET」をGRAND Cafe(OSAKA)において復活させ、DJ活動のみに専念。

2005年、1年半振りにプロダクション活動を再開。
再開第一弾となったプロジェクトは「Stephanie Cooke/Everything」のリミックス。
『King Street Sounds』ウェブサイトのBGMにも起用されたこのトラックは、プロモ段階より"Danny Krivit"に気に入られ、
"Grant Nelson"、"Danny Rampling"、"Jay-J"等をはじめとする世界中のトップDJ達がサポート。
様々なチャートにランクインし、セールス面においても「Manhattan Records(House店@渋谷)」においてウィークリーセールスチャート
5週連続1位、世界一のダウンロード数を誇るハウスミュージックDLサイト「traxsource.com」のダウンロードチャート2位、
ヨーロッパ最大のオンラインヴァイナルショップ「Juno Records」ハウス部門のセールスチャートで5位を記録するなど、
高い実績を残したタイトルとなった。
(同タイトルは後に「 CD Pool U,S Beat」「To The Floor;Vocal Essentials」「 Tokyo Calling 2」等のコンピレーションアルバムに収録)

2007年の1月、Orienta-Rhythm結成10周年を記念し、同じく『King Street Sounds』よりリリースされた
「Don't Take Your Love feat.Stephanie Cooke」 もSoul Centralの"Timmy Vegas"や"Jamie Lewis"、"Tone Def"、 "Jovonn"といった
トップDJ達のサポートを受け、「Everything」のリミックス同様、様々なチャートにランクインを果たしたビッグタイトルとなった。
(同タイトルは後に日本国内で絶大な人気を誇るハウスコンピレーションシリーズ「Love Generation 3」、
イタリアの老舗レーベル『TIME RECORDS』よりリリースされたコンピレーション「Kay Rush Unlimited III」に収録)

開設日
2004年08月20日
(運営期間4420日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
142人
関連ワード