mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 憧れる♡セクシーセレブ

憧れる♡セクシーセレブ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月14日 13:59更新

会員が増えない事には情報交換の仕様がないので、セクシーセレブに憧れる人や海外セレブに興味がある人は、取り敢えずこのコミュが目に入ったら 気軽に参加登録をよろしくお願いします。

http://mixi.jp/join_community.pl?id=2412532

ハート
セレブのプロフィールなどきになったら、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2256020
ここのコミュニティーもみてください。
新しい情報も皆さんで教えあったりしてください。

画像のはりつけなどもオーケーです。
セレブたちへの鋭いツッコミ・毒舌なんでもOK。
mixiの規約に注意してください。
http://mixi.jp/help.pl
海外セレブのゴシップが大好き!
恋愛事情・あのセレブの注目カップルの今後が気になる!
あのセレブがこんなことしてるー!
セレブ達の裏私生活が気になって気になってるひとやセレブ達のニュースやハズカシ画像などのネタをおもしろおかしく弄っていくコミュニティです。
ハート

セクシーセレブの一つとしてプレイメイトのことについて

exclamation ×2こんなNEWSもあります。
2007年2月8日、アナ(アンナ・ニコル・スミス)はフロリダのホテルの部屋で倒れているところを発見され、病院で死亡が確認された。39歳だった。息子の謎の死に続いたかたちだったゴシップ誌の格好の的となり、彼女の死をメディアも速報で伝えた。フロリダでは地元警察が記者会見を行い、「彼女に同行していた施設の看護師が倒れているのを発見し、午後1時45分ごろに通報を受けた。ボディガードが蘇生処置をし、病院に緊急搬送した。病院は午後2時49分に死亡を確認した」と発表した。この事について、「なぜ、蘇生処置を看護師ではなく、ボディガードが行い、本来ならば蘇生処置を行わなければならない看護師がフロントに連絡しにいったのか」とメディアは早速、疑問点をあげた。

彼女がどの時点で死亡したのかに関して、今のところ正式な発表はないものの、CNNではホテルの部屋で既に死亡していたのではないかと伝えている。ホテルには、救急車の他に消防車なども到着し、多くの警察官もかけつけ、病院に着いた時には彼女は既にシーツで覆いかぶされていたと目撃者は語っている。

伝えられるところによれば、彼女は前夜、具合が悪く、微熱があったという。

なお遺言状で全財産が譲渡されるはずだった息子がすでに死去しており、生後間もない娘の父親に三人の男性が名乗りを上げていることから、推定15億ドル(180億円)ともいわれる遺産をめぐっては混沌とした状態にある。遺言状は2001年7月30日に作成されて以来更新されておらず[9]、現状では長女ハナに遺産の相続権がないが、アナの母ヴァージー・アーサー(Virgie Arthur)は遺言状が無効であるとして争う構えを見せている。

プレイメイトの説明などをかいておきます。

トイレプレイボーイとはトイレ

この雑誌の成功により、出版元はあらゆるメディアに広がるPlayboy Enterprises, Inc.に成長した。現在、「プレイボーイ」は世界でも最も知られたブランドのひとつであり、合衆国内の旗艦誌に加えて、各国特別版が全世界で発行されている。内容は、女性のヌード写真に加えてファッション、スポーツ、有名人のトピックや、著名な作家(Arthur C. Clarkeなど)による短編小説などを掲載。政治上の係争点についてリベラルな見解を表明することでも知られている。

プレイボーイの「趣味のよい」「質の高い」ヌード写真は、プレイボーイのライバル誌である「ペントハウス」とともに、1970年代から創刊された「ハードコア」なポルノ雑誌に対して「ソフトコア」と分類されることも。

トイレ歴史トイレ

当初、『Playboy』誌のタイトルは『スタッグ・パーティ』(*訳注 「男ばかりの会合」の意)になる予定だった。だが、それまでまるで関わりのなかったアウトドア誌『スタッグ(“男子専科”の意)』からヘフナーに接触があり、もしその名前で雑誌を販売するなら、自分たちの登録商標を守るべく法的措置をとるつもりだと告げられる。ヘフナーと、共同設立者であり取締役副社長のエルドン・セラーズは、会ってこの問題を話し合い、これに代わる新しい名前を考えた。ニューヨーク州バッファローで1947年から1951年まで自動車を製造していた「プレイボーイ自動車会社」に母親が勤めていたセラーズが、新しいタイトルに「プレイボーイ」はどうかと提案した。

創刊号出版にあたり、第2弾が出せるのかヘフナーには確信がもてなかったこともあり、1953年9月に発行された創刊号には日付が入っていない。初めての中綴じグラビア写真はマリリン・モンローだったが、その写真は彼女がカレンダー用に撮影したものの流用であり、『プレイボーイ』誌のための撮りおろしではなかった。だが、創刊号は即座に話題となり、数週間で売り切れに。発行部数53,991万部(Source: Playboy Collector's Association Playboy Magazine Price Guide). 1冊の値段は50セント。2002年には「新品未使用」もしくは「新品同様」とうたわれた創刊号が5,000ドル以上で売れたこともある。

タキシードの蝶ネクタイをつけたウサギの横顔を図案化したロゴ(ラビットヘッド)は、アートデザイナーのアート・ポールが雑誌2号目のためにデザインしたもの。以来、このロゴは毎号掲載されるようになった。この雑誌について常に交わされた笑い話は、「ウサギのロゴは、表紙の絵や写真のどこに隠れているでしょう?」というものだった。ヘフナーは、ウサギには“快活で、遊び心や茶目っ気がある”というイメージから、“ユーモラスであり、セクシーさの象徴(ウサギは哺乳類の中でもっとも繁殖力の強い生物である)”としてウサギをマスコットに選んだと語っている。(余談ではあるが、このラビットヘッドは色々なジャンルのデザインで採用されている事があり、アメリカ海軍のVX-4飛行隊に属するF-14トムキャット、F-4の尾翼にラビットヘッドが描かれた例がある)

表紙にプリントされていたある「印」のおかげで、ヘフナーとその号の表紙を飾ったプレイメイトに関する都市伝説が始まった。「印」とは、『PLAY―』の「P」という文字の中や周囲に印刷されていた★(星)のことであり、1976年に半年だけ途切れたが、1955年から1979年までの間、表紙に印刷され続けた。噂や勝手な憶測によると、この星の数はその号の表紙を飾るプレイメイトに対してヘフナーが与えた評価・格付けであり、その子がどれだけ魅力的か、あるいは彼女と寝た回数、またはベッドでどのぐらいよかったかの点数だと言われた。だが、0から12まであったその星の数は、実際はその号の国内、海外への広告地域を示していたのだった。

1970年に時代のピークを迎えると、『プレイボーイ』誌は部数的にも文化的意義や適合性という見地においても下降が見られるようになる。1970年代に現れた『ペントハウス』やそれに続く『Oui』や『Gallery』といった同フィールドでの競合誌、その後のポルノビデオ、近年では『Maxim』や『FHM』、『Stuff』などの青年誌の台頭も原因だった。 その現実に対して、『プレイボーイ』は以前つかんでいた18〜35歳男性という購買層に対して再主張するべくページのつくりを多少変更し、「プレイボーイ・インタビュー」にヒップホップのアーティストを登場させるなど、読者に適切な人選と内容に焦点をあて頑張っている。
1988年、ヒュー・ヘフナーの娘であるクリスティー・ヘフナーが「プレイボーイ」社のCEOに就任。現在は取締役会長も務める。
本誌は、2004年1月号で50周年記念を迎えた。このイベントを祝って、1年を通してラスベガス、ロサンゼルス、ニューヨーク、モスクワで記念式典が開催された。

トイレプレイボーイ・インタビュートイレ

著名人を招いて収録される「プレイボーイ・インタビュー」は、その攻撃的なスタイルと手間をかけたプロセスが有名に。取材&撮影には通常7時間から10時間程度かけられる。過去に起用されたインタビュアーにはアレックス・ヘイリーやアルヴィン・トフラーなどがいる。
プレイボーイ・インタビューは1962年9月号(9巻9号)のマイルス・デイヴィスの回から始まり、以後、ジミー・カーター、ジョン・レノン、フィデル・カストロ、アイン・ランド、マルコムX、ジョージ・リンカーン・ロックウェル、カート・ヴォネガット、バートランド・ラッセル、サルバドール・ダリ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ジャン=ポール・サルトル、ジョージ・ウォレス、モハメド・アリ、マダリン・マーレー・オヘア、オーソン・ウェルズ、ラルフ・ネーダー、アーサー・C・クラーク、ヤーセル・アラファート、スティーブ・ジョブズ、スティーヴン・ホーキング、ラリー・エリソン、石原慎太郎、ロバート・デ・ニーロ、カール・セーガンといった著名人がいる。

トイレプレイメイトとはトイレ

『PLAYBOY』誌に関するモデルであっても表紙のモデルや一般のヌードモデル、インターネット版のモデル等はプレイメイトに含まれない。
見開きページ・折込ページに「ミス○○月」として掲載されるモデルはプレイメイト・オブ・ザ・マンス(Playmate of the Month、略称PMOM)と呼ばれる。プレイメイト・オブ・ザ・マンスのグラビアはその人物のヌード写真・見開きポスター・略歴に加え、生年月日・身体サイズ・興奮する状況・白ける状況等を記述した「プレイメイト・データシート」から構成されている。一年間に掲載された総勢12人のプレイメイト・オブ・ザ・マンスの中から1名が、翌年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤー(Playmate of the Year、略称PMOY)に選出される。プレイメイト・オブ・ザ・マンスの報酬は2万5000米ドルで、プレイメイト・オブ・ザ・イヤーに選ばれると10万米ドルの追加報酬と自動車が贈られる。このほか、創刊5周年以後5年周期でアニバーサリー・プレイメイト(Anniversary Playmates)が選出されている。2006年9月時点時点で、プレイメイト・オブ・ザ・マンスを歴任した女性の数は635人。
『PLAYBOY』は将来のプレイメイトとなりうる候補者の発掘に対して対価を出しており、本人以外が推薦した候補者がプレイメイトに選ばれた場合、推薦者は仲介手数料として2500アメリカドルを手に入れることができる。ヒュー・ヘフナーと写真家たちはそれら候補者の中からプレイメイトを選出する。プレイメイト・オブ・ザ・イヤーはヒュー・ヘフナーが年間の読者投票を参考に独断で選出する。
注記: 『PLAYBOY』は「一度プレイメイトになれば、永遠にプレイメイトであり続ける」(Once a Playmate, always a Playmate[1])との考えから、「元プレイメイト」等の表現は使っていない。

トイレ歴史トイレ

『PLAYBOY』第1号に主役として掲載されたのはマリリン・モンローだが、その肩書きは「今月の恋人」(Sweetheart of the Month)であり「プレイメイト」の呼称はまだ存在しなかった。プレイメイト・オブ・ザ・マンスと銘打たれた最初のモデルは『PLAYBOY』第2号に掲載されたミス1954年1月、マージー・ハリソンである。基本的に、プレイメイトとして掲載される回数はモデル1名につき1回であるが、創刊初期には2回または3回プレイメイトを経験したモデルも存在する。2回経験者はマージー・ハリソン(1954年1月・1954年6月)とマルグリット・エンペイ(1955年5月・1956年2月)の2名で、3回経験者はマーガレット・スコット(1954年2月・1954年4月・1955年4月、後の2回はマリリン・ウォルツ名義)とジャネット・ピルグリム(1955年7月・1955年12月・1956年10月)の2名である。

現在、多くの国家・地域では18歳未満の出演するポルノ画像は違法となっているが、『PLAYBOY』が創刊されて間もない時代には未成年者略取に関する法律はまだ十分に整備されていなかったため、ナンシー・クロフォード(1959年4月)、ドナ・ミッチェル(1963年12月)、リンダ・ムーン(1966年10月)、テディ・スミス(1960年7月)らは17歳で、エリザベス・アン・ロバーツ(1958年1月)は16歳でプレイメイトとしての撮影に臨んでいた。この結果としてヒュー・ヘフナーとロバーツの母親は逮捕されたが、エリザベスが母親の出演同意書を持っていたため最終的に請求は棄却された。[2]より近年の例としては16歳で『PLAYBOY』ドイツ版の撮影に臨んだウルスラ・フェルネがおり、彼女は18歳で米国版(1979年10月)にも掲載されている。

プレイメイト・オブ・ザ・イヤーは各年5月にプレイボーイ・マンションにおけるメディア午餐会で発表されるのが慣習である。プレイメイト・オブ・ザ・イヤーとなったモデルは、その年の6月号または7月号で組まれるプレイメイト・オブ・ザ・イヤー特集のグラビアで大々的にフィーチャーされ、表紙も飾る。しかし例外として2003年から2005年にかけての特集号の表紙はプレイメイトではなく、同じ号のセレブリティグラビアに登場しているセレブリティが掲載された。

陰毛を見せた最初のプレイメイトはミス1971年1月のリヴ・リンデランドとして知られているが、創刊初期の1956年2月には自身2度目の登場となるマルグリット・エンペイがラス・メイヤー撮影の水中写真で陰毛を見せている。当時は発行部数が少なかったため、この写真はリンデランドの写真のように一般に知れわたることはなかった。陰毛を見せるプレイメイトは1970年代から1980年代にかけて増加傾向が続いたが、1980年代後半からは陰毛を剃毛して整える傾向が強まり、2001年9月のダレーン・カーティスはプレイメイトの歴史上初めて完全に1本の陰毛もない状態で掲載された。1990年代からはへそピアス等のボディピアスや、タトゥーを体に施したプレイメイトの増加傾向も見られるようになった。

トイレアニバーサリー・プレイメイトトイレ

50周年(2004年1月): コリーン・シャノン(Colleen Shannon)
45周年(1999年1月): ジェイミー・バーグマン(Jaime Bergman)
40周年(1994年1月): アンナ=マリー・ゴダード(Anna-Marie Goddard)
35周年(1989年1月): フォナ・マクラーレン(Fawna MacLaren)
30周年(1984年1月): ペニー・ベイカー(Penny Baker)
25周年(1979年1月): キャンディ・ラヴィング(Candy Loving)
20周年(1974年1月): ナンシー・キャメロン(Nancy Cameron、両面見開きで掲載された唯一のプレイメイト)
15周年(1969年1月): レスリー・ビアンチーニ(Leslie Bianchini)
10周年(1963年12月): ドナ・ミッチェル(Donna Michelle)
5周年(1958年12月): ジョイス・ニザーリ(Joyce Nizzari)

トイレプレイメイト史上初の一覧トイレ

2度の登場を果たした最初のプレイメイト: マージー・ハリソン(Margie Harrison、ミス1954年1月・ミス1954年6月)
『PLAYBOY』創刊後プレイメイトのいない最初かつ唯一の月 - ミス1955年3月(発行自体が行われていない)
最初の中央見開き掲載(2ページ): ジャネット・ピルグリム(Janet Pilgrim、ミス1955年7月)
最初の折込見開き掲載(3ページ): マリアン・スタフォード(Marian Stafford、ミス1956年3月)
米国外生まれの最初のプレイメイト: エルザ・ソレンセン(Elsa Sorensen、ミス1956年9月)デンマーク出身
最初の二人組プレイメイト(同じ月に2名): パット・シーハン・マラ・コーディ(Pat Sheehan・Mara Corday、ミス1958年10月)
最初のアジア系アメリカ人のプレイメイト: チャイナ・リー(China Lee、ミス1964年8月)
最初のアフリカ系アメリカ人のプレイメイト: ジェニファー・ジャクソン(Jennifer Jackson、ミス1965年3月)
豊胸手術を行った最初のプレイメイト: スー・ウィリアムズ(Sue Williams、ミス1965年4月)[3].
自殺を遂行した最初のプレイメイト: スー・ウィリアムズ(Sue Williams、ミス1965年4月)
プレイメイトになった最初の双子: マリー・コリンソン・マドレーヌ・コリンソン(Mary Collinson・Madeleine Collinson、ミス1970年10月)
陰毛を見せた最初のプレイメイト: リヴ・リンデランド(Liv Lindeland、ミス1971年1月)
プレイメイトになった最初の日系人: リエコ・イングリッシュ(Lieko English、ミス1971年6月)
『PLAYBOY』創刊以後に生まれた最初のプレイメイト: モニカ・ティドウェル(Monica Tidwell、ミス1973年11月、PLAYBOY第2号が販売されていた1954年1月の生まれ)
別々の月にプレイメイトになった最初の姉妹: ジャニス・ペニントン(Janice Pennington、ミス1971年5月)・アン・ペニントン(Ann Pennington、ミス1976年3月)
最初のプレイメイト・データシート: ソンドラ・セオドア(Sondra Theodore、1977年7月)
母娘双方がプレイメイトになった最初の親子: キャロル・エデン(Carol Eden、ミス1960年12月)・シモーヌ・エデン(Simone Eden、ミス1989年2月、娘)
プレイメイトになった最初の三つ子: エリカ、ニコール、ジャクリン・ダーム(Erica, Nicole and Jaclyn Dahm、ミス1998年12月)
プレイボーイ・ビデオの最初のプレイメイト(1982年): ルーニー・チン(Lonny Chin、PLAYBOY本誌では1983年1月号のプレイメイト)
プレイボーイ・サイバーガール出身の最初のプレイメイト: ステファニー・ハインリッヒ(Stephanie Heinrich、2000年9月のサイバーガールでミス2001年10月)
陰毛が全く無い最初のプレイメイト: ダリーン・カーティス(Dalene Kurtis、ミス2001年9月)
プレイメイトになった最初の日本人: ヒロミ・オーシマ(Hiromi Oshima、ミス2004年6月)

トイレ有名なプレイメイトトイレ

パメラ・アンダーソン(Pamela Anderson、1990年2月)女優、実質的なポルノ女優、セレブリティの象徴的存在
マリエース・アンドラダ(Marliece Andrada、1998年3月)女優
マリーナ・ベイカー(Marina Baker、1987年3月)ジャーナリスト、児童文学作家で英イングランド・イースト・サセックス州のTelscombe町の町長
ビビ・ビュエル(Bebe Buell、1974年11月)女優でリヴ・タイラーの母
キンバリー・コンラッド(Kimberley Conrad、1988年1月)後のヒュー・ヘフナー夫人
カーメラ・デシーザー(Carmella DeCesare、2003年4月)WWEのコンテスト「RAW Diva Search」出場(2004年)
リサ・ダーガン(Lisa Dergan、1998年7月)St. Pauli Girl・ゲス?ジーンズのスポークスモデル
ドナ・デリコ(Donna D'Errico、1995年9月)女優でニッキー・シックス(モトリー・クルー)の妻
ダフネ・デュプレー(Daphn醇Pe Duplaix、1997年7月)ソープオペラ『Passions』出演の女優
バーバラ・エドワーズ(Barbara Edwards、1983年9月)女優
エリカ・エレニアック(Erika Eleniak、1989年7月)女優
ヴィクトリア・フラー(Victoria Fuller、1996年1月)リアリティ番組『The Amazing Race 6』の悪名高きカップルの片割れ
ステファニー・ハインリッヒ(Stephanie Heinrich、2001年10月)Playboy.comの歴代最初のサイバーガール・オブ・ザ・ウィーク
ローレン・ミシェル・ヒル(Lauren Michelle Hill、2001年2月)ゲーム番組『Fear Factor』プレイメイト版の優勝者、ゲス?のモデル
クローディア・ジェニングス(Claudia Jennings、1969年11月)B級映画の女優(自動車事故で死去)
スーザン・カイガー(Susan Kiger、1977年1月)プレイメイト選出前にポルノに出演していた唯一のプレイメイト。後に3回表紙に掲載。
コニー・クレスキ(Connie Kreski、1968年1月)女優
ニコール・レンズ(Nicole Lenz、2000年3月)ビジョー・フィリップスに嗾けられた喧嘩で有名に
アンジェラ・リトル(Angela Little、1998年8月)『アメリカン・パイ in バンド合宿』出演の女優
ジャネット・ルポー(Janet Lupo、1975年11月)the largest breasts of any Playmate with a post-Playmate career.(バスト採寸の最大記録は1964年10月のローズマリー・ヒルクレストが持つ)
ジェーン・マンスフィールド(Jayne Mansfield、1955年2月)歌手・女優でマリスカ・ハージティの母。(自動車事故で死去)
ジェニー・マッカーシー(Jenny McCarthy、1993年10月)女優・作家・コメディエンヌ、MTVのゲーム番組『Singled Out』出演
カレン・マクドゥーガル(Karen McDougal、1997年12月)論争の的となったXFLのチアリーダーCM(2000年)のフィットネス・モデル
シャナ・モークラー(Shanna Moakler、2001年12月)リアリティ番組『Meet the Barkers』で競演したトラヴィス・バーカー(ブリンク 182)の妻
ケリー・モナコ(Kelly Marie Monaco、1997年4月)女優、リアリティ番組『Dancing with the Stars』の2005年優勝者
マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1953年12月)50年代の銀幕の象徴的存在
バーバラ・ムーア(Barbara Moore(1992年12月)2005年にロレンツォ・ラマスとの結婚式を不可解にも直前に取りやめた
シンシア・マイヤーズ(Cynthia Myers、1968年12月)ラス・メイヤー監督の映画ワイルド・パーティー(1969年)で主演を務める
ベティ・ペイジ(Bettie Page、1955年1月)フェティシストの象徴的存在
レベッカ・アン・ラモス(Rebecca Anne Ramos、2003年1月)当時35歳で選出された歴代最年長プレイメイト
ドリー・リード(Dolly Read、1966年5月)女優でディック・マーティン(コメディアン)の妻
アリシア・リクター(Alicia Rickter、1995年10月)マイク・ピアッツァ(野球選手)の妻
エリザベス・アン・ロバーツ(Elizabeth Ann Roberts、1958年1月)当時16歳で選出された歴代最年少プレイメイト
ブランド・ロデリック(Brande Roderick、2000年4月)女優
ショーナ・サンド(Shauna Sand、1996年5月)B級映画俳優ロレンツォ・ラマスとプレイメイト選出時に結婚、2002年に離婚
ニッキ・シエラー(Nikki Schieler、1997年9月)女優
アンナ・ニコル・スミス(Anna Nicole Smith、1992年5月)ゲス?ジーンズモデル・女優、80歳代の億万長者の未亡人となり、彼の遺産相続に関する訴訟は合衆国最高裁判所で係争中
マーサ・スミス(Martha Smith、1973年7月)映画『アニマル・ハウス』・テレビシリーズ『Scarecrow and Mrs. King』の女優
ドロシー・ストラットン(Dorothy Stratten、1979年8月)殺害されるまでの生涯が映画『Star 80』で取り上げられた
リン・トーマス(Lynn Thomas、1997年5月)『PLAYBOY』『ペントハウス』双方の見開きページに掲載された最初のモデル
シャノン・トゥイード(Shannon Tweed、1981年11月)B級映画の女優; companion of ジーン・シモンズ
ロバータ・ヴァスケス(Roberta Vasquez、1984年11月)1990年代初期にクリント・イーストウッド監督の映画『ルーキー』および少数のセクシーアクション映画に出演
ジェニファー・ウォルコット(Jennifer Walcott、2001年8月)『アメリカン・パイ in バンド合宿』出演
テリー・ウィーゲル(Teri Weigel、1986年4月)少数のハードコアポルノ映画に出演
ジュリアナ・ヤング(Julianna Young、1993年11月)シリコーン豊胸の象徴的存在
カーラ・ザヴァレタ(Cara Zavaleta、2004年11月)MTVのリアリティ番組『Road Rules』出演(プレイメイト選出前)
ヴィクトリア・ズドロック(Victoria Zdrok、1994年10月)

トイレ映画
マリリン・モンロー (December 1953年)
ジェイン・マンスフィールド (February 1955年)
マラ・コーディ (October 1958年)
ウルスラ・アンドレス (June 1965年)
ジャネット・ジョーンズ (March 1987年)
ドリュー・バリモア (January 1995年)
シャーリーズ・セロン (May 1999年)
ダリル・ハンナ (November 2003年)
デニス・リチャーズ(December 2004年)
バイ・リン(June 2005年)

トイレ音楽
マドンナ (September 1985年)
サマンサ・フォックス (February 1989年)
ナンシー・シナトラ (May 1995年)
リンダ・ブラヴァ (April 1998年)
ジェリ・ハリウェル (May 1998年)
ベリンダ・カーライル (August 2001年)
ティファニー(April 2002年)
カーニー・ウィルソン (August 2003年)
マンディ・アシュフォード(元イノセンス)
デビー・ギブソン (March 2005年)
ウィラ・フォード (March 2006年)

トイレスポーツ
カタリナ・ヴィット (December 1998年)
ターニャ・シェフチェンコ (April 1999年 ドイツ版)
ミア・セイント・ジョン (November 1999年)
ジョーニー・ローラー (November 2000年 及び January 2002年)
ガブリエル・リース (January 2001年)
キアナ・トム (May 2002年)
トリー・ウィルソン (May 2003年 及び March 2004年)
クリスティ・ヘミ (April 2005年)
キャンディス・ミッシェル (April 2006年)

トイレテレビ
リンダ・エヴァンス (July 1971)
シャナン・ドハーティ (March 1994 and December 2003)
ファラ・フォーセット (December 1995 and July 1997)
「ベイウォッチ」の出演者たち (June 1998)
クラウディア・クリスチャン(October 1999)
シャーリー・ベラフォンテ (September 2000)
ブルック・バーク (May 2001 and November 2004)
ジーナ・リー・ノリン (December 2001)
レイチェル・ハンター (April 2004)
カリスマ・カーペンター (June 2004)

トイレプレイメイト・オブ・ザ・イヤー一覧トイレ

2006年: カーラ・モナコ(Kara Monaco)
2005年: ティファニー・ファロン(Tiffany Fallon)
2004年: カーメラ・デチェザーレ(Carmella DeCesare)
2003年: クリスティーナ・サンチャゴ(Christina Santiago)
2002年: ダレーン・カーティス(Dalene Kurtis)
2001年: ブランド・ロデリック(Brande Roderick)
2000年: ジョディ・アン・パターソン(Jodi Ann Paterson)
1999年: ヘザー・コーザー(Heather Kozar)
1998年: カレン・マクドゥーガル(Karen McDougal)
1997年: ビクトリア・シルブステッド(Victoria Silvstedt)
1996年: ステイシー・サンチェス(Stacy Sanches)
1995年: ジュリー・リン・シャリーニ(Julie Lynn Cialini)
1994年: ジェニー・マッカーシー(Jenny McCarthy)
1993年: アンナ・ニコル・スミス(Anna Nicole Smith)
1992年: コリーナ・ハーニー(Corinna Harney)
1991年: リサ・マシューズ(Lisa Matthews)
1990年: レニー・テニソン(Rene醇P Tenison)
1989年: キンバリー・コンラッド(Kimberley Conrad)
1988年: インディア・アレン(India Allen)
1987年: ドナ・エドマンソン(Donna Edmondson)
1986年: キャシー・シャワー(Kathy Shower)
1985年: カレン・ヴェレス(Karen Velez)
1984年: バーバラ・エドワーズ(Barbara Edwards)
1983年: マリアンヌ・グラヴァット(Marianne Gravatte)
1982年: シャノン・トゥイード(Shannon Tweed)
1981年: テリー・ウェルズ(Terri Welles)
1980年: ドロシー・ストラットン(Dorothy Stratten)
1979年: モニーク・St・ピエール(Monique St. Pierre)
1978年: デブラ・ジョー・フォンダレン(Debra Jo Fondren)
1977年: パティ・マクガイア(Patti McGuire)
1976年: リリアン・ミューラー(Lillian M醇・ler)
1975年: マリリン・ラング(Marilyn Lange)
1974年: シンディ・ウッド(Cyndi Wood)
1973年: マリリン・コール(Marilyn Cole)
1972年: リヴ・リンデランド(Liv Lindeland)
1971年: シャロン・クラーク(Sharon Clark)
1970年: クローディア・ジェニングス(Claudia Jennings)
1969年: コニー・クレスキ(Connie Kreski)
1968年: アンジェラ・ドリアン(Angela Dorian)
1967年: リサ・ベイカー(Lisa Baker)
1966年: アリソン・パークス(Allison Parks)
1965年: ジョー・コリンズ(Jo Collins)
1964年: ドナ・ミッチェル(Donna Michelle)
1963年: ジューン・コクラン(June Cochran)
1962年: クリスタ・スペック(Christa Speck)
1961年: リンダ・ギャンブル(Linda Gamble)
1960年: エレン・ストラットン(Ellen Stratton)

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 270人

もっと見る

開設日
2007年7月17日

3478日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!