mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 佐々井秀嶺〈ナーガルジュナ〉

佐々井秀嶺〈ナーガルジュナ〉

佐々井秀嶺〈ナーガルジュナ〉

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々井秀嶺(ささい しゅうれい)氏について
1935(昭和10).8.30〜

日本名、佐々井実。
インド名、アーリヤ・ナーガルジュナ(聖・龍樹の意味)

昭和10年岡山県新見市別所村の奥深い山村の生まれ。父の不倫現場を目撃したことがきっかけで、自らの色情因縁に苦しみ、自殺の旅に出るが、止められ諭されて田舎に帰る。父母の別居もあり坊主になろうとまたも出奔。延暦寺、身延山久遠寺、総持寺などに入門を頼みに行くが玄関払いをうける。失意のあまり再度自殺を図るが、勝沼の真言宗智山派大善寺住職『井上秀祐』に拾われ修業見習いとして置いて貰うこととなる。卓抜した行者である師の下で「大善寺の小天狗」と呼ばれるようになった2年の修業を経て、1960年8月秀祐の兄弟子である高尾山薬王院貫首『山本秀順』の手により得度し、仏僧『佐々井秀嶺』となる。

日本放浪の旅、鹿児島の寺での修業、大学での仏教研究、浪曲師、易者の修業等を経て、タイに仏教留学。しかし、現地での女性問題が原因で2年で途中帰国。師に合わせる顔がないとタイで知り合った伝手をたどり、インド仏教発祥の地ラージキルにある日本山妙法寺へと向かう。インド在住30年を越える八木天摂上人の下で、多宝山と言う岩山に宝塔を建てる工事に従事し、工事の人夫達から始めてインドにカーストという身分制度があることを聞かされる。
その後、仏教改宗25周年記念祭等仏教の布教活動を続けると共に、BAMCEF(指定部族カースト及び全インド後進少数コミュニティ被雇用者連合)、BSP(大衆人民党)のカンシ・ラム氏ら被支配カーストの生活向上運動を影ながら支援した。しかし1985年頃から佐々井の勢力が大きくなりすぎるのを嫌った日本及びインド仏教組織の陰謀により、国外退去の危機に立たされた。1987年7月、ついに不法滞在で逮捕されたが、これを期にナグプールでは10万人の全市民抗議集会が起こり、一触即発の危険な情勢となった。1ヶ月で60万人の署名が集まり、ついには国籍取得運動に盛り上がった民衆の声を無視できなくなったラジブ・ガンジー首相は、翌年4月、佐々井師のインド国籍取得を正式に認め、自ら「アーリヤ・ナーガルジュナ」の名を送った。

注目理由

20世紀の出来事とは思えない、日蓮や親鸞といった日本仏教の先覚者たちを連想させるような反骨心に富んだエネルギッシュな人物。夢のお告げに導かれて、見たことも聞いたこともないインド大陸のど真ん中の町にたどり着きそこで絶望と混乱の中にあったインド仏教徒と出会い、そのままインドに住み着いて、不可触民と呼ばれる下層民衆の指導者となった人物。数千年に及ぶ差別と無知と貧困に喘ぐ人々と共に生活し、命がけで解放運動の先頭に立って奔走する姿は不思議と感動に富んでいるが、陽性で常に明るさがつきまとうのは、本人の人柄とインドという国の国民性に因るものでしょうね。今や潜在的には1億近いと言われる仏教徒の指導者であり、政治的影響力も大きい。
真言宗の僧なのにいつも団扇太鼓をたたき「南無妙法蓮華教」を唱えているのも、仏教教理学を深く学んだ上で(師はパーリー語もわかるので、仏教教典を原語で読むことが出きる)、法華経の教えと日蓮が好きだからと言うのが理由らしく、宗派にこだわらないキャラクターが良く出ていて可笑しい。人望が非常に大きいため、彼の死後インドの仏教組織が大混乱になるような気がしてちょっと心配だったりもしますが、単純故にシンプルで強い、大変面白い人物ですね。(^^)

〜杉山龍丸氏HPより〜


関連人物

・アンベードカル ・龍樹 ・山本秀順 ・八木天摂 ・V.P.シン ・カンシ.ラム ・藤井日達

リンク集

ウィキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E4%BA%95%E7%A7%80%E5%B6%BA

フジテレビ NONFIX
http://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2004/445.html

山本宗補氏のHP
http://homepage2.nifty.com/munesuke/india-sasai-ambedkar-buddhism-etc.htm




検索用
仏教、空海、真言宗、日蓮、インド、ダライラマ、高尾山、岡山、厳島、マンセル遺跡、破天 

開設日
2005年07月17日
(運営期間4094日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
315人
関連ワード

おすすめワード