mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 千葉神社

千葉神社

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月27日 16:04更新

=御祭神=
 主祭神 北辰妙見尊星王(=天之御中主大神)〔通称 妙見さま〕


=御神徳=
 主祭神・北辰妙見尊星王(=天之御中主大神)は、その御神名の通り、天の中央を定位とする北辰、すなわち北極星と北斗七星の神霊であり、諸星諸神・方位方角を支配する星王と讃称されております。

 このことから、その絶大なる霊力を人間界に投射することにより人間の星(運命)や全方位を守護・掌握する神霊であるとの特徴的信仰が生まれ、道教・陰陽道や易学・九星気学・風水学の根幹となる特殊神・あらゆる守護能力を発揮する神様として、庶民間に広く尊崇されております。

 従って全国各地の善男善女が、妙見尊の善星皆来・悪星退散の御神力の発現による自己の星への好影響を願っての運気好転、向上、維持や、方位・家相・建築に関する災禍の消除、悪神の八方からの侵入による貧・病・争の消除などを願って、厄年祓・星厄消除・開運招福・八方除・方位除等の御祈祷を受けておられます。また先の特殊性により、プロの易占家の人たちが自身の開運と隆盛を願って昇殿されるばかりでなく、これら易占家の鑑定を受けた多くの人々が三年間続けて御祈祷を受けて行かれます。

 このように、千葉神社が妙見尊独特の御神徳に基づく「厄除開運」「八方除」の神社であり、その歴史性からこの信仰の頂点に立つ神社であることから「妙見本宮」「千葉大妙見」と呼称されております。

=御由緒=
 この千葉の地を治めた千葉氏の祖・平良文は、戦のたびごとに妙見尊に祈願して御加護をいただき、常に大勝利を収めておりましたので、以後、千葉家では代々一門の守護神として熱烈な信仰を捧げてまいりました。

 このような関係から、現在地には千葉家三代忠常により先に御分霊が祀られ(年代不詳)、その後、忠常の次男、覚算大僧正により立派に伽藍整備がなされ、第六十六代・一条天皇の眼病平癒の勅願所としての功ともあいまって、長保二年(1、000)旧暦九月十三日、『北斗山金剛授寺』なる寺号を賜り中興開山されました。

 さらに、千葉家七代常重により大治元年(1、126)には、この信仰の頂点に立つ御本霊を千葉城よりお遷し申し上げることにより合祀され、以後、厄除開運・八方除・身上安全の守護神である妙見様の本宮として、全国の善男善女の深い尊崇を集めてまいりました。

 源頼朝も当社に参詣し、自筆の願文、太刀、武具などを奉納して、ついに武運を開くに至りました。また、日蓮上人が宗門弘通の誓願をたてて当社に参篭した時に、有難い奇瑞をいただきましたので「この妙見尊こそ わが宗門の守護神である」と讃嘆され、誓願成就の後に、細字法華経を自筆して奉納されました。

 徳川家康も当社に深く崇敬の誠を捧げ、大久保岩見守に命じて祭祀の料田として永代二百石を寄進され、十万石の大名と同等の格式を賜り、その後も代々の将軍家より神領、特権を許されてまいりました。

 さらに、明治二年(1、869)の新政府発令による「神仏分離令」により、平安時代後期の御本霊合祀の翌年である大治二年(1、127)より連綿と続く神輿渡御(一言妙見大祭)を残すべく『千葉神社』と改称し今日に至り、その御霊徳はいよいよ高く輝き、千葉の妙見様として四方八方にあまねく知られてまいりました。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 47人

もっと見る

開設日
2007年7月14日

3603日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!