mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > トフラニール

トフラニール

トフラニール

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【概説】 憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。また、子供の夜尿症の治療にも用います。

【働き】
気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。うつ病のほか、パニック障害や過食症などいろいろな心の不具合に応用されます。
膀胱の運動をおさえることで、遺尿症(おもらし)や夜尿症(おねしょ)を改善します。とくに精神的な要因がある場合に適します。症状によっては、大人の尿失禁や頻尿に対しても処方されるかもしれません。
正式ではありませんが、痛みの神経をしずめる作用があるため、鎮痛補助薬として 片頭痛や群発頭痛、神経痛などの治療に応用されることがあります。

【薬理】
脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。
特徴 古くからある第一世代の三環系抗うつ薬です。作用が強く、よい効果が期待できますが、副作用がでやすのが欠点です。また、効いてくるまで少し時間がかかります。とくに、この薬イミプラミンは、ノルアドレナリンの量を増やす作用が強いのが特徴です。

<検索用>
鬱病、抗鬱、自律神経失調症、パニック障害、安定剤、ソラナックス、パキシル、不安神経症、副作用、精神安定、イミプラミン、三環系、SSRI、睡眠薬、tofranil、鬱

開設日
2005年07月16日
(運営期間4092日)
カテゴリ
学問、研究
メンバー数
190人
関連ワード