mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > いくら僕がぎゃーと叫んでも空は

いくら僕がぎゃーと叫んでも空は

いくら僕がぎゃーと叫んでも空は

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月6日 00:49更新

モダンジャパーンの希望
http://www.geocities.jp/bokugya/
仲野真史(ドラムス)
丹治拓未(ベースプレイヤー)
佐藤翔太(ギタープレイヤー)
仲野哲史(ギタープレイヤー)
【最新音源】
[silent space]
NKN-003
仲野出版音の出るシリーズ?
i.b.Gs.s-t初単独銀盤にして、現編成になって初(ベース加入後初)の音源です。

M-1:セブンティーンフォーエバー
M-2:加速装置は泥の中
M-3:大人の階段

マイスペースにサイレンとスペース
http://www.myspace.com/bokugya



2004年から活動を続ける東京の4人組"いくら僕がぎゃーと叫んでも空は高い"!!これまでに1stデモを完売させ、自主レーベル"仲野出版"より4wayスプリットCD"ラスト・ワルツ"を発表。その後メンバーの都合により約半年間のライヴ活動休止を余儀なくされていたが、新メンバー体制にてようやく活動再開!!本作は3曲入りCD EP!!HOOVER、kulara、there is a light that never goes outなどのようなmid '90sハードコアの影響を受けつつ、そこからさらに間とアンサンブルを重視したJon Coltrane、Thelonious Monk、大友良英などの演奏するモダンあるいはフリー・ジャズと言われるような音を指向する彼らの、ラインアップ変更後初音源であり初の正式単独作。 不穏なサイケ・ノイズから突如顔を出すプログレ的グルーヴ、先のまったく読めない暗黒のフレーズに差し込むアンビエントなメロディ。そして何より、煮えたぎった感情を暴発させたかのような絶叫ヴォーカルと詩はもはや崇高なアートである!!
〜BASEレビューより〜

【ライヴ予定】
日* 2008/09/06(sat) 解体的交感
場* 天王町オレンジカウンティブラザーズ
CURVE、FULL-CHIN
開* 18:00 始* 19:00
1 drink order + カンパ制


  
2008/10/19(sun) おはよう世界 vol.レコ発的な
千葉sacromonte
the dead pan speakers,the nnyos,ほか!



  
2008/10/25,26(sat,sun) salad days vol.200
小岩eMSEVEN and eM1st



★関連コミュニティ
恋はもうもく(ナカノ氏のアコギ弾き語り等単独行動)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2011246

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 88人

もっと見る

開設日
2007年7月5日

3447日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!