mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > Mr.マリック

Mr.マリック

Mr.マリック

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超魔術師。本名:松尾 昭(まつお あきら)。
1949年1月1日(これは戸籍上の誕生日で、実際には1948年12月29日)岐阜県生まれ。岐阜工業高校卒。松尾 幻燈斎 (まつお げんとうさい)、栗間 太澄 (くりま たすみ)という別名を持つ。"くりま たすみ"は、"みすた まりく"を逆さにしたもの。「マリック」という名前は「マジック」と「トリック」を合わせたものであるという。

岐阜県関市「沢歯医者」の沢氏に弟子入り。マジックショップ経営やディナー営業を経て、1988年に『11PM』でテレビにレギュラーデビュー。クロースアップマジックに過剰な演出を付け加えた「超魔術」はマリック自身の造語。1980年代後半から1990年代前半に各局テレビ番組へ出演し、(クロースアップ・マジックと呼ばれる前)「超魔術」「ハンドパワーです」で一大超魔術ブームを巻き起こした。

しかし、あまりに「超魔術」が「本物」的過ぎたために「マジシャン」と「超能力者」の表現が曖昧になる状況まで発展。世論は本物の「超能力」と信じ込む人も多く、ある時期からいっせいに「インチキ」「全て奇術」との批判が始まった。しかし、超能力は本人は否定し続けていた。この時期、マリックは顔面麻痺を発症し、しばらくテレビ界から遠ざかることとなる。

その後、1990年代後半、『投稿!特ホウ王国』(日テレ)にリハビリを兼ねて「栗間太澄」の名で出演。以後、再び超魔術師として活動の場を広げ、現在に至る。古典奇術を現代的手法・演出で蘇らせる能力は素晴らしく、マリックのショーは高い完成度と不思議さ、楽しさが融合している。

近年は、奇術愛好家を増やすための活動や、若手マジシャンとのコラボレーションなども行う。

登場時やマジック披露後には専用BGMが流れる。流す曲はアート・オブ・ノイズ(The Art of Noise)のレッグズ(Legs)である。

開設日
2005年07月13日
(運営期間4092日)
カテゴリ
芸能人、有名人
メンバー数
384人
関連ワード

おすすめワード