mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 山口組映画(東映京都作品)

山口組映画(東映京都作品)

山口組映画(東映京都作品)

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月27日 11:34更新

山口組三代目組長・田岡一雄をモデルにした山口組二部作と、山口組をモデルにした三作品でコミュニティを作ってみました。

1973.08.11『山口組三代目』東映京都

[監督]
山下耕作
[脚本]
村尾昭
[出演]
高倉健/松尾嘉代/菅原文太/水島道太郎/丹波哲郎/待田京介/桜町弘子/田中邦衛/嵐寛寿郎
[解説]
山口組三代目組長・田岡一雄の自伝をもとにして作られた“山口組”ものの第1作。暗黒街を席巻した日本最大最強の組織・山口組。その誕生と戦いの全貌を豪華スター競演で描く。
内和四郎にひきとられて育った。高等小学校を卒業した後、川崎造船に勤めたものの、上役と喧嘩して飛び出した。そんなある日、同級生だった山口組二代目山口登の弟秀雄と再会、山口組のゴンゾウとなった。喧嘩の強い一雄は、仲間から“クマ”の異名をとるようになった。そんな無鉄砲な一雄に目をつけた二代目は、一雄の身柄を舎弟頭の古川松太郎に預けた。当時の山口組には、灘波為之助、渡辺藤吉、森川盛之肋、中本虎一、小田久一、大長三兄弟と呼ばれる一男、政吉、八郎等屈強な若衆がいた。
暗黒街を席捲し、日本ヤクザ史上、最強最大の組織をつくりあげた、山口組三代目・田岡一雄の自伝の映画化。脚本は『昭和残侠伝 破れ傘』の村尾昭、監督は『釜ヶ崎極道』の山下耕作、撮影も同作の山岸長樹がそれぞれ担当。


1974.08.10 『三代目襲名』東映京都

[監督]
小沢茂弘
[脚本]
高田宏治
[出演]
高倉健/松尾嘉代/渡辺文雄/大木実/南利明/田中邦衛/待田京介/安藤昇/水島道太郎
[解説]
昭和12年2月、山口組若衆・田岡一雄は、二代目・山口登に反抗した大長八郎を殺害、8年の刑を宣告され京都刑務所に服した。昭和15年7月、山口登は、興行のもつれから、東京・浅草で下関の荒政組関東支部の謀略にかかり、瀕死の傷を負って入院し、かけつけた舎弟分の古川松太郎、森川盛之助らに「田岡を三代目に」と話した。(山口登はこの傷が原因で後に死亡した)。昭和18年、皇記2600年の恩赦により、田岡は出所、山口組の跡目は田岡に、という二代目の遺言を伝えられた。
『山口組三代目』の続篇。前作で兄弟分を斬った田岡一雄が刑期を務め、出所後三代目襲名という名実ともに山口組の頂点に立つまでを、戦中、戦後の混乱期を背景に描く。原作は「実録山口組三代目・田岡一雄自伝」。脚本は『仁義なき戦い 完結篇』の高田宏治、監督は『極悪拳法』の小沢茂弘、撮影は『ルバング島の奇跡 陸軍中野学校』の仲沢半次郎がそれぞれ担当。


[番外篇]

1974.04.27『山口組外伝 九州進攻作戦』東映京都

[監督]
山下耕作
[脚本]
高田宏治
[出演]
菅原文太/渡瀬恒彦/丹波哲郎/渚まゆみ/梅宮辰夫/津川雅彦/松方弘樹 /渡辺文雄/志村喬/
[解説]
近代組織暴力史上、最も有名な鉄砲玉、または最後の侠客と呼ばれた夜桜銭次の破乱万丈の生涯を通じて、全国制覇の野望を秘めた山口組最大の闘いといわれた九州進攻作戦の実態を描く。脚本は「激突!殺人拳」の高田宏治、監督は「海軍横須賀刑務所」の山下耕作、撮影は「山口組三代目」の山岸長樹がそれぞれ担当。


1975.05.24『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』東映京都

[監督]
山下耕作
[脚本]
松本功/野波静雄
[出演]
小林旭/梅宮辰夫/伊吹吾郎/小泉洋子/中島ゆたか/遠藤太津朗/安部徹/金子信雄/天津敏/成田三樹夫
[解説]
暴力団の縄張り拡大の時に先鋭隊となって暴れまくる暴力集団の実態を描いたアクション映画。脚本は「少林寺拳法」の松本功と野波静雄、監督は「日本仁侠道 激突篇」の山下耕作、撮影は「逆襲!殺人拳」の山岸長樹がそれぞれ担当。


1976.01.31『実録外伝 大阪電撃作戦』東映京都

監督中島貞夫
脚本高田宏治
出演松方弘樹/梅宮辰夫/渡瀬恒彦/片桐夕子/小林旭/丹波哲郎/成田三樹夫/室田日出男/石橋蓮司/川谷拓三
内容 昭和35年の大阪を舞台に、戦後最大規模の暴力団抗争事件を描いたアクション映画。昭和35年、大阪ミナミの盛り場一帯は、石村組と南原組が勢力を二分していた。やがて、ミナミに拠点を築こうとする双竜会と両者は衝突し、連日すさまじい抗争が展開された。双竜会は南原組と同盟を結び、日本最大のやくざ組織・川田組幹部・山地暗殺のため双竜会の安田(松方)、南原組の宮武(梅宮)、高山(渡瀬)を中心に暗殺隊が結成された。

1976.9.4『沖縄やくざ戦争』東映京都

〔監督〕
中島貞夫
〔脚本〕
高田宏治/神波史男
〔出演〕
松方弘樹/千葉真一/梅宮辰夫/渡瀬恒彦/地井武男/成田三樹夫/織本順吉/新藤恵美/室田日出男/尾藤イサオ
〔解説〕
本土復帰を翌年に控えた沖縄を舞台に、沖縄やくざ組織の凄惨な内部抗争と、沖縄やくざ対本土系暴力団の血みどろな戦いを、ドキュメンタルに描くハード・アクション。オールスターキャストも見所の一作。昭和46年。本土復帰を翌年に控えた沖縄では、本土系暴力団の沖縄進出に対抗すべく、大城派と、対立関係にある国頭派が互いに手を結び、「沖縄連合琉盛会」を結成した。しかし、国頭派系内部で紛争が持ち上がる。3年前、沖縄やくざの組織統一のため、行動隊をつとめた国頭派兄弟分の中里派が配下30名を率いて、国頭派を脱会。両派の血みどろな抗争が始まった。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 90人

もっと見る

開設日
2007年7月4日

3445日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!