mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 宮戸のソバット

宮戸のソバット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月28日 19:02更新

あのソバットは、まさに閃光だった!
そのスピードとキレ味で、一時代を築いた
宮戸のソバットを検証していく(予定の)コミュ。

■宮戸優光(みやとゆうこう)
生年月日:1963年6月4日
本  名:宮戸成夫(しげお)
出  身:神奈川県
身  長:177cm
体  重:93kg
(共に現役時代公称)
1985年9月6日の「第1次UWF」デビュー後、安生洋二と
中野龍雄を撃破し頭角を現す。
1988年、「第2次UWF」の旗揚げに参加。前田日明、
高田延彦らと行動を共にしたが、選手間での結束を
呼びかけた前田に安生とともに異を唱え、
「第2次UWF」解散の要因をなす。
その後、「UWFインターナショナル」の旗揚げに
参加する。選手業よりも、取締役として積極的な政策を
次々と実施し、「Uインターの頭脳」と呼ばれた。
新間寿にも喩えられるその手腕は他団体の人間にも
知られており、1億円トーナメントの開催や、
高田延彦対蝶野正洋戦実現のため新日本プロレス事務所
訪問事件を牽引した。そのため、次項に述べる対抗戦を
主導した長州力にはかなり疎まれていた。

1995年9月、「新日本プロレス」との提携路線に反発し、
Uインター退社。よって、10月9日の新日本プロレス
東京ドーム大会で開催された、
「新日vsUインター全面戦争」の第5試合として
組まれていた「vs蝶野正洋」戦は流れた。
それから事実上レスラーも引退していたが、
時折、「PRIDE」のイベントで、高田延彦や田村潔司の
セコンドとして登場する。

引退後は料理人を目指し、周富徳に弟子入りし、
熱心に中華料理の勉強するなどして厨房にたっていが、
プロレスへの情熱を捨てきれず、1999年、
一般会員制ジム『UWFスネークピットジャパン』を設立。
現在、同ジム代表で。
(ヘッドコーチはビル・ロビンソン)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2007年7月3日

3583日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!