mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 野村直邦

野村直邦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年3月31日 03:58更新

旧制鹿児島県立第一鹿児島中学校より海軍兵学校第35期入校。入校成績順位は183名中第125位、卒業成績順位は171名中第43位。

1920年(大正9)海軍大学校(第18期)卒業。卒業後は第1潜水隊参謀を務め、1922年(大正11)から1924年(大正13)まで大使館付武官としてドイツに駐在し、潜水艦の研究に没頭する。帰国後は第2戦隊参謀、駆逐艦「白雲」艦長、空母「加賀」艦長などを経て、1939年(昭和14)には第三遣支艦隊司令長官に就任するが、1年後の1940年(昭和15)には日独伊三国同盟の軍事委員としてベルリンに赴任する。1943年7月まで駐在の後、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーが日本海軍に贈ったUボートU511に便乗して帰国。帰国後は呉鎮守府司令長官に就任。大将に昇進後、東条英機内閣の末期の1944年7月17日に海軍大臣に就任し17日午前4時頃に親任式を終えたものの、その日のうちに首相が辞意を表明し翌18日の午前には内閣総辞職。7月22日の小磯内閣成立で米内光政が後任海軍大臣に親補されるまでの5日間だけ海軍大臣を務めた。その後は軍事参事官、横須賀鎮守府司令長官、海上護衛総隊司令長官を務めた。

戦後GHQは東条内閣の閣僚経験者全員をA級戦犯容疑で逮捕する決定を下していたが実質在任期間が1日であった野村はその対象から外されて公職追放のみが適用された。追放解除後は旧海軍軍人が集まって結成された団体の会長などを務めた。1971年、かつての帝国海軍駆逐艦「雪風」(戦後接収で中華民国に移り「丹陽」と改名)の日本返還運動が起こった際、舵輪と錨しか返 ってこないことに不満を覚えた人々の中で、当時『雪風永久保存期成会』会長を務めていた野村は、『錨と舵輪が返ってくるだけでも満足』と発言し不満を鎮めている。

ドイツの U511 潜水艦に便乗して帰国する際、外務省とベルリンの駐独日本大使館の間でスケジュールを確認するために盗聴を覚悟の上国際電話が使用された。盗聴されても理解不能とする為にベルリンと東京に居合わせた鹿児島出身の2人の外交官が鹿児島弁でやり取りし帰国情報の漏洩を防ごうとしたというエピソードがある。更に興味深いことは、米情報機関は予想通りに盗聴していたが鹿児島弁を知らない日本語担当者は通話内容を全く理解できなかったどころか日本語かどうかすら判らなかった。しかし、録音後2ヶ月が経過した後、ようやく米陸軍情報部に勤務する外交官と同郷の米国籍の日本人が翻訳することが出来た。しかも録音された声は渡米するにあたって世話になった恩人の声であったという。戦場における暗号通信の代わりに方言のような難解な言語を使用する例は、アメリカ海兵隊が太平洋戦域でナバホ族のコードトーカーを活用したことが知られている。

尚、野村は後年呉鎮守府司令長官在任中に終戦を画策したと称しているが、現在に至るまで裏付けとなる資料や他の証言が得られておらず事実無根の可能性が高いと思われる。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2007年7月2日

3733日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!