mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > [dir] FREE HAKAMADA NOW!!

[dir] FREE HAKAMADA NOW!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月12日 19:17更新

◆mixiディアカテゴリです。 (認可許諾中)
[dir]とは、http://mixi.jp/view_community.pl?id=95001

◆[dir] FREE HAKAMADA NOW!!は、袴田事件に関連するコミュニティを貼り集めたリンク集です。

◆まだ参加されていないコミュニティはないか、又は作成して重複していないコミュニティはないか等のチェックに、お役立て下さい。

◆このコミュニティを貴方のマイミクや、お近くの支援者の方々に教えてあげて下さい。

◆はじめに、新田 渉世 日本プロボクシング協会袴田巌支援委員会実行委員長並びに、西嶋 勝彦 袴田事件再審弁護団事務局長にご挨拶申し上げます。何卒、よろしくお願い申し上げます。

◆続きまして、このコミュニティの立ち上げに支持・賛同・参加して下さった歴代のプロボクサーの方々をはじめ、お力添え頂いております支援関係者の各位皆様に厚く御礼申し上げます。

◆最後に、支援者の皆様と共に、必ずや無実の袴田 巌さんを一刻も早く救出することを誓いまして、管理人からご挨拶の結びと代えさせて頂きます。

*************************
◆事件史
 1966(昭和41)年6月30日、静岡県清水市(現静岡市)で一家4人の殺人放火事件が起きました。
 
 警察は、ボクサーに対する偏見と、事件の証拠捏造に凝り固まった、ずさん極まりない捜査(見込み捜査)の末に、当時、味噌会社の従業員であった元プロボクサーの袴田 巌(はかまだいわお)さん(当時30歳)を、早々と事件の犯人だと断定し、逮捕・勾留、そして嘘の自白を強要しました。

 袴田さんの手記、熊本裁判官の証言、現存する証拠資料等によると、静岡県警の取調べは過酷を極め、炎天下のなか、平均12時間、最長17時間にも及ぶものでした。
 
 さらには、取調べ室に、便器を持ち込み、取調官の前で排泄させ、睡眠時も精神異常者の隣の部屋にわざと配置させる等、一切の安眠も許さないものでした。
 
 そして、拘留期限がせまってくると、取調べは過酷をさらに極め、朝、昼、深夜問わず、2、3人がかりで棍棒で殴る蹴るの取調べになっていき、とうとう袴田巌さんは、拘留期限3日前に自供した(嘘の自白を強要させられた)というのが真相です。

 これにより、元プロボクサー(全日本フェザー級6位)で、再起を期して働いていた袴田巌さんは、身に覚えのない罪で犯人とされてしまいました。
 
 そして、1968年、静岡地裁は、袴田さんが強盗殺人・放火事件の犯人であるとして死刑判決を下し、1980年最高裁の上告棄却により死刑判決は確定しました。

 しかし、袴田さんは、逮捕以来一貫して無実であることを訴えていました。

 袴田さんを犯人と結び付ける証拠らしい物もほとんどありません。

 静岡地裁で本件を審理し、死刑判決文を書かれた熊本 典道裁判官は、『僕は無実だと思った』、『死刑判決文は、慣習(取り決め)で書かされた、(中略)あれは、あとからつけた理屈です』と、前代未聞・異例の告白をされました。
 
 自白調書は、警察による過酷な取調べによって、やむを得ず署名指印したものであり、その内容は虚構です。

 犯行着衣とされた「5点の衣類」のズボンは小さすぎて、袴田さんには履くことができませんでした。

 凶器とされた「くり小刀」では、実際に被害者についていた傷を生じさせることはできません。
 
 逃走ルートとされた裏木戸からの逃走は、弁護団の再現実験により、完全に不可能であることが証明されました。

 しかし、警察によって捏造された証拠と、それらを鵜呑みにした静岡地裁が下した、でたらめな判決文(合議制で2対1)のせいで、袴田 巌さんは40年間も拘置所に閉じ込められたまま、今なお無実を訴え続けています。

 袴田さんの精神はもう限界にきています。長い間、家族もなかなか面会できない状態でした。袴田さんは家族に宛てた手紙の中で、こう述べています。

・『神さま―。 僕は犯人ではありません。僕は毎日叫んでいます。ここ静岡の風にのって世間の人々の耳に届くことを、ただひたすらに祈って僕は叫ぶ』
(袴田 巌さんが獄中から実母に送った手紙より抜粋)

・『息子よ―。どうか、力強く、勇気ある人間に育つように。そして、お前の友だちから、お前のお父さんはどうしているのだと聞かれたら、こう答えるがよい。僕の父は不当な鉄鎖と対決しているのだ。
 息子よ―。お前が正しいことに力を注ぎ、苦労の多い冷たい社会を 反面教師として生きていけば、遠くない将来にきっとチャン(父親)は、懐かしいお前のところに健康な姿で帰っていくであろう。そして、必ず証明してあげよう。
 お前のチャンは決して人を殺していないし、一番それをよく知っているのが警察であって、一番申し訳なく思っているのが裁判官であることを。チャンはこの鉄鎖を断ち切ってお前のいる所に帰っていくよ』
(袴田 巌さんが獄中から息子に送った手紙より抜粋)

 2007年1月28日、1968年に静岡地裁で死刑判決を言い渡した裁判官の熊本 典道氏本人が、自身の口から、

・『もうそろそろ私も体力・精神力に自信がなくなってきた、これを一言いっておかなくちゃ、自分の気が済まない』

・『実は無罪心証だった、今も袴田さんは無実だと確信しています』

・『自白の信用性に疑問を持ち、裁判長らとの合議で無罪を主張したが、自分の意見は2名の判事らによって退けられました、(合議で負けた)つまるところ、私の説得力不足です』

・『既に用意してあった無罪判決文を破棄し、左陪審であった自分が、慣習上、死刑判決文を書くことを余儀なくされました』

・『今、袴田死刑囚に会えるとしたら、おそらく言葉はない、ただ泣いて謝るしかないと思います』といった趣旨の、異例・衝撃の告白をされました。
 
 そして、袴田 巌さんの実姉、袴田 秀子さんと初めて会い、彼なりの謝罪をし、今後の袴田 巌さんの無罪放免の為に全力を尽くし、あらゆる協力をすることを確約して下さりました。
 
 また、その胸中を涙ながらにマスメディアに積極的に訴えかけられるようになってから、袴田事件への世間の関心が著しく高まってきました。
 
 この経緯からも分かるように、もはや、戦後司法史において、前代未聞・未曾有の冤罪事件としかいいようがないのが、この袴田事件です。

 袴田さんも70歳を超えました。もう時間がありません。
 
 袴田巌さんの再審を実現し、一刻も早く獄中から救い出すために、どうか皆様のお力をお貸し下さい。

 私は、袴田さんの冤罪事件に怒りと恐怖で震えています。心底震えが止まりません。
 
 袴田 巌さんは、絶対に無実です!!

 何百回でも、何千回でも、何万回でも叫びます、叫び続けます!!
 
 袴田 巌さんは、絶対に、絶対に無実です!! 
 
 この命を懸けてでも、袴田さんを絞首台から奪還すべく闘います!!
 
 この命を懸けてでも、袴田さんを救い出す構えです!!
 
 そのためにも皆様のお力が必要です!!
 
 「疑わしきは罰せよ」なのか...!?
 
 不当逮捕をし、無実の袴田さんを犯人に仕立て上げた挙句、非人道的・陵辱的取調べをした、静岡県警の行為は、特別公務員暴行陵虐罪(刑法第195条・同2項)であり犯罪行為そのものではないのか!?
 
 そして何よりも、死刑判決文を書いた熊本 典道裁判官、張本人が、「無罪だと思った」と、裁判評議秘密の法規に抵触してまで告白されても、再審請求棄却なのか...!?

 最高裁並びに法務省は、再審請求を棄却することなく、真摯に、そして謙虚に、この真実に、訴えに、耳を傾けるべきではないのか!?
 
 なぜ、それができないのか!?いや、しようとしないのか!?
 
 ......。
 
 
 もはや、わが国家の政府に正義を語る資格などない!!

 こうなったら、意地を見せつけてやる!!とことん闘ってやる!!
  
 皆さん、立ち上がりましょう!!
 
 満身の怒りをこめて抗議し、袴田さんの再審請求を強く要求し、大きなうねりを起こしましょう!!
 
 腐敗しきった司法当局に、怒りの拳を振り上げましょう!!
 
 そして一刻も早く、袴田さんを絞首台から奪還しましょう!!

 俺は、この命を懸けてでも、無実の袴田さんを救い出す!!
*************************
◆参考文献

 ・『地獄のゴングが鳴った』
(高杉晋吾著・三一新書・1981年)ISBN 9784380810060

 ・『主よ、いつまでですか―無実の死刑囚・袴田巌獄中書簡』
(袴田巌さんを救う会編・新教出版社・1992年)
ISBN 9784400615750

 ・『自白の心理学』
(浜田寿美男著・岩波新書2001年)ISBN 9784004307211

 ・『裁判官はなぜ誤るのか』
(秋山賢三著・岩波新書2002年)ISBN 9784004308096

 ・『はけないズボンで死刑判決―検証・袴田事件』
(袴田事件弁護団編・現代人文社・2003年)
ISBN 9784877981501

 ・『袴田事件』
(山本徹美著・新風舎文庫2004年)ISBN 9784797494280

 ・『自白が無実を証明する―袴田事件、その自白の心理学的供述分析』
(浜田寿美男著/北大路書房2006年)ISBN 9784762825330

*************************
◆mixi URL
 
 ・『最終ラウンドは終わってない!!』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=86513

 ・『袴田事件 勉強会』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1680559

*************************
◆Links URL

 ・『報道ステーション-特集 袴田事件 異例の告白-』
 07年2月26日に、報道ステーションで放送されました。死刑判決を書かれた熊本 典道 元静岡地方裁判所裁判官が、「僕は無罪だと思った」などと、40年振りにその胸中を激白されたドキュメント映像です。
 古館キャスター自身も、どこか唖然とした表情をされているのが印象的です。
http://jp.youtube.com/watch?v=yWJhCKC8xEo
 
 ・『袴田事件 世界王者10人が集い、袴田巌支援チャリティTシャツお披露目イベント開催!』
 07年9月27日に、東日本新人王準決勝が行われた後楽園ホールにおいて、『袴田巌支援チャリティTシャツお披露目イベント』が盛大に行われました!新田 渉世会長の進行のもと、大橋 秀行東日本ボクシング協会会長をはじめ、藤 猛、輪島 功一、小林 弘、花形 進、飯田 覚士、佐藤 修、イーグル・デーン・ジュンラパン、川嶋 勝重 、内藤 大助の各氏が勢揃いして下さいました。
 特に内藤選手は、亀田陣営との初防衛戦を2週間後に控えた大事な時期にもかかわ らず、急遽飛び入り参加をしていただきファンの喝采を浴びていました。内藤チャンプは右端から2番目の位置におられますね!
 三代目副管理人の鈴木 武秀さんによるアップロード、迫真の映像です!
http://jp.youtube.com/watch?v=YHqBSG4zMWg
 
 ・『"袴田巌チャリティBOXING〜FREE HAKAMADA NOW!〜"カーター氏からのメッセージ』
 08年1月24日に後楽園ホールで開催された袴田 巌チャリティBOXINGイベントに、なんと、あの世界ミドル級1位の元プロボクサー、ルービン・ハリケーン・カーター氏が、カナダからアピールのメッセージを届けてくれました!!
 「俺達が、袴田死刑囚の無実を支援していることを見せてやろう!!」」
 「俺達が、物事を正すことが出来るんだと、袴田死刑囚に示してあげよう!!」
 そして、「FREE,Mr.Hakamada!!」と力強く連呼し、訴えかけてくれています!!
http://www.youtube.com/watch?v=cYMjayZF7Bw

 ・『袴田 巌-再審支援Tシャツオフィシャルサイト』
 こちらのHPで、日本プロボクシング協会公認の袴田巌支援チャリティTシャツが、ご購入できます!
http://www.free-hakamada.com/

 ・『袴田事件 姉・秀子さんの涙の訴え!』
 袴田 巌さんの姉、袴田 秀子さんが、涙ながらに弟、巌さんの無実を訴える映像です。これ以上、秀子さんを泣かせるようなことは、あってはならない!!
http://jp.youtube.com/watch?v=8v7xpHd4L-c

 ・『袴田事件-Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%B4%E7%94%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 
 ・『裁判官の良心』
 袴田事件を審理した熊本 典道 元静岡地方裁判所裁判官(現在、東京第二弁護士会所属の弁護士登録を申請中)のBlogです。
http://kumamoto.yoka-yoka.jp/

 ・『1968.9.11言渡/静岡地裁第一審死刑判決文』
 3人(故 石見 勝四主席判事、故 高井 吉夫右陪審、熊本 典道左陪審)の合議審判決で、1(熊本 典道左陪審)対2(故 石見 勝四主席判事&故 高井 吉夫右陪審)で負けてしまったがために、2人の裁判官から圧力をかけられた末、用意してあった無罪判決文を全文破棄し、新たに死刑判決を書くことを余儀なくされた、熊本 典道裁判官の苦渋の死刑判決文全容です。
 後の取材で、熊本裁判官本人は、「あの判決文の但し書きは、あとからつけた理屈です」と、判決文そのものを不本意ながら、改悪・捏造したことを認められました。また、この判決言渡しの7ヶ月後に、熊本氏は、30代前半の若さで、裁判官の職を自主的に退官されました。
 現在、熊本 典道氏は、東京第二弁護士会所属の弁護士登録を申請されておられ、袴田さんの一刻も早い解放・再審請求の早期実現に向けて、支援活動を積極的にされております。
http://www.hakamada.net/hanketu/1hanketu.htm
 
 ・『袴田事件-事件史探求』
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage117.htm

 ・『袴田ネット』
http://www.hakamada.net/index.html

 ・『袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会』
http://hakamada2.exblog.jp/

 ・『袴田巌さんの再審を求める会のホームページ』
http://hakamadajiken.hp.infoseek.co.jp/

 ・『無実の死刑囚・元プロボクサー袴田 巌さんを救う会』
http://www.h3.dion.ne.jp/~hakamada/index.html

 ・『袴田さんの再審を求める会のブログ』
http://plaza.rakuten.co.jp/hakamadajikenhp/
 
 ・『約束の虹』
 90年度第37代全日本J・フェザー級新人王にも輝いた元プロボクサーの徳久 勝人さんのHPです。
http://homepage3.nifty.com/fire_mission7/

 ・『袴田事件:"手紙に込めた思い"』
 元プロボクサーの徳久 勝人さんがカナダ在住のルービン・カーター氏に袴田さんの手紙を届けに行くドキュメント映像です。
http://jp.youtube.com/watch?v=LAl4B6HM3Mo
 
 ・『袴田事件:"宣告の果て"』
 元プロボクサーの徳久 勝人さんの袴田事件に対する思いを特集したドキュメント映像です。
http://jp.youtube.com/watch?v=DPSY3A_0_B4

 ・『新田ボクシングジム』
 96年10月にOPBFバンタム級王座を獲得し、「国立大卒初の王者」としても話題になった、元プロボクサー、現在は日本プロボクシング協会袴田巌支援委員会実行委員長の新田 渉世さんが運営されるボクシングジムのHPです。
http://www.nittagym.com/

 ・『新田、袴田巌さんと面会!』(日記/全体に公開)
 ボクシング関係者としては、なんと27年ぶり!となる、袴田 巌さんとの電撃的な面会を果たした新田 渉世さんの日記です。是非とも、ご覧ください!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=458048250&owner_id=473184

 ・『JBC財団法人日本ボクシングコミッション』
http://www.jbc.or.jp/
 
 ・『東日本ボクシング協会』
http://jpbox.jp/

 ・『アムネスティ静岡グループ』
http://www.ne.jp/asahi/liberal/peace/20g-main.html

 ・『警察の不祥事』
http://www.doblog.com/weblog/myblog/38229
 
 ・『NPO法人監獄人権センター』
http://www.jca.apc.org/cpr/

 ・『救援連絡センター』
http://kyuen.ld.infoseek.co.jp/
 
 ・『日本国民救援会』
http://www.kyuuenkai.gr.jp/index.html

 ・『日本弁護士連合会』
http://www.nichibenren.or.jp/

 ・『裁判所』
http://www.courts.go.jp/

 ・『法務省』
http://www.moj.go.jp/
*************************
◆活動募金
 
 下記口座は、日本プロボクシング協会袴田巌支援委員会実行委員会が正式に運営・管理されています。なお、支援者の皆様からの募金は、袴田さんの再審請求運動に全額計上されます。
 なんと、プロボクサーの内藤王者も募金して下さいました!内藤選手、本当にありがとうございます!!
(袴田巌支援委員会)
三菱東京UFJ銀行 春日町支店 1765564

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 130人

もっと見る

開設日
2007年6月21日

3657日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!