mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ゲーム > 同一世界 〜FFX/VII〜

同一世界 〜FFX/VII〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月3日 15:02更新

普及の名作『Final Fantasy VII』と『Final Fantasy X』
この二つの異なる世界が実は同一世界だったという
ことを知り、いてもたってもいられなくなり
作ってしまったコミュニティ


exclamation & question真相exclamation & question

FFVIIから時をさかのぼる事2000年弱…
FFX-2に登場する天才"シンラ"は異界で
膨大なエネルギーを発見した。

その後、アルベト族の"リン"の協力のもと宇宙船を開発、
宇宙へと旅立った。

そしてその行き着いた星で築いたのが
"神羅カンパニー"である。
社長ことルーファウスはシンラの子孫にあたる。

つまりルーファウスはアルベド族の末裔なのだ。

FFVIIに登場するライフストリームは
生命の死によって蓄えられてゆくもの。
FFXでは幻光虫が生物そのものを形成しており、
死後に異界へと送られる。

もちろんこれらは同義のものであると語られている事から
異界で発見された膨大なエネルギーとは幻光虫、つまり
ライフストリームである事は間違いないだろう。


電球考察〜可能性電球

本シンラが創設した神羅カンパニーは計算上
 創立2000年以上、それもルーファウスがシンラの
 子孫であることを考えると、神羅とは
 驚くほど息が長く一子相伝の企業であることがわかる。
 それだけの歴史があればディープグラウンドなる裏が
 存在したのも納得だ。

本神羅カンパニーはライフストリームという星の命そのもの
 を利用したが、元を辿ればシンラが異界から幻光虫をひっ
 ぱってきたため、結果的にあのような組織が出来上がって
 しまったのだが、当時のシンラからすればそれが命そのも
 のであり、将来そのような使い方をされるかどうかなど
 わかるはずもないので、ある意味
 "ご先祖様が浮かばれない"という言葉が
 もっともしっくり来る結果となった。
 (魔光の中にはユウナやアーロン達の幻光中も…たらーっ(汗))
 ただし、神羅がなくなりカダージュ等の問題が片付いて
 からは、ライフストリームも星の命として大事にされて
 いるものと思われる。

本幻光虫は思いを留める力が強い為、それを映し
 出したりするスフィアモニターなどを作りだせる。
 また、セフィロスがライフストリームに落ちたことに
 よって自分の存在や過去、真実を知ることができたのも
 これと同じ作用かと思われる。

本シンの毒気にやられる、
 魔光を浴びると記憶が錯乱する…
 ようは大量の現ライフストリームを浴びると体に支障を
 きたすというのは定例のようである。

本FFVIIでは人間以外の種族が基本存在しないため
 ロンゾ族はシンラの築いた星へは行かなかったものと
 思われる。
 また、シンラがその星についた時点で既にある程度の
 文明があったとも考えられる(2000年前、既に古代種な
 るものが存在したため)が、本格的な文明が築かれたの
 はやはり幻光虫をシンラが大星にもちこみ、既にあった
 ライフストリームと合わせて資源としてからだろう。
 

本モンスターに関しても相違点が見つけられる。
 XにしろVIIにしろ、モンスターは元々人間であるため
 この世界の概念として、本来であればモンスターなど
 という種族は存在しないものとして考えられる。

本可能性ではあるが、シンラの元居た世界"スピラ"は
 クラウド達のいる時代にも存在している可能性がある。
 もし存在していれば、アルベド族などはシンラと共に
 その星へ移住した可能性が高いが、ユウナやティーダ
 の子孫は生き残っている可能性がおおいにある。
 ただし、スピラにとっても幻光虫すなわちライフスト
 リ−ムが星の命そのものであるとしたら、シンラが
 持って行ったのちは死の世界へと変貌している可能性
 もある。
 シンラを恨みながら死んでゆくユウナとかティーダは
 正直想像したくないが…

本一つ前の議題と似るが、子孫という事で言うと
 ルーファウスの他にもアルベド関連の血族がいる
 可能性も否定出来ない。
 宇宙船開発にリンが関わった事を考えると、
 リンも含め、操縦士、移住希望者等をのせてVIIの
 星へ行った可能性は十分にある。
 行っていればの話だが、可能性としてはリュックの
 子孫がいる可能性もあるので、こじつければユウナ
 の遠い親戚がいることになる。
 もちろんユウナが同行した可能性もおおいに有りだ。

本召還獣に関する可能性論だが、VIIで召還される召還
 獣はスピラから召還されている可能性もある。
 この世界の概念からすると、召還獣は祈り子がいて初め
 て召還出来るものとされているが、
 VIIではそれらしき物がない。
 (可能性の一つとして宇宙から来るバハムート零式など)
 また、ACでカダージュがマテリアから召還獣を出してい
 たことを考えると、スピラで召還獣を見たシンラがそれ
 に模した獣をVIIでモンスターを作る原理と同じ原理で
 作り、マテリアに閉じ込めたとも考えられる。
 もしこれが本当であれば、現在のソルジャーやモンスタ
 −を生み出す技術自体シンラが考えたと言っても過言は
 ないが、これではまるで悪者だ…
 ただし、X-2の時点で祈り子は基本的に力を失っている
 ので、可能性としてはやはり後者のほうが高いだろう。
 (長い月日の間にまた祈り子なる物が現れたのなら別) 

本証言はないが、VIIの星での飛空艇は全てシンラがスピ
 ラの飛空艇技術を使って作った物が伝承されているのは、
 まず間違いない。
 神羅が高度な飛空艇を持っている事からもそのことが
 十分に伺える。

本ジェノバがやって来たのが約2000年前。
 その時点でシンラが生存している可能性は極めて低いが
 シンラが神羅を作ったのが2000〜2050年前程度の間だっ
 たとすると、FFXに登場したキャラクターがVIIに出てき
 た存在と同じ時間軸に存在したことになる。
 その後、シンラの作り出した組織がジェノバを発見し、
 ジェノバ細胞を埋め込んだソルジャーを作り、セフィロス
 というVIIにおける最大の存在を作りあげたのだとしたら
 これは物凄い元凶である。

本上記の説についての付けたしになりますが、
 "JENOVA"という名前を逆から読むと"AVONEJ"、
 つまりエボン=ジュと読めることから、
 ジェノバ=宇宙(そら)からの厄災とはエボン=ジュであり
 先に移住したシンラ達の後を追いVIIの星に
 舞い降りたとも考えられる。
 血縁関係について、エボンの娘はユウナレスカ、
 ジェノバの子供はセフィロスやソルジャー、
 そしてクラウドである。
 つまり、考えようによってはユウナレスカとクラウドは
 兄弟にあたる。
 (十日心さんありがとうございます♪)


★考察〜可能性・終★


関わっているのが神羅だけにロクな想像が出来ませんでしたが、
せめて最後はユウナやティーダ達の混じった
ライフストリームがクラウド達を生かしているという
幸せな切り方をしたいと思います。


長くなってすみませんあせあせ(飛び散る汗)
そんなFFVIIとFFXの繋がりにロマンを感じずにはいられない。
そんな方々は是非ご参加下さい★

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 210人

もっと見る

開設日
2007年6月19日

3830日間運営

カテゴリ
ゲーム
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!