mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 菊地裕介

菊地裕介

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年2月18日 20:25更新

日本を代表する若手実力派ピアニスト、菊地裕介氏のコミュニティですぴかぴか(新しい)

ファンを代表して、菊地裕介さんのファンの方の為に作成しましたexclamation

電球菊地裕介公式プログ→http://ykpiano.blog87.fc2.com/

《菊地裕介の簡単なプロフィール》

7歳でピアノを始める。皆川紀子、加藤伸佳各氏に師事し、96年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を卒業、パリコンセルヴァトワール(国立高等音楽院)に入学しジャック・ルヴィエ氏に師事。99年一等賞の成績でピアノ科高等ディプロムを得て、2001年まで研究科にて引き続き研鑽を積んだ。
平行して同音楽院歌曲伴奏科に入学し、アンヌ・グラポット氏に師事し、審査員満場一致の一等賞の成績で、歌曲伴奏科高等ディプロムを得る。
また和声をジャン・クロード・レイノー氏のもとで、二十世紀音楽をエディット・ルジェ氏のもとで、フーガとソナタ形式をティエリー・エスケッシ氏のもとで学び、全て一等賞の成績を得て作曲法(Ecriture)の高等ディプロムも得ている。マルク・アンドレ・ダルバヴィー氏に管弦楽法の指導を受け、歌曲リサイタルについてジェフ・コーエン氏のもとで学び、幅広い視野で音楽を見つめる。

2003年よりドイツ・ハノーファー音楽大学ピアノソロクラスにおいてアリエ・ヴァルディ氏に師事している。
また、アンジェイ・ヤシンスキ、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、アレック・ポリャンスキー各氏などから定期的に指導を受けるなど、世界の数多くの音楽家から薫陶を受けている。
2007年より東京藝術大学教官として、後進の指導にも力を注いでいる。

97年ローム・ミュージックファンデーションより奨学金を受け、2004年より2006年まで文化庁新進芸術家海外留学研修員。

国内外の多くのオーケストラと共演、国内はもとよりヨーロッパ各地の音楽祭へ招かれ、リサイタルを開催。現地各紙はしばしば、表面的な演奏効果にとどまらない、幅広い知識に支えられた緻密な構成と哲学的な解釈を高く評価されており、注目を集める。
2006年NHK「スーパーピアノレッスン」出演

1994年第63回日本音楽コンクール第二位、三宅賞
1998年第11回チャイコフスキー国際コンクールセミファイナリスト
2000年第46回マリア・カナルス国際コンクール(バルセロナ)第一位
2001年第11回ベートーヴェン国際コンクール(ウィーン)ディプロマ
2003年第20回ポルト国際コンクール(ポルトガル)第一位
2004年第4回プロコフィエフ国際コンクール(サンクトペテルブルク)ファイナリスト
2005年第47回ハエン国際コンクール(スペイン)現代音楽賞
2005年第8回マウロ・パオロ・モノポリ賞国際コンクール(イタリア)第二位(一位なし)
2005年第15回ショパン国際コンクール(ワルシャワ)ディプロマ(セミファイナル)
2006年第8回スクリャービン賞国際コンクール(イタリア)第三位
2006年第8回パレルモ・ウンダマリス国際コンクール(イタリア)第三位
2006年第10回ゲザ・アンダ国際コンクール(チューリヒ)ディプロマ
2006年第61回ジュネーヴ国際コンクール第三位
2006年第5回プーランク国際コンクール(フランス)審査員満場一致第一位

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 35人

もっと見る

開設日
2007年6月18日

3659日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!