mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > シリキ・ウトゥンドゥ

シリキ・ウトゥンドゥ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月21日 05:02更新

世界中から様々な骨董品などを収集していた大富豪、ハリソン・ハイタワー三世。彼は1899年にコンゴ川流域に住むムトゥンドゥ族から、呪いの偶像だと言われている「シリキ・ウトゥンドゥ」を手に入れた(実際は強奪したものらしいが)。そのシリキ・ウトゥンドゥのお披露目パーティーが1899年12月31日に開かれた。場所はハイタワー三世が建設し、オーナーとなっていた「ホテルハイタワー」。そのパーティーの後、ハイタワー三世はホテルの最上階にある自室にシリキ・ウトゥンドゥを飾るため、エレベーターに乗り込んだ。ところが、深夜0時ちょうどにホテルは停電に。すると、そのとき緑色の光がエレベーターを包み込み、同時にハイタワー三世の悲鳴が響き渡った。そして制御不能となったエレベーターは1階まで急降下した。ところが奇妙なことに、落下してぐちゃぐちゃになったエレベーターの中からハイタワー三世は姿を消していた。トルコ風帽子とシリキ・ウトゥンドゥだけを残して…。この事件以来、ホテルハイタワーはニューヨーク市民から恐怖のホテル、「タワー・オブ・テラー」と呼ばれるようになった。

時は経ち、1912年。1899年の事件以来ホテルは閉鎖されてきたが、ニューヨーク市保存協会は「建築物の歴史的価値が高い」という理由で改修工事を行った。修復が行われた背景として、エンディコット三世の娘の存在がある。ニューヨーク市保存協会の会長はハイタワー三世と長年の確執があるエンディコット三世の娘、ベアトリス・ローズ・エンディコットであるが、そのベアトリスはハイタワー三世にものすごい尊敬の念をもっていた。当然確執があったベアトリスの父のエンディコット三世はホテルハイタワーを取り壊し、自分のホテルを建設する予定であった。しかし、娘のベアトリスに反対されてしまった。ニューヨーク市保存協会は設立の目的を「ニューヨーク州ニューヨークの歴史ある建造物を保護すること」としているが、実際にはホテルハイタワーの修復・保護だけの目的で設立したという噂が立っている。ホテルはニューヨーク市保存協会により修復された後、同協会主催によるツアーが開催される。ゲストはツアーの参加者となり、ホテルなどに関しての説明を受け、ホテル内を見学する。そして最後には業務用エレベーターに乗り込み、最上階のハイタワー三世の部屋へと向かう。

(シリキ・ウトゥンドゥの特性)

所有する部族を攻撃しようとする者に恐ろしい呪いをかけるらしい。シリキ・ウトゥンドゥを所有する部族は初め幸福が訪れるが、徐々に災厄が起こるようになり、ひどい場合は部族まるごと地上から姿を消してしまうという。部族から部族へとたらい回しにされ、ハイタワー三世が発見した際はコンゴのムトゥンドゥ族(現地語で災いの意)が所有していた。シリキ・ウトゥンドゥの一部には古代の呪術師シリキの一部が使われているという。また、シリキ・ウトゥンドゥを扱う際には細かい決まりがあり、これを守らないとシリキ・ウトゥンドゥに不快感を与え、呪いをかけられてしまう。その決まりとは、「火に近づけない」「ひたすら偶像を敬い、怖れる」「雨や風にさらさない」「屋内に置いてはいけない」「完全に覆ってはいけない」「埋葬したり、あげたり、捨ててはいけない」などである。特に、シリキ・ウトゥンドゥは敬われることを好むらしい。


ディズニーシーにあるアトラクション。タワーオブテラーの偶像シリキウトゥンドゥ…

消えます。

笑います。

皆さんでこの偶像の謎を解きましょう…。


検索用

東京ディズニーランド 東京ディズニーシー ディズニーリゾート ミッキー ミニー ドナルド デイジー TDL TDS 


皆さんの御協力で参加者が100人を突破しました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いしますm(__)m

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 191人

もっと見る

開設日
2007年6月12日

3636日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!