mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ハルトゼーカー (Hartsoeker)

ハルトゼーカー (Hartsoeker)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年4月13日 06:55更新

ハルトゼーカー Nicolas Hartsoeker (1656〜1725)
 
「屈折光学試論」(1694) Essaiy de Dioptrique
生命の発生に対し、精子論を唱えた。本書では顕微鏡観察により、精子の中に微小人間が存在すると著した。
 
 
 
Keywords: ハルトゼーカーの小人、リヴァイアサン、終末を過ぎた獣、左右対称の鏡人間とクローンの秘密、政府と裏で通じている巨大病院、脳内に住むハルトゼーカーの小人、地下水路に住む透明な子供とフロイトの共有心理、そして彼らのことを後述伝承のように伝える男、ガリレオ。闇の紳士録。Sound Horizon、Revo。
 
 
 
【胚発生】
胚発生(はいはっせい)または生物学における発生(はっせい)とは、多細胞生物が受精卵(単為発生の場合もある)から成体になるまでの過程を指す。広義には老化や再生も含まれる。発生生物学において研究がなされる。
古くは精子には小さな人の形をしたもの(ホムンクルス)(つまり、卵の中に、子孫の雛形がある)があらかじめ存在し、発生はホムンクルスが大きくなる過程であるという前成説があったが、後の研究で、そのようなものが存在しないことが明らかになった。他方、卵の中には何もなく、次第に形ができて来るという考え方を後成説という。
実際には顕微鏡を使用して、細胞レベルの観察が行われるようになって、具体的な発生の過程が観察できるようになった(もっとも、研究の初期には「顕微鏡を通してホムンクルスが観察された」といったような報告がされたこともあった)。動物の発生については多くの研究がなされているが、植物についてはかなり遅れて研究がなされた。
オランダの科学者ハルトゼーカー(Nicolas Hartsoeker) が唱えた精子の姿の図説では、中にホムンクルスが入っている。
 
 
Nicolas Hartsoekerは見えたらいいなと思って(=実際に見たと論文に書いて)、実際に子供が精子の中に座っている図まで描いていたが、しかし当時から既に卵の方が重要だと考える人の方が多かった。
受精という現象が、正しく理解されるようになったのは、19世紀の後半になってからである。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2007年6月12日

3725日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!