mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > KUNIO KISHIDA

KUNIO KISHIDA

KUNIO KISHIDA

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月6日 00:02更新

アーティスト、KUNIO KISHIDA を応援するコミュニティーです。
(2017年 4月6日現在)
日本在住アーチスト。国内外で演奏活動中。
★公式webサイト
http://www.kuniokishida.com 
★mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7593778&from=nav
★facebook
https://www.facebook.com/pages/Kunio-Kishida/512967448830729
★国内海外でのライブをYouTubeで映像配信中!
https://www.youtube.com/user/FryingSwampHead/videos

★アメリカのサイトで試聴できます。
http://www.cdbaby.com/Artist/KunioKishida
ダウンロードもできます。よろしくお願いします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆LIVEお知らせ◆(2017年4月6日現在)
会場でCD販売いたします。ご来場お待ちしています。 

★2017年
■4月16日(日)新宿御苑サウンド 
焦げ臭いロック VOL.2
ALABAMA BAND
G&V : KUNIO KISHIDA, B : 杉征夫, Dr : 小野秀夫
OA:Unidentified
G&V : JOE高橋, B : 西島健司, Dr : SUDAPONY
開場:時 開演時 前売2,700円+1drink / 当日3,000円+1drink 
東京都新宿区新宿2-3-12 TEL 03-3355-7877
http://gyoen-sound.com/
ご予約:nancy-g@nancy-g.com 
■5月 6日(土)青山Z・IMAGINE 
“LAID BACK”な夜。
KUNIO KISHIDA(V,G) with B:杉征夫、CHO:小山知子
※アメリカ南部で芽生えた“スワンプ&サザン・ロック”に多大な影響を受けた男が、今夜はゆったりしたオリジナル曲を中心に演奏します。
開場:6時半 開演:7時半 予約2,700円(当日3,000円)要1drink
東京都港区南青山6-2-13ファイン青山B1F 03-3796-6757
■5月13日(土)名古屋インストアライブ。
■6月 4日(日)青山Z・IMAGINE ※詳細は後日
■6月10日(土)刈谷サンダンス チャリティーライブ(バンド多数)
******2017 SUMMER LIVE with JERRY*******
■6月30日(金)名古屋メモリーレーン
■7月 1日(土)名古屋インストアライブ
■7月 2日(日)刈谷サンダンス
■7月 9日(日)高円寺ジロキチ
****************************************
■7月22日(土)名古屋インストアライブ
■7月29日(土)青山Z・IMAGINE

-- 今年行われたライブ----------------------
■1月21日(土)インストア・チャリティ・ライブ名古屋
■2月 5日(日)KUNIO KISHIDA BAND
■2月 6日(月)TさんのZEPP名古屋公演に客演
■2月 8日(水)横浜サムズアップ ”中村さん追悼ライブ” 
■2月10日(金)たまプラーザ・トルバドール Dickey北農とおとぼけデュオ
■2月18日(土)インストア・チャリティ・ライブ名古屋
■3月 4日(土)インストア・チャリティ・ライブ名古屋
■3月23日(木)横浜サムズアップ KUNIO KISHIDA BAND

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★映画「黄金のメロディ、マッスル・ショールズ」
インタビュー記事掲載!
「夢のマッスルショールズ」岸田邦雄インタビュー
(ピーター•バラカンさんと同一ページなので名前をクリックして御覧下さい。)
http://muscleshoals-movie.com/interview.html

◆呼出し、待ちうた&メロディーコール 
”Music jp”にて配信中。
http://p.music.jp/Service/Detail/musicjprbt
待ちうた、メロディーコールは SLIDEAWAY, VERY SOUTHERN, NORTHERN SONGの3曲。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆DISCOGRAFY(主な作品)

★1st ソロ・アルバム”SWAMP WATERS”
CaneHedge Records Alabama USA CH-064902 
2002年11月発売 定価¥2,800 全12曲 解説付 BOOKLET付
国内発売:VIVID SOUND, GAT PRODUCTION

★MAXI シングル”AT MIDNIGHT/WHAT A FOOL” 
CaneHedge Records Alabama USA CH-064904 
2003年11月発売
定価¥2,800 解説付 BOOKLET付
国内発売:VIVID SOUND,GAT PRODUCTION

★2nd ソロ・アルバム”ALABAMA BOY”
King Records Japan KICP-1072 
2005年5月発売 定価¥3,000 解説付 BOOKLET付

★Maxi シングル”STATESBORO BLUES”
CaneHedge Records Alabama USA CH081105 
2006年12月発売。 定価¥900
ALABAMA BOYのレコーディング完了後、メンバー全員でスタジオセッションした音源を発表。

★3rd アルバム”SLIDEAWAY”
CaneHedge Records Alabama USA  CH-10040607 
2008年10月29日発売。定価¥2,415(税抜価格¥2,300)解説付
国内発売:VIVID SOUND, GATS PRODUCTION

★4th ソロアルバム DOBRO ALBUM "STILL IN TIME"(輸入盤)
2011 CaneHedge CH-10100503
全6曲 ¥1,500(税込)CaneHedge Records Alabama
国内発売:ガッツ・プロモーション
発売日:2011年1月10日

★Remasterアルバム"ALABAMA BOY"+BONUS 3songs
(国内盤仕様)
2011 CaneHedge CH-081104
販売価格:¥1,500(税込)
国内流通予定:ガッツ•プロモーション、VIVID SOUND
発売日:2011年3月20日
<内容>
2002年6月 1stアルバム”Swamp Waters”に引き続き、2004年8月米国アラバマ州マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオにて製作された2ndアルバム“ALABAMA BOY”。2011年3月20日、新たなにリマスターされてCaneHedge Recordsから再発売。
日本限定1000枚。ボーナス3曲追加。

★5th ライブアルバム "LIVE in JAPAN Vol.1" 
CH-10100505 ¥2,000(税込) ※売り切れ
発売日:2012年7月

★6th ライブアルバム "LIVE in JAPAN Vol.2" 
CH-10100506 ¥2,500(税込)
発売日:2012年11月

★7th ソロアルバム”Northern Song”
CaneHedge Records Alabama CH-10100507 VIVID SOUND
税別2,400円
発売日:2014年3月20日
-Members-
Kunio Kishida : G & Vol, Jerry Wasley Jr : B & Cho, Hideki Koyama : Piano & Organ, Bill Stewart : Dr, Sudapony : Dr, Pc&Cho, Asako Kishida : Cho, and many friends: Cho(We are the people),
Producer : Johnny Sandlin

★8th アルバム "SLIDE ANGEL"
発売日:2015年9月23日
CaneHedge Records Alabama CH-10100508 ¥2,500(税込)
*Produced by JOHNNY SANDLIN & KUNIO KISHIDA
・ライナーノーツはこちらからどうぞ。
http://kuniokishida.com/_sa
*Musicians
KUNIO KISHIDA: Vocal, Guitar, Slide,
JERRY WASLEY JR.: Bass, Chorus
CHUCK LEAVELL: Piano, Organ
PAUL HORNSBY : Organ(2,3,5,7,11,12)
JAMIE OLDAKER : Drum, Percussion
JOHNNY SANDLIN : Shaker (SWEET ANN)
Chorus : SCOTT BOYER, CARLA RUSSELL,
KENNETH BRIAN and LILLIE MAE RISCHE
*Guitars
GIBSON NANCY ('59 LES PAUL), JESSICA ('59 LES PAUL),
'58 LES PAUL gt, '58 LES PAUL red, '52 LES PAUL gt,
'59 DUANE's LES PAUL jr, '58 EX, '63 J-45,
R. S ALABAMA BOY

※お近くのCD店で手に入らない場合はOn Line Shopにてどうぞ。
○アマゾンドットコム ○タワーレコード ○HMV
○KUNIO KISHIDAオフィシャルサイト
※こちらでご注文いただいた場合、最短で翌日配達できます。
(一部地域を除く)
http://kuniokishida.com/cdorder.html
○海外
http://www.cdbaby.com/Artist/KunioKishida
※試聴•ダウンロード可です。  
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆”SLIDE BIBLE”誌
※売り切れのため改訂版が2012年8月28日発売。 
2008年4月28日シンコーミュージックから発売。
・Memorial Guitars / Discography - Duane Allman 天才スライダーの遺品
・Derek Trucks Interview 現代最高峰の若きスライドの天才、デレク・トラックス・スペシャル・インタビュー
  ★★特別付録CD連動スペシャル企画★★
KUNIO KISHIDA PLAY'S VINTAGE GUITAR! スライド・ギターのイロハから応用まで…“匠”KUNIO KISHIDAによる 「スライド・ギター」実践講座〜スライド・ギター伝承者がその魅力を語る〜 岸田邦雄インタビュー
・コラム-2 「SLIDE GUITAR≒WORLD MUSIC」
 スライド・マスターズの妙技が冴える!こだわりのスライド・ギター名盤100選!+more! & 14 DVD's
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[最近の国内・海外での音楽活動]
●2014年3月通算7枚目のアルバム”Northern song”を発売。
●2013年7月と11月恒例のライブツアー開催。
●2013年2月発売3月号ギターマガジン誌に2ページの”LIVE IN JAPAN VOL.2”インタビュー掲載。
●2013年1月発売2月号プレイヤー誌に4ページの”LIVE IN JAPAN VOL.2”インタビュー掲載。
●2012年12月年間60回ライブを達成。
●2012年12月発売1月号レコードコレクターズ誌に”LIVE IN JAPAN VOL.2”インタビュー掲載。
●2012年11月、ライブアルバム”LIVE IN JAPAN VOL.2”発売。
●2012年7月、初のライブアルバム”LIVE IN JAPAN VOL.1”発売。
●2012年3月、大阪の友人を歌った”やまだはん”をダウンロード配信開始。
●2012年2月、”Sendai”の日本語バージョン、鎮魂歌”Northern song”レコーディング。6月ダウンロード配信にて発売。
●2011年11月、仙台から大阪まで”東北救済ツアー”を展開
●2011年3月20日、2ndアルバム”ALABAMA BOY”リマスター盤限定発売予定。
●2011年1月10日、ドブロアルバム”STILL IN TIME”全国発売。
●2010年12月22日、タワーレコード渋谷店にてドブロアルバムのインストアライブ。
●2010年11月、ドブロアルバム”STILL IN TIME”先行発売ライブ開始。
●2010年9月、インストゥルメンタル曲のみのライブを開始。
●2010年6月、春〜夏のツアー開始。
●2010年4月、ドブロアルバム”STILL IN TIME”のレコーディング。
●2009年9月、海外アーチストDONNIE FRITTS & THE DECOYS 日本公演に客演(東京・横浜・大阪)。
●2009年9月、海外アーチストJOE BONAMASSAのオープニングで演奏。
●2009年6月、夏のショート・ツアーを仙台・横浜・東京・名古屋で展開。
●2009年5月、シンコーミュージック発刊”SLIDE BIBLE”誌にてスライドギターテクニックをレクチャー。
●2009年2月、大阪を皮切りにPAを使わない”生音勝負ライブ”を東京、名古屋、仙台にて展開開始。
●2008年11月、タワーレコード渋谷店ブルースコーナーにて、週間売上ランキング2周続けてNO.1を記録。
●2008年10月29日、3rdアルバム”SLIDEAWAY”アメリカと日本で発売(アメリカのマイナーレーベルCaneHedgeレコード)
●2008年10月28日、ソロプロジェクト”スライド天国”ライブ開始。
●2008年9月、仙台定禅寺ジャズフェスへ出演。
●2008年7月、東京と名古屋でライブ。
●2008年5月、シンコーミュージック発刊「レスポールブック」にインタビュー掲載される。
●2008年3月、シンコーミュージック発刊「ストラトブック」に執筆。
●2008年11月より3ヶ月毎に原宿クロコダイルにて定期ライブ開催開始。
●2008年10月20日、テキサス州ウィンズボロ市クロスロードカフェに出演。
●2007年6月〜7月、Summer tour2007仙台、群馬、栃木、東京、愛知、石川、大阪e.t.c
●2007年4月、アメリカテキサス州ダラスで3RDアルバムレコーディング完了。
●2007年4月号、プレイヤー誌で4ページに渡りインタービュー記事が掲載される。
●2007年3月、インターネットラジオ”Swamp Tune”スタート。貴重なライブ音源、 ヴィンテージギターサウンドを公開。RADIO BOXX.com
●2006年10月、アメリカ2ケ所にてライブ展開。12月10日、秘蔵音源CDシングル”Statesboro Blues”発売。
●2006年2.3.4.5.7.9月、ライブツアー 大阪、名古屋、東京、仙台、郡山の5都市で開催。
●2005年11月、第二回Second Album "Alabama Boy" (アラバマボーイ)発売記念ライブを大阪、名古屋、大阪、東京、仙台、郡山の5都市で開催。
●2005年11月、楽器フェア&プレミアム・ギター・ショーの特設ステージでライブ。
●2005年9月、仙台定禅寺ジャズフェスへ出演(2回目)。
●2005年6月、第一回Second Album "Alabama Boy" (アラバマボーイ)記念ライブを名古屋、福山、大阪、東京、仙台の5都市で開催。
●2005年5月、日本のメジャーレーベル・キングレコード(セブンシーズ)と契約。5月25日Second Album "Alabama Boy"(アラバマボーイ)全オリジナル12曲をキングレコードから日本国内発売。KICP 1072
●2005年4月、アラバマにて、ジョニーサンドリンの60th誕生日パーティ に招かれる。スコット・ボイヤーなどレコーディングメンバーや元キャプリコーン・レコードのメンバーとセッション。
●2004年8月、前作と同じマッスルショールズ・スタジオで2枚目のアルバム "Alabama Boy" (アラバマボーイ)を制作する。メンバーは、前回のメンバーにチャック・リーヴェル〜Key.(ストーンズ、エリック・クラプトン、ABBe.t.c)、ボビー・ウィットロック〜Key. (デレク・アンド・ザ・ドミノスe.t.c)、ジェイミー・オルディカー〜Dr. (エリック・クラプトン・バンドe.t.c)、ピート・カー〜Gt.らが新たに参加した。
●2003年11月、ライブテイクを挿入したマキシシングル “At midnight/What a fool”DVD付を国内限定発売する。
●2002年11月、アメリカのマイナーレーベルCaneHedgeレコードと契約し、 ”南水(Swamp Waters)”をリリースする。国内ではVIVIDサウンドより発売する。現在、タワーレコード・HMV・新星堂等の 大型店で販売中。
●2002年6月、プロデューサーにオールマン・ブラザーズ等で有名なジョニー・サンドリンを迎えて、 米アラバマ州マッスルショールズ・スタジオにて初のソロアルバム ”南水(Swamp Waters)”をレコーディングする。 ボニー・ブラムレット、スコット・ボイヤー、元アワーグラスのメンバー、 ジミー・ジョンソン、エド・グリーン等、南部を代表するミュージシャンの協力を得て完成させる。
●2000年に入り、アルバム制作の要望の声が高まり長年に渡り交友のあった アメリカ在住のベーシスト、ジェリー・ワスレイ氏の協力を仰ぎ、アメリカでアルバム 制作の準備に着手。
●1995年、オリジナルソングのラインアップが整い、それらの楽曲をメインとしたステージを展開する。その後さまざまなアプローチで楽曲をスキルアップさせる。
●1990年代に入り、プロミュージシャン達との再会をきっかけにバンドを結成しジョン・ムーニーら海外ミュージシャンの共演等、精力的にライブ活動を開始する。 その渦中にディッキー・ベッツ氏(元オールマン・ブラザーズのギタリスト)との出会いの中でオリジナルソングを創る重要性を感じ、創作活動を開始する。
●1974年、プロミュージシャンの登竜門と言われていたバンドコンテスト(A Rock)に自らのバンドを率いて出場し優勝する。それを切っ掛けとし、 プロミュージシャンとしての活動の道が開かれていたが、あえて選択せず自らのスタンスで音楽活動を続ける。

※現在、東京、名古屋、大阪、仙台、福山等で
 広範囲にライブ活動を展開中。
※ヴィンテージギターショップ「ナンシー」オーナーでもある。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 174人

もっと見る

開設日
2007年6月9日

3612日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!