mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 魔女術ウィッチクラフト

魔女術ウィッチクラフト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月26日 05:18更新

で、そもそも魔女とは・・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=4JCrWeHCnug
1 ヨーロッパの俗信で、悪霊と交わって魔力を得た女性。その超自然的能力により、人間に対して悪事を働き教会に対して害を与えると考えられた。ウイッチ。
2 悪魔のような女。また、男性の心を惑わす、あやしい魅力をもつ女性。
3 普通の人にはない、特別にすぐれた能力をもつ女性。「東洋の―」

と、色々意味がありますが私は「魔女」といえば1が意味的に自分の考えるものに最も近いだろうな、と考えてます。
日本語では一般的にWitch=「魔女」として訳され女というイメージが強く男の魔法使いの場合はwizardという言葉が使われているがもともとはwitchとは男も女も両方を指す言葉だった。

What Is Witches?
魔女になるということは異なる二つの世界を行き来すること。自分の意識を変えること、それが魔術だという。ということは妄想や想像も一種の魔術と言えるわけですね(笑)。それを代表的にウィッチクラフトと呼んでいるのです。ウィッチクラフトを行う時はタロットの時と同じくインセンスとキャンドルを灯すのがふつう。魔術と言えば空を飛んだり人を操ったりと様々なイメージがあると思いますが、怪我を治す薬草の知識や雲行きを見て天候を予想したり占いで未来を知ったりと、誰もが知らなかった知識ならその頃は魔術と考えられていた。魔術は悪魔の術であるとしてキリスト教がこれを認めなかったことから魔女達は迫害された。魔女狩りでは多くの人が処刑されたがその中には男性もいたという。きっとこのことが当時起きた飢饉や社会問題と並んで魔女=悪魔というイメージが植えつけられたのではないでしょうか。確かに魔術といえども占いの結果が不幸を招いたり、怪我が回復せずにそのまま死に至ってしまったりとした場合もありました。更には薬を使って人に呪いをかけたりしたのも事実ですが・・・。

Devil's Flower
薬草・劇薬で沈黙という意味の花言葉を持つBelladonna(日本語でいうセイヨウハシリドコロ)という植物があるがこれは悪魔が愛した花として知られている。現在は薬の過程に使われているらしいけど昔の話によると悪魔がこの花の世話をしていたようです(笑)。悪魔がこの花の世話をしない日は一年で一度だけ。魔女がドイツの森に集まって集会を開くという「ワルプルギス」の夜です。ちなみにこの花の名前の由来はギリシャ神話の三姉妹の一番上の、生命を切る役目を持っていた死の女神Atropa belladonnaからとってbelladonnaとなった。魔女が空を飛ぶ時に体に塗ったとされる飛行薬にもこのベラドンナが含まれえいたと言われている。どっかの民族の宗教信者やシャーマンが幻覚植物によってトランス状態になるのと同じように魔女もそうして幻覚の世界を見ていたのかもしれませんね。意外なようだけど実はココナッツカレーを始めタイ料理などに多く使われているコリアンダー(私もよく使ってました)もあのハーブマジックに使われる薬草の一種です。

What Is Magic?
先ほども述べたように魔術とは自分の意識に変化を起こすこと。と言っておきながら自分でもよく意味がわからないので・・・。
魔術は人にとって未だにミステリアスである。実際ほとんどの人が魔術はただの誤魔化しや見せ掛けのようなものだと思っているし、また他には神話の中の話や伝説や迷信、更にはアナクロニズムに過ぎないと思っているもいる。魔術師達は悪魔的な力を持っていたと信じられその為魔術は邪悪なものとして考えられていた。更にその背景にはキリスト教があり、これが魔術や錬金術を異端としたこと、そして何より魔女や魔術師は悪魔に魂を売り渡すといった間違ったイメージを拡大していったのだった。どちらにしろ魔術=迷信という考えは間違っている!実際魔術は本物だし、効果を齎す。それはごく自然なもので、広範囲に渡って普及し、かつてのキングアーサーの時代と同じように今でもその存在の重要性は変わっていない。魔術自体は決して危険であったり不吉なものではない。しかし放火犯の手に火が渡れば危ないのと同じように、魔術も無法な者の手に渡れば時として害を及ぼすこともある。魔術が世界で生活・習慣の中心で使われるようになったのは古代から。とにかくずっと昔から使われていた。洞窟の壁に描かれた壁画があるが、それは狩りが成功するようにという願いと祈りを込めて描かれたのだ、と推測する専門家もいる。昔の農民はよい収穫になるようにと魔術的儀式を行っていたらしい。世界規模の宗教だってよく考えてみれば、魔術の発想が元になっていることもある。少数派のユダヤ教の信条と慣行はカバラと生命の木によって表された”領域を超え神と繋がる”といった具合の学説が元になっている。このようなことは西洋の祭典儀式にも見ることが出来る。仏教を含めキリスト教の儀式は実のところ立派な魔術と言えるのである。というのも実は私達の身近な習慣も魔術と結びついているのだ。きっと一度は誰もが魔術を使っている・・・と言えるかもしれない---気付いていなかっただけで。例えばバースデーケーキのキャンドルの灯かりを願い事を唱えた後に吹き消すことや、戸口にヤドリギを吊り下げておくこと・・・。これらは夢を叶える魔術、そして悪霊を追い払う魔術なのだ。magic・・・それは人をカエルに変えたりすることも出来るし、死者を蘇らせて操ることも出来る(おそらくこれは伝説の中だけの話だと思われます/笑)。だが一方では、普段気がつかないぐらい身近なところに隠れていたりもするのだ。魔術はどこにでも偏在し、そしてどこでもいつでも行われている。

About pentagram/Pentacle
ペンタグラムとは・・・

五芒星のこと(円の中に描かれた同じスペースの五つの頂点からなっている)。魔術の世界の中で最も有名なシンボル。五つの頂点はそれぞれ地・水・風・火・精霊(Earth,Fire,Water,Air,Spirit)を象徴している。十字架がキリスト教、というのと同じ具合にこの記号は魔術に関しては重要な意味を持っている。多くの時代、文化、世界の宗教の間でずっと昔から使われてきた。特に魔女たちはこの記号を儀式の時に用いることが多い。儀式や儀式書などによるとペンタグラムはペンタクルと呼ばれる円状の板に描いたり、彫って刻みつけられていた。そのペンタクルは様々な材料によって作られる。例えば木、粘土、真鍮、銀、金など。彼らはそうして作られたペンタグラムを儀式はもちろんのこと、聖別や招魂の為に使っていた。多くの魔女たちは自分のオリジナルのペンタグラムを持っている。それらは色づけされたガラスで飾られていたりそれぞれの思想を意味する石や宝石で飾られている。自分に適した宝石を選ぶことによってより自分と一体化させるのだ。今ではたくさんのオカルトや魔術に興味のある人がペンタグラムのペンダントや指輪をしている。そしてまた多くの人がそれらを魔よけやお守りとして身につけている。例えば、銀で出来たペンタグラムなら女神のエナジーと自然の力を、金ならパワーと力を表す。

地・・・(左下)安定、復元、忍耐力
火・・・(右下)勇気、異常
水・・・(右上)感情、幻覚
風・・・(左上)知性、芸術、感性
精霊・・・(頂点)神、神聖

星の周りの円は精霊(頂点)の下にある神聖な場所(つまり他の四つの点のこと)を表す。また四つの点は地=北、風=東、火=南、水=西というように基本方位を意味する。

逆ペンタグラム
普通のペンタグラムと違い、頂点が二つのいわゆる「逆ペンタグラム(ペンタグラムを上下逆にしたもの)」。
これが生まれたのは20世紀。悪魔主義者達がペンタグラムを逆さにし、これを自分達のシンボルとしたことが始まり。その象徴で最も有名なのがヤギの頭と組み合わせたもの。悪魔バフォメット(下記)が用いられる。バフォメットとはイスラム教のマホメットが転化したキリスト教の大悪魔の名前で別名「サバトの山羊」とも呼ばれている。魔女の黒ミサ(witche’s Sabbath)の守護者としても有名。悪魔主義者達はペンタグラムを逆さにした。つまりは火と地(火は意志力と情熱を、地は虚栄心と頑健を意味する)を上に、そして精霊を下に位地させるような形にした。彼らはまた十字架を逆さにもしたが、逆十字架や逆ペンタグラム自体が必ずしもサタニック・シンボルだとは限らない場合もある。いくつかの魔女の仕来たりではこれは「第二等級」(新しく昇進した魔女、みたいな・・・)を表すとされている。この部類の魔女達(魔女の世界には派がものすごくたくさん分かれていて分けると数え切れない程の数である)は逆ペンタグラムをポジティブなものとして捉えており悪魔主義とは関連付けてはいないようだ。

バフォメットの印
これが見られるようになったのはテンプル騎士団員によってキリスト教異端審問が行われ始めた時期。山羊の頭と共になった逆ペンタグラムはバフォメットの象徴である。バフォメットの語源はギリシャの「熱中」を意味するバフォとメティスから来ている。またこれは他に別名ブラック・ゴート、悪魔の山羊、山羊の頭、メンデスの山羊、ジューダス・ゴートとも呼ばれていた。20世紀にKarl Kellnerとその他のドイツ人オカルティスト達はO.T.O(Order of Templars in the East)と呼ばれる教団を作った。彼らは英国人オカルティストであるAleister Crowleyをイギリスでの団長とし、Crowleyはバフォメットを自分が魔術を行う時の名前として用いた。今日ではバフォメットは悪魔崇拝のシンボルとして幅広く使われている。ちなみにあの「Church of Satan」にはもう一つのシンボルがある。セカンド・シンボルとして使われている「インフニティ・エイト(無限の8)」がその記号。(短い十字架と長い十字架の二つを組み合わせる。長い方が下、8を横にしたマーク)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 112人

もっと見る

開設日
2007年6月5日

3617日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!