mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Car Bomb

Car Bomb

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月5日 08:15更新

リフをバラバラに切り刻もうが、逆転しようが、短縮しようが、テンポを変えようが、CAR BOMBの織り成す先進的なメタルのユニークな音楽スタイルは、出てくるアイデアを解剖/研究し、死に至るまで叩き潰した産物である。その成果は、ジェットエンジンでリスナーの頭蓋骨に砂利を吹っ飛ばすのに匹敵するほどの衝撃だ。CAR BOMBのポリリズムと数学的な狂気はMESHUGGAHとTHE DILLINGER ESCAPE PLAN、怒りとエネルギッシュな激情はCOALESCEとCONVERGEからの影響である。

システマチックにアイデアを濫用するCAR BOMBの癖は、メンバーの仕事や趣味ムムコンピューター・プログラミング、グラフィック・デザイン、天文学、そして量子物理学の分野においても健在だ。Greg曰く「こういう分野を極めるためには、支配力を強め、強迫神経症の域に達してなければならない。そういう人格形成が作曲工程の中での葛藤や混乱を生み出していき、それによって楽曲が産声を上げるんだ。考えもつかないようなアイデアがそうやって生まれてくるもんなんだよ。」細部までに及ぶ分析により歌詞のテーマも生まれてくる。Mikeはこう答えてくれた。「徹底的に自分を問い詰め、何も残らないぐらいに自己分析を行う事が大事なんだ。自分という人格を完全に破壊する事で、初めて解ってくる事があるんだ。」

CAR BOMBは、NECK(Greg、Mikeが在籍)とSPOOGE(Jon、Elliotが在籍)という2バンドが、ニューヨークはロックヴィル・センターの精肉店地下にあるリハーサル・スペースを共用していた事がきっかけで結成。「ダンジョンと呼んでいた。蒸し暑いコンクリで覆われて、窓のない地下室だったんだ。本来はそこは動物の屠殺場だったんだけど、やがてそこでメタル・バンドがジャムするスペースになったんだよね。自然といえば自然だな!」とJonは当時を振り返りながら語ってくれた。その2バンドはお互いの練習に顔を出すようになり、互いの音楽性への敬いが生まれるようになる。

両バンドともメタルとハードコアのトラディショナルな型から逸脱していたにも拘わらず、更にヘヴィーで複雑な音楽を創る必要性がJonを外部ミュージシャンを迎え入れる事を後押しする。2002年、彼はGregを迎え入れ、プロジェクト・バンドを発足し、やがてはそのプロジェクト・バンドがCAR BOMBへと発展していく。メンバー・チェンジを重ねつつ、18ヶ月にも及ぶジャム・セッションが開始され、最終的にMikeとElliotが加入し、現在のラインナップが完成。

2004年初旬、CAR BOMB初のレコーディングがGregとJonの現在の居住スペースにて行われる。不屈の努力を重ね、バンドはデモ音源をニューヨーク市にある無数のライヴ・ハウスや、毎年恒例のNEW ENGLAND METAL AND HARDCORE FESTで配り続けた。
バンドは更に3曲入りサンプラーを世界中のレーベルや雑誌編集部へ送付。このサンプラーは絶賛の嵐で長寿メタル誌METAL MANIACSをはじめ、多くの雑誌、ウェブ・マガジン等で絶賛を受けた。また、その評価の高さもあり、HATEBREEDのJamey(Vo)の主宰するレーベル、STILLBORN RECORDSがリリースしたサンプラーCD「HARDCORE STREET Vol.2」に楽曲"Solid Grey"で参加し、このサンプラーはCAR BOMBの名前を更に広める大きな手助けとなった。また、ライヴ活動では、PSYOPUS、CRYPTOPSY、MOST PRECIOUS BLOODと共演し、ライヴ・バンドとしても頭角を現すようになった。

2006年、CAR BOMBはセルフ・タイトルのデモ以来初の音源となる1stアルバムの曲作りを開始。"M-6"、"Pieces of You"などの楽曲をいとも容易く書き上げ、それを基盤として本作「CENTRALIA」は制作された。この2曲はアルバム「CENTRALIA」の収録曲の中でも、アルバムのハイライトと言える楽曲である。
"M-6"で得た自信は、のちに良き友人であるディレクターJeremy Jackson (UNEARTH、CANNIBAL CORPSE、AS I LAY DYING、BRIAN POSEHN)へのアプローチに繋がり、同年夏、FILMCOREのクルーと共に初のプロモーション・ビデオの撮影を敢行。アルバム・デビュー前にプロモーション・ビデオを完成させてしまうのであった。 同年秋には、RELAPSE RECORDSと契約を交わす。
新人バンドとしては驚異的な完成度を誇る「CENTRALIA」は、その驚愕のテクニカルな楽曲だけでなく、彼らの確固たる目的意識を提示し、21世紀の音楽的エクストリームさと巧妙さはどうあるべきかを克明に具現化している作品である。


CAR BOMB:
Michael Dafferner: vocals
Elliot Hoffman: drums
Greg Kubacki: guitars
Jon Modell: bass

website:
http://www.carbombcult.com

myspace:
http://myspace.com/carbombcult

鬼変拍子バンド、Car Bombについて語りませう



カーボム カオティック ハードコア 変拍子 リラプス HARDCORE CHAOTIC

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 88人

もっと見る

開設日
2007年6月5日

3647日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!