mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 日本の伝統職人を発信の見る目

日本の伝統職人を発信の見る目

日本の伝統職人を発信の見る目

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年12月17日 19:33更新

日本人として、日本の伝統職人を支え、盛り上げるコミュニティーです。

昔ながらの伝統工芸でなくても構いません。
今は新しいことも、いずれは技術となり伝統と成長することもあります。

仕事に対しての腕、技、そんな知らない人は知ることはない大切な技みんなで伝えていきましょう!

【管理人の私が伝えたい事はこれ!】
最近は宝石職人さんも腕のいい人が少なくなってきました。私は宝石職人さんとよくお仕事したり、お話するのですが、最近はほとんど弟子を採らないそうです。少し出来るようになったらすぐ辞めてしまうですって。本当にもったいないことです。ベテラン職人という師匠から離れると、出来ると思っていることが本当は修理程度のとても少ないことしか出来ないのです。よくお話をする宝石職人さんは、師匠のとこに10年もいたそうです。 3年は給料なしで小遣い程度で腕を磨き、その後2年間は技を教えて頂いてありがとうのご奉公の期間という感じです。腕を磨くには、とても長い時間がかかってしまうのですね。そんな日本の宝石職人さんの腕を次の日本に残したいと考えているのは私の驕りかもしれませんが、しかし、最近のキャスト(型をとって枠を量産する方法)や海外で作られることが多いどこにでもある大量生産の宝飾品にはない価値をお伝えしたいという熱き想いがあるのです。日本では今は宝石職人、江戸時代まで時代を遡ればかんざし、刀の鍔等を作っていた飾り職人。そうです、必殺仕事人です!シャッキーン!日本の伝統として残していかないといけないと感じるのは私だけでしょうか?

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2005年7月1日

4176日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!