ホーム > コミュニティ > 音楽 > Recloose




  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


詳細 2016年3月20日 02:15更新


It all started in the spring of 1997 when Detroiter Matthew Chicoine, aka Recloose, made contact with techno pioneer Carl Craig by way of a now legendary ‘demo on rye sandwich’. 1997年にすべてが始まった。デトロイト人であるマシュー・チクワンaka Reclooseがテクノの先駆者であるカール・クレイグとコンタクトをし、その方法は今や伝説的な出会い、“ライ麦サンドウィッチのデモ” (Reclooseは、偶然カール・クレイグにサンドウィッチ屋で会い、デモを彼に渡すという物語である。ちなみにその前にReclooseはイギリスの Jimpsterのレーベル、Freerangeにもデモを送っていて、多少連絡を取り合っていたが、連絡が自然消滅していたそうです。もしも Planet EではなくFreerangeからデビューしたらどうなったのかな?)と名付けられている。

This story has been referenced to death, and we’d all prefer not to revisit the details. Instead, let’s focus on what it led to – the signing of Recloose to Craig's seminal Planet E label and the birth of an eclectic and vibrant musical career. Recloose’s musical roots trace back to eight years of studying music and playing jazz saxophone, later shifting his focus to the art of mixing, cutting and dicing vinyl whilst at college in Ann Arbor, Michigan. His eclectic DJ sets, which were first heard on college radio, have led Recloose to become an in-demand DJ, playing at clubs and festivals around the world as well as performing as a turntablist for both Carl Craig’s Innerzone Orchestra and the more esoteric Uri Caine ensemble.
この物語は死ぬほど語られているので、我々はその詳細を控えさせて頂きます。その代わりに、その出会いが何に進展したかに対して注目しよう。 Reclooseは、カール・クレイグの影響力が大きいPlanet Eレーベルと契約し、多岐にわたる、活気のある音楽活動が始まった。Reclooseの音楽ルーツは、8年間ミシガン州のアン・アーバーの大学に在学中、音楽の勉強とジャズ・サックスの演奏に遡る事が出来、後ほどレコードをミキシングとカッティングの芸術に彼のフォーカスは転換した。最初に大学のラジオ・ショーで放送された、彼の多岐に渡るDJセットのお陰、Reclooseは世界中のクラブとフェスでプレイする需要のあるDJとなり、またカール・クライグが率いるインナーゾーン・オルケストラとより奥義に達したユーリ・ケイン・アンサンブルのターンテーブリスととして客演した。

Over his eleven year career Recloose has developed into a true standout of Detroit’s musical litter. To date he has released a number of groundbreaking 12” for Planet E and Rush Hour, a host of remixes for the likes of Herbert, Tei Towa, MJ Cole and Azymuth, a live album, and three full-length albums starting with his debut ‘Cardiology’‚ on Planet E / !K7 in 2002, greeted with wide critical acclaim.
彼の11年の活動歴の中、Reclooseはデトロイトの音楽坩堝の中の、真の目立つ存在となった。今まで、彼は幾つかの革新的な12インチ・シングルをPlanet EとRush Hourからリリースし、ハーバート、テイ・トーワ、MJコールとアズミス等のリミックスも手がけ、ライブ・アルバム(The Recloose Live Band『Backwards & Sideways』は、Octave Labから2007年5月にリリースされた)もリリースし、3枚のフル・アルバム:2002年にPlanet E/ Studio k7からリリースされた『Cardiology』のデビュー・アルバムをリリースし、幅広い批評家からの称賛を浴びた。

Recloose relocated to New Zealand in 2001 to plant new roots and explore fresh musical horizons. 2005 saw the release of Recloose's second LP, ‘Hiatus On The Horizon’ (Peacefrog/Loop), an album that features a host of New Zealand’s finest musicians and vocalists (and spawned the dancefloor stomper ‘Dust’ feat. guest vocalist Joe Dukie). This was followed in 2006 by the Recloose Live Band’s funk compendium called ‘Backwards and Sideways’, recorded live at the San Francisco Bathhouse and released on Recloose’s imprint ‘Fingertips’ in early 2007. Since then the 8-piece Yankiwi wonderband has been consistently rocking high profile gigs in New Zealand, Australia, Europe, and Japan.
Reclooseは新たなルーツを根ざすため、フレッシュな音楽探検をするため、2001年にニュー・ジーランドに移住する。2005年に Reclooseの2枚のフル・アルバム『Hiatus On The Horizon』(Peacefrog)をリリースし、ニュー・ジーランドの最も素晴らしいミュージシャンとヴォーカリスト(Fat Freddy's Dropのヴォーカリスト、ジョー・デューキーがフィーチャーされている、大人気トラック『Dust』が収録)が本作にフィーチャーされた。その後、2006年にSan Francisoc Bathhouseでライブ録音されたThe Recloose Live Band名義のファンクが溢れんばかりのライヴ・アルバム『Backwards and Sideways』を2007年初頭にReclooseのレーベル、Fingertips(日本ではOctave Lab)からリリース。その時から、ヤンキーウィー・ワンダー・バンドは、ニュー・ジーランド、オーストラリア、ヨーロッパと日本で定期的に知名度の高いギグを行っている。

Recloose’s 2008 international long player, ‘Perfect Timing’, features yet more stellar Kiwi talent (including Tyna Keelan, Rachel Fraser, Joe Dukie, Jonathan Crayford) and took out the prestigious Tui Award (aka NZ Music Award) for best Electronica/Dance album of 2008.
Reclooseの2008年にリリースしたフル・アルバム『Perfect Timing』は、より多くのニュー・ジーランドの才能あるアーティスト等(Tyna Keelan、Rachel Fraser、Joe Dukie、Jonathan Crayford)がフィーチャーされていて、2008年度の誉れの高いTui賞(ニュー・ジーランドの音楽賞)のベスト・エレクトロニカ/ダンス・アルバム部門を受賞した。

2009 is going to be a big one for Recloose and co. with a re-launch and full-length studio release from the Recloose Live Band (soon to be re-born as ‘Starblazers’), a ‘Recloose Classics’ release on Rush Hour records, and further frenzied floor rocking and globetrotting.
2009年には、Reclooseに取って盛り上がる年になるに違いない。Recloose Live Band(Starblazerという名義に変更)を再始動し、スタジオで制作されたフル・アルバムのリリース、Rush Hour Recordsから『Recloose Classics(仮)』というコンピが予定され、さらにフロアをロックし、世界中飛び回る予定だ。

New ZealandのGeorge FMというFMラジオ局で番組を行い、以下はその局の サイトです。毎週月曜の夜、放送中。


参加メンバー 507人