mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 菊池伶司

菊池伶司

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月7日 16:16更新

菊池伶司(1946〜68)

日本の版画が国際的に注目を集め、

最も熱かった1960年代。一陣の風の様に颯爽と現れ、消えていった伝説的な版画家。

1967年、21歳で銅版画を学び始め、わずか一年後に日本版画協会新人賞、シェル美術賞などを立て続けに受賞する。

解剖図や標本を思わせる不思議なフォルム。画面を縦横無尽に走る判読不能な文字。

高度なエッチング技術を駆使した、それまでにない精緻で詩的な版画は、一躍、驚異の新人として注目を集め、多くの公募展で菊池の亜流のような作品が壁を飾るほどであった。

しかし1968年、生まれつき腎臓に疾患のあった菊池は、病のため22歳の若さで亡くなり、異才を放つその作品と夭折によって伝説的な存在となる。

菊池は、まさに銅版の上に生を見いだし、死を覚悟しながらも絵日記のように自らの生の記録を刻み続け、わずか一年半の間に、研ぎすまされた約60点もの作品を残したのだ。らしいのですが。

こんな作品↓
http://www.sophiakai.gr.jp/sophiansgallery02/e-2002-1.html
↑みれない?

まぁ。みる、みられない、みない、はさておきまして。

僕は初めて菊池さんの版画を拝見した時、
ドアの作品が心響きましたよ。大きさはもちろん、
形や色、質感などが違えど、みんなドアをもっていますね。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 64人

もっと見る

開設日
2007年5月27日

3686日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!