mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 痛快!オザケン通り

痛快!オザケン通り

痛快!オザケン通り

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小沢健二の歌は仮装したロックンロールである。
「ライフ」を聴いたとき、僕はそれを確信した。

時は世紀末。
すべてが良きにつけ悪しきにつけ加速する中で、
小沢の歌は他の何よりも加速しすっ転がり止まらなかった。

僕はその時、小沢のピカピカ光輝くロックンロールが
我が国の自称ロックンロールバンド共を次々と轢き殺し、
血祭りに上げながら、
どこまでも、どこまでもすっ転がって行くのを見た。

後には累々たるエセロックンロールバンドの死骸が残った。
まあ、そいつらはその後ゾンビの如く再生するのであるが。

僕が邦楽のロックンロールアルバムの
フェイバリットとして掲げる
吉田拓郎の「人生を語らず」、
泉谷しげるの「80'のバラッド」と
ツライチで並んだのは、なんと
小沢健二の「ライフ」只一枚のみ、なのである。

その後、二曲共が
ストーンズやピストルズに並ぶ、高密度なロックンロール
「痛快!ウキウキ通り」
「流星ビパップ」という
二大曲を頂点として、小沢は急激に失速する。

一般的にはあまり言われないことを僕はあえて言っている。
小沢健二の歌が仮装したロックンロールだ等と聞かされて、
不愉快に思われる方も多いだろう。

まあ、一番嫌がるのは小沢本人かも知れないが。

しかし、再度、このコミュの動議を確認するためにも
声高に宣言しておきたい。
小沢健二の歌は仮装したロックンロールである。
小沢健二は我が国のどの自称ロックンローラー共よりも
遙かにロックンローラーであった。

“激しい心を伝える言葉をロックンロールの中に隠した
/流星ビパップ”

2004年の春に出したアルバム「刹那」で
小沢は「流星ビパップ」を最初と最後に
2回収録している。(ラストはインスト)

このコミュのタイトルを
「痛快!オザケン通り」にすべきか
「オザケン・ビパップ」にすべきか
最後まで悩んだ。
------------------------------
活発な本家オザケンコミュはこちら。
最新情報などは、こちらでゲットすることをお勧めする。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=486

開設日
2005年06月28日
(運営期間4110日)
カテゴリ
音楽
メンバー数
105人
関連ワード

おすすめワード