mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Lee Ritenour

Lee Ritenour

Lee Ritenour

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月19日 04:18更新

フュージョンギタリスト リー・リトナー(Lee Ritenour)について語りましょう

リー・マック・リトナー(Lee Mack Ritenour、1952年1月11日- )はジャズ・フュージョン界で活躍するギタリストである。カリフォルニア州ハリウッド生まれ。フュージョン全盛期を支えたギタリストを代表する一人である。

1970年代前半より活躍している。ブラジリアン・リズムに影響され、自身のアルバムに取り入れられている物が多い。代表作に「Captain Fingers」が挙げられる。

6歳よりギターを始め、ウェス・モンゴメリーに大きく影響される。高校時代にセミプロとして活躍し、南カリフォルニア大学入学後、GRPレコードの設立者の一人でキーボーディストである、デイヴ・グルーシンと出会い、1970年代よりスタジオミュージシャンとして活躍し始める。1970年代半ばに自身のグループ、「ジェントル・ソウツ」を結成、1976年にファースト・アルバム"First Course"を、1977年に初期の代表作となる"Captain Fingers"を発表し、自身の地位を確立した。このアルバムによりリトナーはキャプテン・フィンガーの愛称で親しまれるようになる。1978年にはデイヴ・グルーシンの弟ドン・グルーシン等と「フレンドシップ」を結成。1979年に以前より影響を受けているブラジリアン・リズムを取り入れたアルバム"Rio"を発表した。1982年には"Rit"を発表、このアルバムではエリック・タッグをヴォーカリストとして迎え、AORを取り入れて、よりポップな観点からフュージョンにアプローチしている。1985年にはデイヴ・グルーシンとの合作"Harlequin"を発表。

1990年、ボブ・ジェームス、ネーザン・イースト、ハーヴィー・メイソンと共にフォープレイを結成し、1995年までに3枚のアルバムを発表。しかし、1996年に自身のレーベル「i.e.ミュージック」を新設し、プロデュース業で多忙になったため脱退せざるを得なくなった。後任にはラリー・カールトンが加入した。フォープレイに在籍していた間、ジャズ・ギターの偉人ウェス・モンゴメリーに捧げた、"Wes Bound"を1993年に、1995年にカールトンとの合作、"Larry & Lee"を発表。

1997年にポリグラムにi.e.ミュージックの経営主体に置き、ボサノヴァのピアニストでコンポーザーのアントニオ・カルロス・ジョビンをテーマとした"A Twist of Jobim"を始めとした、それぞれテーマを持った「Twist Of 〜」シリーズを発表する事になる。2001年にはボブ・マーリーに捧げた"A Twist of Marley"、2003年にはモータウン・レーベルをタイアップした"A Twist of Motown"を発表した。2001年にはデイヴ・グルーシンと再び合作を作り、クラシック音楽をクロスオーバーした"Two Worlds"を発表、デッカからの発売となる。

尚、1998年にポリグラムはシーグラムに買収され、シーグラムのユニバーサル・ミュージックに統合し、i.e.はユニバーサルのジャズ部門ヴァーヴに編入される事になる。この傘下にはかつて所属していたGRPもある。

竹内まりや"Beginning"(1978年)、カシオペア"Four By Four"といった日本人の作品でも、リーのプレイが聴ける。

2005年にピーク・レコードに移籍し、ジェントル・ソウツのメンバーや旧知とのライヴアルバム"Overtime"を発表。同時にDVDもリリースしている。

私生活においては2005年5月に歌手の杏里と婚約を発表。7月に杏里がリリースしたアルバムSolにプロデューサーとして関わった。しかし、2007年7月に週刊誌において破局が報じられ[1]、2008年4月28日に杏里の公式サイトにて、公式に婚約を破棄したことを報じた。

<公式サイト>
http://www.leeritenour.com/

BIO of Lee Ritenour - Fall 2004

b. Lee Mack Ritenour, 11 January 1952, Los Angeles, CA, USA. The prolific Ritenour has established himself as one of the world's leading jazz guitarists with a series of accessible albums over three decades. Starting at the age of 16, Ritenour played his first session with The Mama's and the Papa's. Two years later he was backing Tony Bennett and Lena Horne at L.A.'s Dorothy Chandler Pavilion. Know as "Captain Fingers," Ritenour became a sought-after session player in the mid-70's. Starting in 1976, at the age of 24, he began his own solo career which now includes over 30 albums and collaborations. Although heavily influenced in his early days by the relaxed styles of Wes Montgomery, Joe Pass and Barney Kessel, he now has his own distinctive sound and fluid style. His list of session work is awesome (some 3,000 sessions), but some of his notable performances were with Herbie Hancock, Steely Dan, Dizzy Gillespie, Sonny Rollins and Pink Floyd. Since the mid-80's Ritenour has been strongly influenced by Brazilian music.

Along the way, Ritenour has received 17 Grammy nominations, earned several gold albums, numerous #1 spots in guitar polls and the prestigious "Alumnus of the Year" award from USC. In 1981, he scored the pop15 hit "Is It You," featuring vocalist Eric Tagg, which has also become a smooth jazz radio classic. He joined GRP Records in 1985 after recording for Electra the previous 7 years. At that time, he recorded the magnificent "Harlequin" album with GRP co-owner Dave Grusin. It was nominated for 4 Grammy"s and won 1 that year.

In the early 90's, Ritenour teamed up with Bob James, Harvey Mason and bass player Nathan East under the name of Fourplay, who has released a number of soul/jazz/funk fusion albums for Warner Brothers Records. Lee was a founding member of the original band and participated in the first three releases which remain their biggest hits to date. The first Fourplay album in 1991 spent an unprecedented 33 weeks at No. 1 on Billboard's contemporary jazz chart.

In 1993, Ritenour topped the Billboard jazz chart with his accomplished tribute to Wes Montgomery, on his album "Wes Bound", and followed it in 1995 with an excellent joint album with Larry Carlton. In 1997, Ritenour was a founding partner of i.e. Music at Polygram Records. The first release on i.e. music was a "Twist of Jobim" paying tribute to the great Brazilian composer Antonio Carlos Jobim. The single "Water to Drink" from this album was a #1 Radio n Records NAC airplay single in 1997. In 2000, he and Dave Grusin returned to their classical roots with "Two Worlds," which remained on Bilboard's classical charts for 51 weeks. In 2001 he released the 2nd of the "twist of" trilogy, with a tribute to Bob Marley, placing reggae classics in a contemporary setting. The first single "Get Up, Stand Up," was the #1 Radio n Records NAC airplay single of 2001. In 2002, Ritenour released "Rit's House," a jazzier, funk album with many new original compositions of Ritenour's. The final of the "Twist of" trilogy was the 2003 release "A Twist of Motown."

In 2004, Lee Ritenour recorded one of his most ambitious projects, a hi-definition, 5.1 sound DVD called "OverTime." The DVD is 2 1/2 hours long with 19 songs covering his music from the 70's to the current. Musically, it covers 4 distinct areas starting out with acoustic jazz and moving into Brazilian music with Ivan Lins. The second half continues with Lee's early music from the fusion days at The Baked Potato including the original band of Dave Grusin, Patrice Rushen, Anthony Jackson, Harvey Mason, Ernie Watts and Steve Foreman. The DVD concludes with many of his most popular songs from the 80's to 2004 including songs from "WesBound" and "Twist of Motown."

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 1251人

もっと見る

開設日
2004年8月11日

4497日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!

オススメゲーム

チケット情報

チケット

リーリトナー(Lee Ritenour)のチケット

チケット出品&リクエスト受付中

人気コミュニティランキング