mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > varactyl(バラクティル)

varactyl(バラクティル)

varactyl(バラクティル)

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

star wars ep3のキャラ。
ヴァラクティル varactyl
種別:草食動物
原住地:ウータパウ
大きさ:全長15メートル
「ウータパウに生息する巨大な冷血トカゲ、ヴァラクティルは、この惑星特有の垂直面で生き残る術を十分に心得ており、広大な縦穴の脇でよく日光浴をしている。太陽が輝いている間、ヴァラクティルはとても活発に行動し、縦穴の下層部が闇に覆われているため、ごつごつした斜面にしがみついて、斜めに差し込む陽光を浴びることになる。また、彼らは食事も昼間に行い、下層の湿った部分にある岩にこびりついた緑色の腐葉土をついばんだり、柔らかい砂岩を噛み砕いて多孔質の岩に染み込んだ汁気の多い動脈根を食べている。
一方、夜間のヴァラクティルはほとんど動かない。そのため、彼らは空を飛ぶダクティリオンなどの肉食獣に襲われることが多く、卵や孵化したばかりの子供を食べられてしまうのだ。彼らは身を守るため、夜間は縦穴に点在する狭い裂け目で群れを成しており、大勢でわずかな体温を保護している。ヴァラクティルとダクティリオンは野生環境では敵同士だが、飼いならされたものは同じ囲いの中に入れられる。
初めてヴァラクティルに縄をかけ、このリザード・マウントを飼いならせることを示したのは、原始時代の勇敢なウータイである。この功績によって彼らが自分たちの文化を一変させたのは、疑うまでもなく夜のことだった。飼育下にあるヴァラクティルに乗ったウータイは、これまでの生活圏からずっと遠くまで冒険することができ、縦穴の上層部を探検したのだった。このとき、彼らは勇敢にも風が吹き荒れる地表まで到達し、長身で威厳のあるパウアンと初の接触を経験したのである。
ヴァラクティルは防水性のある鱗に覆われた皮膚をしており、泳ぎも非常に上手い。彼らは正午にのみ、洞窟の深い場所に立ち入るが、それはウータパウの太陽が直接頭上に輝き、豊富な日光が巨大な縦穴の底にまで直接届くからである。しかし、その後の数時間は洞窟内にも肉食獣のノス・モンスターのような危険が満ちているため、ヴァラクティルは泳ぐことを避けている。
ヴァラクティルは概して温厚な性質だが、攻撃されたときには自分の身を守ることもできる。雌は尾に沿って堅い背骨が扇状に並んでおり、それを使って身を守っている。直立した背骨が、彼らの尾に噛み付こうとするあらゆる敵を傷つけるのだ。また、ヴァラクティルは怪力でも知られており、頭部は鎧のように堅い頭蓋骨によって守られている。
一方、ヴァラクティルの体を守る背骨には一部に柔らかい羽状のものもあり、これらは主として求愛や威嚇の際の装飾として使われことになる。特に雄は体の中央部にある隆起した背骨を使い、求愛の儀式を行っている。この羽は雌雄の両方に存在しているが、雌の羽と全身の体色は雄と比べてより鮮明かつ顕著であることが多い。」

「スター・ウォーズの鉄人!」より引用しました。
http://www.starwars.jp/creature/creature2.html

最新情報

トピック

開設日
2005年06月26日
(運営期間4111日)
カテゴリ
映画
メンバー数
21人
関連ワード

おすすめワード