mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > エラスモサウルス

エラスモサウルス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月17日 12:07更新

全コピペ

全長 14メートル

最もよく知られている首長竜で、中生代白亜紀後期の北アメリカに生息していた。
水の抵抗を弱めるため首を前方へ伸ばして泳ぎ、獲物を狩る際は魚群の下に伸ばした頭を持ち上げて魚などを捕らえたとされる。また別の説では、水上へと頭をもたげて泳ぎ、獲物を発見した際は首を水中に突っ込ませ、獲物を捕らえていたとする。かれらの獲物となったのは、レピドテスなどの魚類やイカ、時として翼竜も捕獲していた事が胃の内容物の痕跡から判明している。これに混じって時折胃石が発見されることがあるが、これには遠く離れた場所の石が混ざっている事もあり、遠洋まで遊泳する習性があったとされる。
発掘された場所はアメリカ、ロシア、日本、オセアニアなどであるが、発掘される頻度などから、おそらくは北方のやや冷涼な海を好んでいたが、時折南下する事もあったとされる。これらの胃石は主に淡水域のもので、川底などのすり減った石を飲んでいたと推定される。獲物をすり潰す為に使用したとする説もあるが、最初からすり減った石を飲んでいる事から浮力を調整する為のバラストとしての役目が主だったのではないかとされる。腹肋があったため石を飲んでも胃の位置は安定しており、バラストとして使用出来たのではないかとされる。繁殖形態は、上陸が困難であると推定される事から、おそらくは卵胎生であったのではないかとされる。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 16人

もっと見る

開設日
2007年5月16日

3541日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!