mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月26日 07:24更新

宮崎駿監督を語るのなら、この作品を知っていなければ話になりません。宮崎駿の初監督作品だからです。

このコミュニティはオフィシャルにしようとしています。
この『ルパン三世 カリオストロの城』は誰でも参加OK!!!!
イベント作成やイベント参加を呼びかける場合など、このコミュニティを是非是非活用してください♪♪
また、カリオストロの城に関することならなんでもトピックを自由に作成して書き込んでください☆★☆

少しでも関心があるのならぜひ、安心して参加してくださいるんるんムードexclamation ×2

『ルパン三世 カリオストロの城』は、漫画家モンキー・パンチ原作の人気アニメ『ルパン三世』の劇場映画第二作である。宮崎駿が初めて監督を務めた劇場映画としても知られている。

監督の弁によれば「大棚ざらえ」で作った作品で、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』製作当時のアイデアや東映動画時代に培った技術、基本的なアニメーション技術、映画文法を総動員して製作されている。

本作品は、配給収入10億円の成功を収めた前作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』に続く作品として製作された。1979年の半ばから製作が開始されて、同年12月15日に封切られた。

宮崎駿によれば、ストーリーの原型は元祖ルパンシリーズの一話『緑の目の令嬢』と黒岩涙香の原作を江戸川乱歩が翻案した『幽霊塔』が大元になっているという。

当初は鈴木清順ら『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』の脚本家チームが執筆した脚本を元に大塚康生へ監督の依頼があったが、気乗りしない大塚はこの話を『未来少年コナン』で組んだばかりの宮崎駿へ振り、これが宮崎駿にとっては初の映画監督になった。もともと大塚は旧ルパンのキャラクターデザインと作画監督であり、宮崎は後半の作品の演出を高畑勲と共に担当していた。そのためか、劇中のルパン三世が着ているジャケットの色が旧ルパンと同じ緑色となっている。

また宮崎は、アフレコの際にルパンを演じている山田康雄に、ルパンのセリフの十八番である「ふ〜じこちゃ〜ん」を初めとするおちゃらけたセリフを言わないように指導したという。

後にTVスペシャル第五弾『ルパン三世 ルパン暗殺指令』を監督したおおすみ正秋が同じ指示をした際、山田は「宮崎さんにも同じことを言われたよ」と嬉しそうに語ったという。

※大塚康生によれば、アダルトな魅力の旧ルパンを好んでいた山田は、新ルパンに対し、自分のおかげでルパン人気は保たれているという強烈な自負心があったらしく、最初宮崎に指導されたとき「わかってるよ、いつも通りやればいいんだろ」と横柄な台詞をはき捨てたという。しかし、製作段階のフィルムを見た山田は、その出来映えの高さから「先程は失礼なことを言って申し訳ありません。どんな注文でもして下さい」と態度を改めたという(大塚康夫『作画汗まみれ』より)。が、件の「ふ〜じこちゃ〜ん」は1回だけ出てきている。
作中に登場する新聞(ルモンド)の切り抜きによると、この物語は1968年の出来事である(これはスタッフの書き間違いなどではなく、宮崎駿の絵コンテではっきりと1968年と書かれているため、その意図はともかく宮崎駿の決定であると思われる)。

本作品ではモンキーパンチの『ルパン三世』ではなく、その元ネタとなったモーリス・ルブランの『アルセーヌ・ルパン』シリーズから借用された固有名詞が出てきている。それが「クラリス」と「カリオストロ」である。

カリオストロはルパンの仇敵の名前「カリオストロ伯爵夫人」から来ており、クラリスは同名の作品に出てくるルパンの恋人で、作品の中でルパンと結婚し、男の子を産むがこの子はカリオストロ伯爵夫人に誘拐されてしまった。ちなみにクラリスはカリオストロ家の人ではなく、デティーグ男爵の令嬢である。なお誘拐された息子は二十数年後を描いた作品『カリオストロの復讐』で好青年になって再登場する。ルパン三世の初期の研究家の間では、ルパン三世はこの人の息子ではないかという説も良くささやかれた(最近ではルパンと大鳥不二子の間の子供の子という説も出てきている)。

なおこの映画クライマックスの美しいシーン、湖の底からローマの遺跡が現れる場面は『緑の目の令嬢』(『青い目の少女』とも)にそっくりのシーンがあるが、時計塔がトリガーではない。また作品中で何度も水が満ちたり抜かれたりしており、映画のように一度抜くと次に湖水で隠すのが大変なようにはなっていない。時計塔のモチーフは先述した通り、涙香・乱歩の『幽霊塔』から来ている。


第18回毎日映画コンクール・大藤信郎賞受賞

キネマ旬報創刊85周年オールタイムベスト・テン アニメーション部門1位

アニメージュアニメグランプリ歴代ベストワン作品1位(1982年〜1984年)、2位(1980年下半期、1981年、1985年〜1986年)

日本のメディア芸術100選アニメーション部門選出(専門家選出4位、一般選出5位)


     参考『wikipedia』

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 244人

もっと見る

開設日
2007年5月15日

3639日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!