mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 石井輝男監督「徳川四部作」

石井輝男監督「徳川四部作」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月4日 07:01更新

石井輝男監督の"異常性愛路線"1作目となる『徳川女系図』から続く徳川四部作のコミュニティです。


1968.05.01 『徳川女系図』 東映京都

[監督]
石井輝男
[脚本]
石井輝男/内田弘三
[出演]
御影京子/三原葉子/三浦布美子/吉田輝男/南原宏治/小池朝雄
[解説]
原作は岩崎栄の同名作品。石井輝男が初めて時代劇を監督した、ショッキングな話題を振りまいた作品。五代将軍綱吉をめぐって、大奥では正室の信子をはじめとする御台所派と愛妾のお伝の方を総帥とする江戸派とに別れ権勢を競っていた。女たちだけの無礼講・裸踊りが行われ、こっそり覗いていた綱吉は、内股にほくろのある女・おみつを見つけ、夜の褥を命じる。御台所派のおみつは江戸派に呼び出され、縛られたうえ股間を焼かれるリンチを受けた。また、お伝の方は綱吉の気を引くために自ら濃厚なサービスをしたり奥女中たちの裸相撲を開催。こうして二派の対立はさらに深まり、綱吉の乱行もますますエスカレートしていった・・・・・・。


1968.09.28 『徳川女刑罰史』 東映京都

[監督]
石井輝男
[脚本]
石井輝男、荒井美三雄
[出演]
橘ますみ/賀川雪絵/吉田輝雄/渡辺文雄/上田吉二郎/小池朝雄/由利徹/芦屋雁之助
[解説]
徳川時代の想像を絶する過酷な刑罰の数々と、その下で苦しみ悩み、消えていった男女の姿を、「徳川女系図」「温泉あんま芸者」に続く石井輝男監督が強烈なタッチで描いた衝撃のエロチシズム大作第三弾。物語は、拷問とむごたらしい刑罰に激しい疑問を感じる与力・吉岡頼母と、これに反してサディスティックな歓びを見いだし、あらゆる残酷な方法を駆使する与力・南原一之進との対立を中心に、兄と妹の禁断の愛、尼僧の同姓愛、地獄絵図に執着する刺青師の殺人が展開。この三つの事件に絡まるように、股裂き、木馬責め、梁の滑車、逆さ吊るし責め、坐禅ころがし、石抱き、晒刑、礫刑、串刺し、引廻し等々、残酷この上ない十数種の刑罰が繰り広げられる。


1969.01.09 『残酷異常虐待物語 元禄女系図』 東映京都

[監督]
石井輝男
[脚本]
掛札昌裕/石井輝男
[出演]
吉田輝雄/山本豊三/橘ますみ /小池朝雄/賀川雪絵/カルーセル麻紀/上田吉二郎/土方巽
[解説]
絢爛たる町人文化が花開いた元禄時代を舞台に、その裏側に潜む虐げられた女たちを見せ物趣味たっぷりに描いた3話からなるオムニバス。「徳川女刑罰史」でメガホンをとった石井輝男と「大奥(秘)物語」の掛札昌裕が脚本を共同執筆した風俗もの。監督は石井輝男、撮影は「横紙破りの前科者」の吉田貞次が担当した。
○おいとの巻。おいとは父の借金を肩代りに返済してくれた遊び人半次に、唆かされ、吉原の女郎にまで身を持ち崩した。やがておいとは、さる御大尽の寵愛を受けるに至ったが、半次を忘れられず、吉原からぬけ出した。だが追手に捕えられ、無残な拷問を受けなければならなかった。身篭った腹の上へ、漬物石を叩きつけられたおいとは、医師玄達の家に運ばれたが、時すでに遅かった。○おちせの巻。豪商越後屋の娘おちせは、夜ごと下賎な男や片輪者と情事にふけっていた。おちせを慕う手代の長吉は、玄達に治療を頼んだが、結果ははかばかしくなかった。おちせの愛を永久に独占しようと、やがて長吉は心中をはかった。○おみつの巻。藩主の正親は、松明をつけた牛の群に、腰元たちを踏みにじらせ、その景観に快感を味っていた。愛妾お紺の方は、夜のお召が遠のくと、狆をつかって孤閨の淋しさを満足させていた。だがそれは、正親に知れ、裸身に金粉を塗られる窒息責めにあった。やがて、お紺は一世一代の趣向を正親に披露した。妊婦おみつが正親の娘であることを明かすと、その近親相姦をなじり、おみつの腹に短刀をかざした。城が真赤な炎に包まれたのはそんな折だった。そして、生まれたばかりの不幸な赤児を抱いて、城を落ちる玄達の姿があった。


1969.05.02 『徳川いれずみ師 責め地獄』 東映京都

[監督]
石井輝男
[脚本]
石井輝男/懸札昌裕
[出演]
吉田輝雄/小池朝雄/橘ますみ/片岡由美子/芦屋雁之助/由利徹/大泉滉
[解説]
時は元禄。早くに両親を亡くした由美は、残された借金を返すために大店の大黒屋に奉公することになった。今まで苦しい生活を送ってきた由美は胸を弾ませるが、そこは刺青をした女がたむろする地獄のような売春宿だった。異様に光る男たちの目の前で四肢をさらす日々を送る由美。一方、江戸で一番と謳われる刺青師・彫五郎には彫秀と彫辰の二人の弟子がいて、将軍上覧の刺青大会で一位になったほうに二代目の名と娘・お鈴を嫁にやることになっていた。二人は異常に執念を燃やし、彫秀は由美の肌に最高傑作の彫り物を完成させるが・・・。憎悪と狂乱の中で繰り広げられる刺青地獄絵。緊縛・貞操帯など大胆きわまる責めの極致が描かれる。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 31人

もっと見る

開設日
2007年5月15日

3667日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!