mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 21世紀の政治神学

21世紀の政治神学

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月9日 17:27更新

 カール・シュミット以来「政治神学」なる言葉が使われてきたが、一時期の(20世紀限定の)政治用語としてのみ流通した感があり、今日やや死語と化しつつある。(ただここ数年、このカール・シュミットの著作を見直そうという機運が各国で盛り上がっていることも事実である)
 学術用語としては神学というよりはシュミット政治学固有の用語としての印象が強く、しかもナチスの思想的温床になったような一部評価があって余りいいイメージがもたれていないのではないだろうか。
 確かに多義的で確立した定義がなされていない言葉であるが、福音派のキリスト者として神学用語として再生できないものか思案しているところである。
 憲法的アプローチからすると政治と宗教の関係は政教分離原則に絡めとられ、互いの距離感をつかみかねている感がある。また歴史的に見ても国によりその相互関係はまちまちであり、総括的に言及することは困難を伴う。
 しかし国民投票法が可決され憲法改正が近い将来に迫り、いよいよアメリカ中心のグローバリズムに否応なく巻き込まれ、ひいてはその世界戦略(究極の宗教戦争)に組み入れられるとば口にある今、この言葉が死語であっていいはずはない。
 ここではイスラム圏やユダヤ教はひとまず議論からは置き、キリスト教神学の立場から政治神学にあらたに清冽な息吹を吹き込み、今世紀の混迷をブレークスルーする概念として再生したい。
 この発想に共感し、あるいは何だろうという興味を持つ方を募りたい。

【キーワード】
深井智朗 プロテスタンティズム 敬虔主義 カルヴァン カッシーラー セオクラシー、ピューリタニズム P・T・フォーサイス ペーターソン ホワイトヘッド トレルチ マックス・ウェーバー シュラィエルマッハー ブルーメンベルク カール・バルト シュレーゲル ティリッヒ ライプニッツ スピノザ ゲンツ 政治的ロマン主義 神道指令 南原繁 ラディカル・プロテスタンティズム 大木英夫 ウッダード ケルゼン 解放の神学  A.E.マクグラス 宮田光雄 十字架とハーケンクロイツ ボナール

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 35人

もっと見る

開設日
2007年5月11日

3666日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!