mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 水戸室内管弦楽団 (MCO)

水戸室内管弦楽団 (MCO)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月16日 06:22更新

水戸室内管弦楽団(MCO)を愛するコミュニティです。

自己紹介
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18284715&comm_id=2157923

演奏会情報
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18284814&comm_id=2157923

団欒の間 − おしゃべりしましょ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18284866&comm_id=2157923

上記以外のトピ立てもご自由に☆


* * * * *

水戸室内管弦楽団
Mito Chamber Orchestra

水戸市は、1990年に市制100周年を記念して、コンサートホール、劇場、美術ギャラリーを有する複合文化施設「水戸芸術館」を建設した。

水戸室内管弦楽団(MCO)は水戸芸術館の専属楽団として、1990年の開館と同時に、館長・吉田秀和の提唱により誕生した。音楽顧問、指揮者として小澤征爾を迎えている。メンバーは、ソリストとして、またオーケストラの首席奏者として、世界的な活躍を続ける25名の日本人音楽家及び4名の外国人音楽家たち。MCOは、水戸芸術館コンサ−トホ−ルATMで、年4回の定期演奏会を行っている。定期演奏会は小澤征爾指揮による演奏会、客演指揮者による演奏会、ソリストを迎えての演奏会、指揮者を置かずメンバーのみのアンサンブルによる演奏会の4つの柱を基本に構成されている。音楽家たちは、演奏会の度に、世界各地から水戸芸術館に集まり、集中的にリハーサルを行う。2006年 6月現在、定期演奏会は65回を数える。

MCOの特性は、いわば「2つの顔」を自由に使い分けられることにある。1つは、「指揮者を置かないアンサンブル」としての顔。それぞれ高度の演奏技術と音楽性を身につけた音楽家たちによる入念なリハーサルの積み重ねによって、深い相互理解に満ちたアンサンブルが可能となり、結果として、室内楽的な細やかさとオーケストラのスケ−ル感を共に備えた響きが創りだされる。そして、そこで培われた成果は、もうひとつの顔である「指揮者に率いられたアンサンブル」となった場合にも、十分に発揮される。様々な個性の指揮者に出会ったときでも、MCOはメンバーの間にいわば共通の音楽言語が浸透しているため、その指揮者の音楽性に即座に適応しながら、自分たちの音楽を奏でることができる。

1996年からMCOは活動の舞台を水戸以外に広げ、東京・サントリーホールや大阪・フェスティバルホールなど日本各地で演奏会を行っている。 1998年6月には「ウィーン芸術週間」「フィレンツェ5月音楽祭」「ルートヴィヒスブルク城音楽祭」等から招待を受け、ハンブルク、チューリヒ、ウィーン、ルートヴィヒスブルク、フィレンツェの5都市をめぐる初のヨーロッパ・ツアーを行い、ヨーロッパの聴衆から圧倒的な賞賛を得た。2001年3月には、第2回ヨーロッパ・ツアーを実施。フィレンツェ、ミラノ、ウィーン、パリ、ミュンヘンの各地から招聘を受け公演を行い、その実力はもはやヨーロッパにおいても周知のものとなっている。

http://www.arttowermito.or.jp/mco/mcoj.html

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 41人

もっと見る

開設日
2007年5月11日

3700日間運営

カテゴリ
音楽