mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 野島伸司の世界観に、魅了され♪

野島伸司の世界観に、魅了され♪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月12日 23:27更新

このコミュは、野島伸司さんの描かれた台詞や世界観をまじまじと黙読するだけのコミュです★



、、この世のすべては、アオいバラなのかもしれません。
されどボクは、前を向いて歩き続けます。

どうしようもなくツライ時が、必ず来ます。
目の前の絶望に立ちすくんでしまう時も、必ず来ます。

されど前を向き、されど歩きます。
それが、“生きる”という事だと思うからです。



青いバラは「不可能」の象徴。

なぜなら青いバラは存在せず、バラには青色系色素がないため、交配してもつくれないものだから。





【プロフィール】

野島伸司。1963年3月4日、新潟県柏崎市生まれ。浦和市立高等学校(現さいたま市立浦和高等学校)を経て中央大学法学部政治学科中退後、渡米。ホームステイしながらUCLAに通う。
帰国後、飲食店、工事現場、缶詰工場などでアルバイトを経験。脚本家デビュー直前には、NHKの衛星放送の音楽番組のフロアディレクターのアルバイトをしていた。
1987年10月、脚本を学ぶため、シナリオスクール「東京山手YMCA」のシナリオ講座9期研修科へ入学。講師の一人であり、当時第一線で活躍していた脚本家・伴一彦に師事。
1988年5月、『時には母のない子のように』で第2回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、メジャーデビュー。


【作風・評価・社会的影響】

連続テレビドラマのデビュー作は、『君が嘘をついた』(1988年、フジテレビ系)。当初は、フジテレビの名物ドラマプロデューサー、大多亮と二人三脚で、トレンディドラマを作っていた。
しかし野島は、元々、山田太一のような社会派テレビドラマを書くことを希望していた。ある時、大多にその希望を伝えたが、局風に合わないと言われ、却下される。その後、野島は自ら、山田が多くの作品を書いた東京放送(TBS)に売り込みをかけ、その後長年にわたってコンビを組むことになるドラマプロデューサー伊藤一尋に出会う。
1993年の『高校教師』(TBS系)ではゴールデンタイム枠でありながら男性教師と女子高生の純愛、近親相姦という重いテーマを取り上げ、それを見事に書き切り、日本のテレビ業界に衝撃を与える。
1994年の『家なき子』(日本テレビ系。野島は企画・原案で参加)では「同情するなら金をくれ!」という名台詞を生み、流行語にした。
彼独特のセンスによるドラマのテーマ曲選びも魅力の一つである。特に、1995年の『未成年』(TBS系)で、往年の名グループ「カーペンターズ」の楽曲を起用。カーペンターズブームを巻き起こし、ベストアルバムが大ヒットした。また、2001年の『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS系)では、「ABBA」を起用、やはりブームを巻き起こしている。
一見トレンディドラマのようだが、実は社会派ドラマで、暴力、いじめ、障害者、自殺問題など、現代社会の暗部を独自の視点で鋭く切り取った脚本を書く。しかし、非常に不快で過剰な描写も多く、ストーリー上の起伏をつけるための口実であるという批判もあった。現代テレビ業界の寵児と見なされた時期もあったが、近年は脚本を手がけるドラマ等も減り、企画に関わったドラマの多くも低視聴率が続き、かつてほどの勢いは失われつつある感は否めない。
1992年の『愛という名のもとに』以降、野島ドラマではありとあらゆる不幸が描かれ、苛烈なまでに登場人物に襲いかかる。これについて、興味本位のあざとい手法という批判がしばしばなされる。
野島伸司と木村拓哉が初めて組む事になったプライドだが、実はこのドラマの以前、「リップスティック」で組む予定だった。しかし撮影開始間際の内容変更を理由に木村拓哉が降りた経緯がある。


【人物】

タイトルを既存の作品から借用することが少なくない(※なお、タイトル〔題号〕の無断使用は著作権法上違法ではない。ただ、場合によっては不正競争防止法、商標法などにより違法となりうる)。デビュー作の『時には―』からして、「カルメン・マキ」のヒット曲(1969年発売、寺山修司作詞)と同名である。1994年、野島は「人間失格」というタイトルのドラマを作ったが、これは太宰治の名作のタイトルと同名であったため、ドラマスタート前に遺族からクレームがついた。抗議を受けたTBS側はタイトルを『人間・失格』と変更。さらに“たとえばぼくが死んだら”というサブタイトルを付けることで決着が付いたが、これすら本人の好きな森田童子の曲名と一緒である。この野島の手法について、児童文学作家舟崎克彦は自著のコラムの中で『過去の名作のパクりまくりで、原作を知らぬ少年少女達の共感を煽って視聴率を稼いでいる』と厳しい非難を浴びせている。
ナンシー関が生前、週刊文春のコラムで再三にわたって野島作品を「偽善である」と非難していた。後に週刊文春がこれに同調、「偽善ドラマ撲滅キャンペーン」と称して野島バッシングを繰り広げた。
作品終盤に、ヒロインが死ぬ、もしくは死んだように見せるといった筋が多く、あまりにも軽々しく人の生死をドラマの演出として用いているという批判が一部にある。
遅筆で有名な三谷幸喜とは対照的に速筆で有名、作品の中には第1話が放送される前に全部書き終えてしまうこともある。その代わり書き直しには決して応じない。唯一高校教師のラストシーンは例外として書き加えた。
1998年の、『聖者の行進』(TBS系)は、暴力描写の多さに視聴者からの抗議が殺到し、スポンサーである製薬会社の三共が、「このような番組に広告を出すというは、薬のメーカーなのに、暴力を肯定することになる」と、TBS金曜ドラマ枠(22:00〜22:54)のスポンサーを降りるという事態も発生した。
野島の作品では、登場人物が死ぬ時などに火事が起こる演出が多い。
好きな女性のタイプは、「僕を守ってくれる人」。彼の書く女性キャラクターにも、それが生かされている。
草剛(SMAP)、古尾谷雅人、加勢大周が悪役を演じた事がある。
メディアに露出しないのはあまりに有名。マスコミ嫌いという説もある。雑誌やインターネットでのインタビューの掲載は稀にあり。


【作品】

・単発ドラマ

時には母のない子のように(1988年11月20日、フジテレビ)
フローズンナイト 「私だけのあなた」(1989年8月12日、フジテレビ)※4話からなるオムニバスの一本。
愛しあってるかい!スペシャル(1990年4月4日、フジテレビ)
世にも奇妙な物語 「死ぬほど好き」(1990年7月20日、日活、フジテレビ)※3話からなるオムニバスの一本。
バレンタインに何かが起きる 「恐怖の義理チョコ」(1991年2月11日、TBS)※3話からなるオムニバスの一本。


・連続ドラマ

君が嘘をついた(1988年、フジテレビ)
愛しあってるかい!(1989年、フジテレビ)
すてきな片想い(1990年、フジテレビ)
101回目のプロポーズ(1991年、フジテレビ)
愛という名のもとに(1992年、フジテレビ)
高校教師(1993年、TBS)
ひとつ屋根の下(1993年、フジテレビ)
この世の果て(1994年、フジテレビ)
人間・失格〜たとえばぼくが死んだら(1994年、TBS)
未成年(1995年、TBS)
ひとつ屋根の下2(1997年、フジテレビ)
聖者の行進(1998年、TBS)
世紀末の詩(1998年、日本テレビ)
リップスティック(1999年、フジテレビ)
美しい人(1999年、TBS)
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年、TBS)
ゴールデンボウル(2002年、日本テレビ)
高校教師(2003年、TBS)
プライド(2004年、フジテレビ)
あいくるしい(2005年、TBS)
薔薇のない花屋(2008年、フジテレビ)


・企画

家なき子(1994年、日本テレビ)
家なき子2(1995年、日本テレビ)
フードファイト(2000年、日本テレビ) ※主題歌のSMAP「らいおんハート」の作詞を担当
仔犬のワルツ(2004年、日本テレビ)※最終回は野島自ら脚本を担当


・原案

新・星の金貨(2001年、日本テレビ)

[編集] 映画
君は僕をスキになる(1989年)
スキ!(1990年)
高校教師 もうひとつの繭の物語 (1993年)
ヒーローインタビュー(1994年)
家なき子(劇場版)(1994年)※企画を担当


・詩集

野島伸司詩集 (幻冬舎、1998年)※絶版
野島伸司詩集II 僕とリンネ (ワニブックス、1998年)
野島伸司詩集III ピンク色のヒヨコ(ワニブックス、2000年)


・絵本

コオロギくんの恋(ワニブックス、2001年)
コオロギJr.の愛(ワニブックス、2001年)
「世界にひとつだけのオリジナル絵本(仮名)」(フジテレビ、脚本のみ担当。2007年)

・小説(ノベライズは除く)

スワンレイク(幻冬舎、2002年)
ウサニ(幻冬舎、2003年)
スコットランドヤード・ゲーム(小学館・2006年)


・野島作品研究本

ノジマニアン博物館係員『野島伸司の大失敗』(飯倉書房・1996年)※絶版 ISBN 4842202912
阿部嘉昭『野島伸司というメディア』(図書新聞・1996年) ISBN 4886113141


・その他

SMAP「らいおんハート」(2000年)作詞
alan「明日への讃歌」(2007年)作詞

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 153人

もっと見る

開設日
2007年5月10日

3577日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!