mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 快感フレーズが好きっ!

快感フレーズが好きっ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月16日 15:02更新

≪書籍情報≫

著者:新條まゆ
出版社:小学館
版型:新書版
カテゴリー:少女コミックス
連載雑誌:少女コミック

http://zenkandokuha.com/?pid=3134665

≪参考情報≫
参考情報はWikipediaより抜粋したものです。(詳細は下記のとおり。)
ご購入の際はお客様ご自身の最終判断でご利用ください。

『快感♥フレーズ』(かいかんフレーズ)、『KAIKANフレーズ』は、新條まゆの少女漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ。「少女コミック」(小学館)にて連載された。また、小学館からノベライズ版がリリースされたことがある。


【概要】
文学少女気取りの女子高生・雪村愛音と、ロックバンド・ルシファー(後にリュシフェル)のボーカリスト・大河内咲也の、あまりに危険で激しすぎる愛の日々を、ショービズ界のドロドロした内幕を絡めて描いたもの。ただ、その描き方があまりに刺激的すぎた(特に性的表現の乱発)がゆえに、アニメ版では天才ボーカリスト・大河内咲也と、彼をメンバーとして迎え入れたロックバンド・リュシフェルのサクセスストーリーとして描かれた。しかし、アニメ版も後半では原作の要素(特に性的描写)が多少取り入れられるようになった。

原作はヒットしたものの、その反面「少女漫画であるにもかかわらず、あんな過剰な性的描写は子供に悪影響を与えてしまう」と、非難の声も多かった。


【登場人物】
大河内咲也(アニメ版の主人公):松風雅也
雪(藤堂雪文):三木眞一郎
TOWA(佐久間和斗):千葉進歩
サン太(永井良彦):櫻井孝宏
桐生敦郎:鈴村健一
雪村愛音(原作漫画版の主人公):榎本温子
桐生祐香:石村知子
ラルフ:飛田展男


【アニメ】
1999年4月20日から2000年3月25日までテレビ東京系他で放映された。全44話。

アニメ化と同時に、作中に登場するバンド「リュシフェル」を現実の世界でもデビューさせ、火曜19時からのゴールデンタイム放送(ただし一部の地域を除く)で、第1期の主題歌には人気ロックバンドの「GLAY」の『サバイバル』を採用するなど、大ヒットする事を期待されていたが、裏番組に日本テレビ系ほかの「伊東家の食卓」が存在しており、そこから一般層を取り込む事に失敗。さらに原作ファンからは不評を買い(理由は後述)、視聴率は低迷、放送枠の方も後に土曜深夜に変更になる等、見事に期待を裏切るような形となってしまった。ただし視聴率については、皮肉にも土曜深夜に移動してから微妙ではあるが上がっている。

またストーリーは、概要でも述べたように原作と比べると大幅なアレンジがなされており、特に前半は、原作の主人公である雪村愛音が全く出てこない。それゆえに原作のファンからは「なぜ雪村愛音を出さない?」という声がかなり飛んだ。これが原作ファンからの不評の原因であり、視聴率低迷の一因になったと言える。またその一方で、雪村愛音登場と放送枠の深夜への変更が発表された時は「原作のような下劣下品な展開(過剰な性的描写)になってしまうのか?」と心配する声もあがった(もっとも、実際には原作ほどの性的描写はなかったが)。

これらの事もあり、原作のようなヒット作品にはなれなかった。

現在、DVD化もCS放送化もしていない。

スタッフ
シリーズ構成:小出克彦→吉田玲子、土屋理敬
監督:ときたひろこ
キャラクターデザイン:中山由美
音楽:KEN・MORIOKA・A、沢田完→KEN・MORIOKA・A、沢田完、渡部チェル
アニメーション制作:スタジオ雲雀
製作:テレビ東京、小学館プロダクション


(「KAIKANフレーズ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2007年2月26日10時(日本時間)での最新版を取得。改訂履歴。Text is available under GNU Free Documentation License.)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 694人

もっと見る

開設日
2007年5月8日

3607日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!