mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > Otar Iosseliani

Otar Iosseliani

Otar Iosseliani

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1934年2月2日、旧ソ連グルジア共和国のトビリシに生まれる。トビリシ高等音楽学院の作曲科で優れた成績を修める。モスクワ大学で応用数学を専攻した後、モスクワの国立映画大学(VGIK)の監督科に入学し、アレクサンドル・ドヴジェンコのもとで演出を学ぶ。卒業後、トビリシ撮影所に入り、数本の短編劇映画を監督した後、62年に長編第1作『四月』を監督。その後、『落葉』(66)がカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を、『田園詩』(76)がベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞をそれぞれ受賞し、世界的に注目される。79年、活動の拠点をパリに移し、個性的な自由人たちが大挙登場する、とぼけた味わいの奇想天外な群像劇で新境地を開拓し、「月の寵児たち」(84)、「そして光ありき」(89)、『蝶採り』(92)、『群盗、第7章』(96)の4作品がいずれもヴェネチア国際映画祭で審査員特別大賞を受賞するという快挙を成し遂げた。新作を発表するたびに絶賛されヨーロッパでの人気を揺るぎないものにしてゆく。99年、カンヌ国際映画祭に特別招待作品として出品された前作『素敵な歌と舟はゆく』は、ルイ・デリュック賞、ヨーロッパ映画アカデミー選出による年間最優秀批評家連盟賞を受賞し、ロングラン・ヒットを記録した。2000年のカンヌ国際映画祭では、カメラドール審査員長を務めると同時に、長編処女作『四月』の復原版が特別上映され、2001年のサン・セバスチャン国際映画祭では、『月曜日に乾杯!』のメイキング・フィルムを含む全作品の特集上映が組まれ、その輝かしいキャリアにオマージュが捧げられた。そして2002年、ベルリン国際映画祭に出品された『月曜日に乾杯!』は、批評家のみならず観客から大絶賛され、みごと銀熊賞(監督賞)と国際批評家連盟賞のダブル受賞を果たした。

開設日
2004年08月09日
(運営期間4430日)
カテゴリ
映画
メンバー数
371人
関連ワード