mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 三本木農業高校、馬術部〜

三本木農業高校、馬術部〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月14日 20:31更新

この映画が好きな人の集まりです

オフィシャルホームページ
http://sannou-bajutsu.com/index.html

青森県立三本木農業高校2年生の菊池香苗は馬術部に所属し、顧問の古賀先生の厳しい指導のもと、遊ぶ暇もなく馬の世話に明け暮れていた。担当するコスモは、かつて競走馬として、後に馬術競技界でも活躍した名馬だったが、左目を患い行き場を無くしたところを古賀が引き取ったのだった。その気性の激しさに香苗は手を焼いていたが、やがて左目の視力を失いつつあるコスモと共に馬術大会へ出場することを決意する。

実話をもとに、物言えぬ馬と若い俳優たちとの真剣勝負を、余計な演出を一切排しドキュメンタリーのような語り口で追った青春ドラマである。舞台となった青森県の高校で四季を通したロケーション撮影を敢行し、馬術部員役の俳優たちが猛特訓を重ね、スタントなしで障害シーンにも挑戦するなどリアリティを追求したのは、『半落ち』『夕凪の街 桜の国』など感動を呼ぶドラマを手がけてきた佐々部清監督。撮り直しのきかない緊張感溢れるサラブレッドの出産シーンも、俳優たちが実際に立ち合った吹替え無しの本物。命が生まれる感動の瞬間を見事に映し出している。新人・長渕文音は素直な演技でひたむきなヒロインを好演している。

映画「三本木農業高校、馬術部〜さんのうばじゅつぶ〜」(来秋公開予定)でいきなり主演デビューする長渕文音(あやね)(18)が29日、青森県十和田市の同校で報道陣に初めて演技を披露した。文音はシンガー・ソングライターの長渕剛(50)と元女優・志穂美悦子(51)の長女。この日は俳優・松方弘樹(64)との会話シーンを撮影し、自然体の演技で大ベテランをうならせた。

 長渕が演じるのは盲目の馬「タカラコスモス」の世話をする馬術部員・菊池香苗。お下げにジャンパー、ジャージー姿は初々しいが、その口から飛び出す言葉はなかなかのもの。芸能人の血をひく“サラブレッド”らしい大物ぶりだ。

 撮影は野間校長役の松方と「-コスモス」に関して会話を交わすシーン。強風で砂ぼこりが舞う中、見事にセリフを決め、無難に松方と初共演を終えた。

 松方は「お母さんとも一緒にやったけど、この人はアッケラカンとしてるよね」という評価。何しろ、長渕は好きな女優を「リブ・タイラーさん。目標?母じゃないですね。ジャンルが違いますから。おかあさんはアクションですから」と答えたほど。馬術部長役の柳葉敏郎も「壮快。思い切りやってますよ」とその度胸のよさを認めた。

 とはいえ、役作りにはコツコツと努力を積み重ねていた。馬術の練習は半年前から始め、菊池香苗さんにも実際会って雰囲気を確かめた。20日のクランクインから23歳となった「-コスモス」とも毎日散歩という具合。長渕は「香苗さんは明るくて元気で美人な方でした。コスモも慣れてきてくれた」という。

 十和田市内の宿舎には両親からよく電話がかかってくるという。両親のアドバイスは、ともに「思い切って精いっぱい頑張れ」というもの。その言葉通り、長渕は自然体で初主演に挑戦中。撮影は今夏から冬にかけても行われるが、季節の深まりとともに、長渕の演技も熟成しそうだ。

監督
佐々部清

出演
長渕文音
柳葉敏郎
黒谷友香
松方弘樹
奥村知史
森田彩華
西原亜希
小林裕吉
吹越満
原日出子

※トピックスは自由に立てて下さい なお不適切な場合は予告無しで削除します。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 64人

もっと見る

開設日
2007年5月1日

3621日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!