mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 動物、ペット > キリンさんのほうがもっと好き。

キリンさんのほうがもっと好き。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月6日 21:45更新

キリンさんをこよなく愛する人集合〜!!

キリンの○○が好きだ。
キリンを飼いたい。

むしろ麒麟も好きだ。
あと樹木希林も好きだ。

キリンとリアルファイトしたい。
キリンを焼いて食べたい。

などと思う人は是非入ってください。

初めての方 あしあとちょ。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17897199&comm_id=2116149

●キリン(英名:ジラフ)はウシ目(偶蹄目)キリン科に属する動物である。名は中国から日本に伝来した想像上の動物麒麟(きりん)に由来する。学名 camelopardalis はラテン語で「ヒョウ柄のラクダ」を意味する。もっとも背が高い動物であり、体にくらべ際立って長い首をもつ。アフリカ中部以南のサバンナや疎林に住む。


●特徴

長い首をもつ最も背の高い動物であり、オスの体高は平均5.3mに達する。ほとんどの哺乳類と同様、頚骨(けいこつ)の数は7個である。一つ一つの頚骨が大きく、また首の筋肉が発達しており、長い首を支えることができる。時速50キロ程度で走ることができるが、足が長いため加速性は悪い。ライオン等に襲われた時には、リーチを活かしてキックで応戦することもある。

長さ約40cmの長い舌を持ち、この舌でからめ取るようにして高い所にある木の葉を食べている。オス、メスともに頭に2〜5本の皮膚におおわれた角がある。体は黄褐色の地に茶色のまだら模様になっている。

心臓から脳までの高低差は約2mあるが、動物の中で最も高い血圧を有しており、脳まで血流を押し上げることができる。首の血管には弁がついており、血液が逆流することを防いでいる。

キリン科に属するキリンとオカピの後頭部には「ワンダーネット(奇驚網)」と呼ばれる網目状の毛細血管が張り巡らされている。この「ワンダーネット」が急激な血圧の変化を吸収するため、急に頭を上げ下げをしても、立ちくらみをすることがない。

脚が鬱血しないように、皮膚が硬質化している。


●生態

前脚を広げ屈むキリンオスを中心とした2〜10頭程度の群れで生活している。食物の葉から摂る水分のみで、水を飲まなくても生きていくことができるため、アフリカに住む他の草食動物と異なり、乾季になっても移住をしない。

水を飲むときはしゃがまずに前足を大きく左右に広げ、立ったままで水を飲む。これは敵に襲われたときにすぐに逃げることができるためであると考えられる。

発情期にはメスを取りあって、オス同士が首をぶつけ合いながら戦う姿がしばしば見られ、これはネッキングと呼ばれる。妊娠期間は15か月。体高1.7〜2mの子どもを1頭出産する。生まれた子どもは20分程度で立つことができるようになる。

鳴き声はウシに似ているが、鳴くことは滅多になく、動物園の飼育員ですらごくごく稀にしか聞けないという。


●亜種

キリンの分布図
前脚を広げ屈むキリン分布域によって9-12亜種に分けられる。体表の模様などが異なる。脚の模様の有無も重要な判別材料となる。

マサイキリン G.c.tippelskirchi
動物園でよく見られる。
アミメキリン G.c.reticulata
タナ川以北のケニア・ウガンダ・エチオピアにかけて生息。動物園でよく見られる。
ウガンダキリン G.c.rothschildi
ロスチャイルドキリンとも呼ばれる。ウガンダを中心にしてスーダン・ケニアまで生息。
ナイジェリアキリン G.c.peralta
コルドファンキリン G.c.antiquorum
ヌビアキリン G.c.camelopardalis
アンゴラキリン G.c.angolensis
ナミビアからアンゴラまでに生息。ケープキリンに含めることもある。
ケープキリン G.c.giraffa
ナミビア・ボツワナ・ジンバブエ・南アフリカ共和国にかけて、アフリカ大陸南部に生息。
キタローデシアキリン G.c.thornicrofti
他の亜種の分布しないザンビアのアングアバレー周辺に1,200頭前後で生息。

●日本のキリン

日本にキリンが来たのは、1907年3月15日である。ドイツの動物園から2頭のキリンが海路横浜港に到着した。鉄道で輸送する予定が、経路途中の陸橋をくぐることができないため、船で日本橋浜町河岸につけ、大八車で上野動物園に運んだ。2頭は翌年死亡、1933年に2度目の輸入で運び込まれた2頭が1937年に繁殖に成功した。






●麒麟(きりん)

吉本興業・東京本部所属のお笑いコンビ。2006年9月30日の単独ライブ「麒麟デシタ」を最後にbaseよしもとを卒業。当面はどこの劇場及び団体にも拠点を置かずに活動する模様(ヨシモト無限大より)
川島明(かわしま あきら、1979年2月3日 - 京都府宇治市出身)ボケ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。
田村裕(たむら ひろし、1979年9月3日 - 大阪府吹田市出身)ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。
1999年10月結成(尚、「M-1グランプリ2001ではコンビ結成年を1997年10月と紹介、他に1997年12月や1999年12月等諸説ある。)
共に大阪NSC第20期生。同期にアジアン、 ソラシド、吉本新喜劇の西科仁らがいる。
互いの第一印象は、川島→田村「アホ」、田村→川島「気持ち悪い」とあまり良いものではなかったが、川島のネタの発想を気に入った田村が、悩んだあげく声を掛けたのがコンビ結成のきっかけである。川島としては、明るくてどんどん前に出る人間が苦手だったため、当初田村の積極性がイヤだったが、断る勇気もなくズルズルとコンビを続けた。
最近は、「川島は自分が考え込む性格のため、自分と同じように考え込む性格だとコンビとして成立しないのではないか、と思い“何も考えないアホ”を探していた。ある日、川島がNSCで1人でネタをやっていると自分のネタで1人大笑いしている田村を見つけた。だが、本当にアホかどうかわからない、と慎重にいこうとしていた。その日にNSCの講師にネタを褒められ、川島が帰ろうとしていると、後ろから肩を叩いて『お前面白いなぁ、コンビ組んだってもええで』という声がした。振り返ってみると田村がいた」というエピソードを話していることが多い。このときの田村の「上から目線」に川島は「(探していた)アホが現れた」と感じ、田村とコンビを結成することに決めたと話していたこともある。
舞台登場の挨拶時に必ず川島がマイクに口を近づけ低音ボイスで言う「麒麟です」が掴みの基本ギャグだが、最近はそのバリエーションが増えているネタ。安定感のある漫才が特徴。また、短めの漫才をパターンを変えて繰り返す2部構成、3部構成の漫才もある(「漫才に小説の要素」「コンビの仲」など)。川島がボイスを田村がジェスチャーを担うことや、川島が田村をいじり倒すようなボケを放ち、それに田村が抵抗のツッコミをするといった形が多い。また、漫才の終わりに田村が「もうええわ」と言った後、川島がもう一度ボケて、田村が突っ込んだ後にそのまま礼をする漫才もある。
ネタの中で川島は、田村をかりんとうや10円玉など茶色いものに例えることが多い。また、田村の願いが「2本脚で立てたらいいな」や「早く人間になりたい」であると言ったり、服を着ていて「珍しい」など、人間ではないような言い方をする。さらには、後頭部がえのきに似ているとして「妖怪えのき小僧」、「妖怪小豆小僧」と呼んだこともある。
結成当初はコント中心の活動であまり認められなかったが、漫才中心にしてから徐々に頭角を現し、2000年頃よりbaseよしもとの舞台に出演し始めた。
M-1グランプリとの関りは深く、2001年の第1回大会で吉本興業社員にも知られていなかった無名のダークホースとして決勝進出を果たし、5位に入る。審査員の松本人志には「(麒麟の出番までに登場したコンビの中で)一番良かった」と評された。そのことから、後にM-1の決勝に進出した無名コンビは「麒麟枠」と称されることとなった。以降、度々決勝へ進出しているが、最終決戦ではまだ票を獲得したことがなく、第5回では決勝1回戦で笑い飯に大差を付けて2位になったものの最終決戦で逆転されて3位になってしまったこともあって、「2本目(最終決戦)のネタが弱い」と評されている。
2008年7月11日(水)ヨシモト∞水曜2部MC:POISON GIRL BAND(神保町花月舞台出演の為休演)MC代行を行い、2008年2月1日付でサブ・レギュラー昇進。隔週水曜日1部担当を行う事になった。 
コンビ名の由来は、2人とも長身・面長でどことなくキリンっぽい風貌を持つことと、結成時に自分たちの知っている一番難しい漢字であったからである。しかし、田村が「麒麟」と書けなかったり、間違って「麟麟」と書いたこともある。また、将来が期待される少年という意味の言葉である麒麟児からとったが、ミュージシャンのキリンジとカブってしまうため、「児」を取り「麒麟」となったとも話している。田村曰く「コンビ名はカタカナが多いため漢字で目立とうとした」らしいが、本人が考えたコンビ名は「月と砂」「銀色の鈴」という簡単な漢字ばかりの名前だったらしい。そこで知っている中で一番難しい漢字を組み合わせていき、最終候補となったのが「薔薇園」「侮辱」「醤油愛好家」「麒麟児」。その中から「麒麟児」を選び「麒麟」となったのは前述のとおりである。
川島は高校時代ずっと空想していたシュールな世界をコントで表現しようとNSC入りしたものの、仲間うちにはウケても講師にはまったくウケなかった。コンビ結成後もNSCのクラス分けでは、最低のCクラスに最後まで在籍。講師に「お前ら、やめた方がええで」とまで言われたが、なんとかNSCを卒業して、自分たちをバカにした講師を見返してやるという思いからしばらくコントを続けたが、どうにもしっくりこなかった。そんなとき、オーディションのためにその場しのぎで作ったネタがかなりウケたのが漫才を始めるきっかけとなった。それまで「コント=自由」「漫才=制約があり不自由」という固定観念が2人を漫才から遠ざけていたが、型にはめることで自分たち独自の発想が観客にもわかりやすく伝わるということがわかり、このとき初めて観客というものを意識したともいえる。
一度だけ単独ライブで田村が考えたネタで漫才をやったが、あまりにウケなかった。そのため、ネタ終了後に川島から「もうこんなことしないようにね」と説教された。
川島が電気グルーヴのファンということもあり、出囃子にShangri-Laを使用している。
2007年1月に放送された「お笑いオーケストラ」、「爆笑ヒットパレード」で、川島は東京進出を見込んで引っ越したと発言している。なお、田村は資金不足で東京進出に失敗し大阪に残留していた(川島は「お笑い芸人の東京進出失敗は少なくないが、資金不足で失敗したのは前代未聞」と語っている)が、同年12月、田村も著書のホームレス中学生出版後に東京に引っ越した。
ロンドンブーツ1号2号の田村亮は共演した際に、彼らが改名の話を一切していないにもかかわらず、番組終わりに「改名だけはしないでほしい」と言っていた。(「よしもと本物流」)
かつて同じbaseよしもとのトップ組だった笑い飯・千鳥とは非常に親交が深い。ちなみにこの3組で「ワラキチ(笑麒千)」となる。しかし、その「ワラキチ」をタイトルにしたイベントのとき、笑い飯は字の形的に「キ」を「モ」だと思っていたというボケをされた。
ほかにもダイアン・千鳥・笑い飯と組んで、「ダイ麒千飯」でコントをしたこともある。また、「笑いの金メダル」の企画で、笑い飯と「麒麟飯」を結成したこともある。そのときは、ボケは笑い飯の2人と川島で、田村1人がツッコミだった。
ネタ
川島が掴みとして、漫才中に必ず言う「麒麟です」のバリエーション。
いきなり川島が無関係な話を始め、肝心な所で「麒麟です」。
怖い話を始め、「振り向くと、そこには……あ、忘れてた。麒麟です」。
馬のモノマネをしてからの「麒麟です」。
通常は低音の声であるところを、普通の声で「麒麟です」。
大きく息を吸って勢いをつけての「麒麟です」。
低音の声のまま、「麒麟です、よろしくお願いします」まで言ってしまう。
「えっ、麒麟って誰?」
(賞レースで「続いては麒麟さんです」と紹介を受けて、)「麒麟さんです」。
鼻で笑ってから「麒麟です」。
川島が「せーの、麒麟です」と言いながら、田村と2人で右手を伸ばして(麒麟をイメージ)、足を横に出す(その時川島の左手はマイクにそえる)。
単独ライブ(キリリン!)では、「キリリンです」。


●ネタ中に田村が川島に例えられる茶色いもの。

無印のノート  かりんとう  コルクボード  サンマの苦いところ  カステラのはがした皮  玄米  糠味噌  うんこ  ピスタチオ  ヒジキ  チャーシューの側面  カブトムシの裏  十円玉
茶封筒  甲子園の土  ハムナプトラ  納豆  エクレア  泥人形  泥の棒(泥スティック)
スティックパン  タイ米のお化け  コロッケ  マッチの擦る所  チャーリー・ブラウン(チャとブラウンに「茶」がかかっている)  ケニア人  仏壇(観音開き)  生駒トンネル  ライオンズマンションの壁  中指  ものすごく勉強した後のココ(手の小指の付け根)の色  ゴボウ  錆びた釘
流木  など


受賞歴
• 第2回笑わん会 優秀賞(2001/5)
• 第23回ABCお笑い新人グランプリ 優秀新人賞(2002/1)
• 第32回上方お笑い大賞 新人賞(2003/12)
• 第34回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞(2004/3/12)
• NHK新人演芸大賞(演芸部門) 大賞(2004/10/11)
• 第33回上方お笑い大賞 最優秀新人賞(2004/12/18)
• 第40回上方漫才大賞 新人賞(2005/4/30)
• 第3回MBS新世代漫才アワード 優勝(2005/8/28)
その他
• M-1グランプリ2001 決勝進出 - 5位
• M-1グランプリ2003 決勝進出 - 8位
• M-1グランプリ2004 決勝進出 - 3位
• M-1グランプリ2005 決勝進出 - 3位(決勝1回戦の時点では2位)
• M-1グランプリ2006 決勝進出 - 3位
• 爆笑オンエアバトル 第6回チャンピオン大会 (2004年) 6位
• 爆笑オンエアバトル 第7回チャンピオン大会 (2005年) 6位
テレビレギュラー
• 麒麟の部屋(毎日放送、関西ローカル)
• あったか人情コメディ 湯けむりパラダイス!(ABCテレビ)
• メレンゲの気持ち(日本テレビ、コーナーレギュラー)
• ヨシモト∞(ヨシモトファンダンゴTV) ※隔週水曜日1部MC
準レギュラー
• 解体新ショー(NHK総合)
• 業界技術狩人 ギョーテック(テレビ朝日・大分朝日放送)
• クイズ!紳助くん(ABCテレビ)※隔週
• タカアンドトシのどぉーだ!(北海道文化放送・北海道ローカル)
• なるトモ!(金曜日、ytv)※隔週
• よしもとサンサンTV(サンテレビ)※不定期
ラジオ
• ゴーK!(MBSラジオ)
• 丑バラ(MBSラジオ)
過去の出演番組
テレビ
• お叱りください!(ABCテレビ)
• オモシロ好奇心☆どろんぱ!(ytv)
• 麒麟・千鳥の二笑流TV(GAORA)
• ダイ麒千飯(関西テレビ)
• チャンネル☆ロック!(TBS)
• っちゅ〜ねん! 金曜日(毎日放送)
• ドッカ〜ン!(TBS)
• 働くおっさん劇場 副音声 (フジテレビ)
• 爆笑オンエアバトル 成績 オンエア率11/12 最高KB 513KB
• 悲宝館(テレビ朝日・大分朝日放送)
• 名探偵コナン(日本テレビ・読売テレビ)
o 第345話「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」にエキストラとして出演。(2004年1月5日放送)
• ワイ!ワイ!ワイ!(ヨシモトファンダンゴTV)
• わかってちょーだい!(フジテレビ系)
• 笑いの金メダル(テレビ朝日系)
• くちコミ☆ジョニー!(水曜日、日本テレビ)
• なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!(ABC)
単発番組
• 目撃!麒麟のめったに見られんめずらシーン!(毎日放送)
• 麒麟の地獄温泉〜ケータイクエスト〜(読売テレビ)
• 麒麟 On Sale!
ドラマ
• 「ドラマスペシャル・24時間あたためますか?〜疾風怒涛コンビニ伝〜」(2008年3月15日・日本テレビ系) ※川島明のみ
• 日本テレビ開局55周年記念スペシャルドラマ『東京大空襲』(2008年3月17日・18日、日本テレビ系) ※田村裕のみ
ラジオ
• 麒麟のオールナイトニッポンR(ニッポン放送)
• グーグーモンキーズ(MBSラジオ)[1]
• ゴーゴーモンキーズ 木曜日(MBSラジオ)[2]
• オンスト(yes-fm)
• 金曜!生デス!麒麟デス!!(KBS京都)
CM
• 資生堂 uno
• ケンタッキーフライドチキン ガーリックペッパーチキン(川島のみ)
• ジャンボカラオケ広場(2007年9月〜12月 関西のみ)
CD
• ガチコラ
小室哲哉と多数芸人のコラボレーションCD。田村の貧乏時代を歌詞にした「rice to life」が入っている。
• サイクリング リサイクル
テレビ東京系アニメ『ケロロ軍曹』7代目エンディング曲(第117〜141話)。ひらがな表記の「きりん」という名での発売である。作詞も担当(作詞のクレジットは漢字で「麒麟」と表記されていた)。プロデュースは小室哲哉。こちらにもカップリングとして「rice to life」が入っている。
DVD
• 『キリン!キリン!キリン!』(2004年)…同年7月に大阪MIDシアターで行われた単独ライブを収録。
• 『キリリン!』(2006年)…2005年8月に大阪のなんばHATCHで行われた単独ライブを収録。
• 『新風baseよしもとネタトウタ2004』(2004年)…2004年秋、Zeep OSAKAで行われた新生baseよしもとを記念するライブを収録。
• 『ガチコラ』(2006年)…小室哲哉と多数芸人のコラボレーションDVD。田村の貧乏時代を歌詞にした「rice to life」が入っている。
• バトルオワライヤル(YOSHIMOTO WORKS)
• ダイナマイト関西2006 〜オープントーナメント大会〜(R and C 2006年12月6日)
• M-1グランプリ2001完全版 〜そして伝説は始まった〜
• M-1グランプリ2002完全版 〜その激闘のすべて〜伝説の敗者復活戦45組をすべて収録
└敗者復活戦のみ。
• M-1グランプリ2003完全版 〜M-1戦士の熱き魂〜
└川島が「サンバ・デ・ジャネイロ」を歌った部分は著作権上の理由で完全にカット。
• M-1グランプリ2004完全版 〜いざ!M-1戦国時代へ“東京勢の逆襲”〜
• M-1グランプリ2005完全版 〜本命なきクリスマス決戦!“新時代の幕開け”〜
• M-1グランプリ2006完全版 史上初!新たなる伝説の誕生〜完全優勝への道〜
└決勝1回戦で川島がロッキーのテーマ「Gonna Fly Now」を歌った部分は著作権上の理由で音声カット。
ライブ
2003年
• 10月15日 - 「麒麟デス」(baseよしもと/大阪)
• 12月14日 - 「麒麟どす」(baseよしもと/大阪)
2004年
• 02月29日 - 「麒麟だど」 (baseよしもと/大阪)
• 04月25日 - 「麒麟ザマス」 (baseよしもと/大阪)
• 05月21日 - 「キリンタン」 (baseよしもと/大阪) ※1Hトークライブ
• 07月27日 - 「キリン!キリン!キリン!」 (baseよしもと/大阪)
• 11月04日 - 「麒麟ナス」 (baseよしもと/大阪)
2005年
• 08月16日 - 単独ツアー「キリリン!」 (SHIBUYA-AX/東京)
• 08月23日 - 単独ツアー「キリリン!」 (なんばHatch/大阪)
• 09月19日 - 単独ツアー「キリリン!」 (都南文化会館 キャラホール/岩手)
• 09月21日 - 単独ツアー「キリリン!」 (徳島市立文化センター/徳島)
• 09月22日 - 「田村・西川のペラペラ うすっぺら〜ほんとはもっとしゃべりたいねん 明日、祝日やしよってって〜」 (baseよしもと/大阪) ※田村のみ
2006年
• 01月03日 - 「田村・西川のペラペラ うすっぺら〜ほんとはもっとしゃべりたいねん お年玉残っているうちにみにきてや〜」(baseよしもと/大阪) ※田村のみ
• 03月03日 - 「第一回田村裕」 (baseよしもと/大阪) ※田村のみ
• 03月28日 - 「いちねんぶ麟」 (baseよしもと/大阪)
• 05月05日 - 「第二回田村裕」 (baseよしもと/大阪) ※田村のみ
• 09月30日 - 「麒麟デシタ」 (baseよしもと/大阪) ※base最後の舞台
• 10月16日 - 「麒々麟々」 (なかのZERO 大ホール/東京)
• 10月17日 - 「麒々麟々」 (御堂会館/大阪)
• 11月15日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
2007年
• 01月24日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
• 02月21日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
• 03月19日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (SPACE107/東京)
• 04月22日 - 「ルミネ麒麟ルミネ麒麟」 (ルミネtheよしもと/東京)
• 05月28日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
• 06月25日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
• 08月05日 - 「ジラフ」 (なんばグランド花月/大阪)
• 08月20日 - 「ジラフ」 (新宿スペース・ゼロ/東京)
• 09月03日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (SPACE107/東京)
• 10月29日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
• 11月26日 - 「TOKYO麒麟ショー」 (新宿シアターモリエール/東京)
2008年
• 04月01日 - 「春麒麟」 (草月ホール/東京)
• 05月24日 - 「皐月麒麟」 (ルミネtheよしもと/東京)

《2008年5月現在ウィキペディア(Wikipedia)より》

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 884人

もっと見る

開設日
2007年4月30日

3766日間運営

カテゴリ
動物、ペット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!