mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > The MIGHTY MOGULS

The MIGHTY MOGULS

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年7月1日 17:46更新

The Mighty Moguls Are・・・
Miffy Fujita / B.Vo
Nemoto De Chobeaulle / G.Vo
Masato / Drs.Vo

<バイオフラフィー>

1993年 ミッフィーとチャッキー(初代ギタリスト)がメン募を通して知り合う。この時ミッフィーは泣く子も黙るパンクドラマー(ドラ娘)だった。チャッキーはルーツR&Rを教わりたくて、弾けもしない鍵盤でジャイブバンド等に参加していた為、ギターを手にするのはしばらくぶりだった。2人の接点は唯一CRAMPS。

1994年〜1997年 いろんな人達とセッションをしながら、自分達にとって一番のサウンドは何なのかを模索する日々。でもかなり脳天気。

1998年1月 ミッフィーが酒の勢いで口にした「あたしはホントはフロントに出て暴れたいんだ!」のカミングアウトによって、2人の新バンド結成が決まる。ミッフィーはボーカルはもとより、弦楽器を持つのも初めて。ミッフィーとチャッキーで二人きりのセッションを始める。それはゼロからのスタートではなくマイナスからのスタート。

1998年7月 2人だけのスタジオセッションが半年続いた後、ようやく最初のドラマー、タイガが加わる。

1999年2月 東高円寺U.F.O. CLUBで初ステージを踏む。

1999年夏 タイガ、ムガルズでの絶頂期を終え去っていく。

1999年10月 現ドラマーのマサトと出会う。

1999年11月 東高円寺U.F.O. CLUBにて、マサトを迎えての初ライブ。

2000年2月 「INST & SHOUT」のオムニバスに参加。

2000年5月 アメリカ、テキサスよりJUNIOR VARSITYが来日し、共演。

2001年3月 JUNIOR VARSITYと共に米国テキサスをツアーする。
ヒューストン、ダラス、オースティンを周遊。

2001年4月 1stアルバム作成のため、レコーディング。

2001年7月 1stアルバム「TEENAGE PARTY with THE MIGHTY MOGULS」 (DCRC-0034)と、1st 7inchシングル「LET’S DO THE FINKIN’ DANCE」を、DECKRECより同時発売。

2001年11月 ムガルズ企画で初のダンスパーティ「MOON HOG R&R SHOW!」を下北沢CLUB QUEにて開催。大盛況に終わる。

2002年1〜2月 ヨーロッパ・ツアーを敢行。ドイツ、ベルギー、オランダ、スイス、イタリア、フランスの3ヶ国で計30回のライブをこなす。同時に2nd 7inchEP「Rompin’ Stompin’Twistin’ Bakas-Ville」を、オランダのTEAR IT UPより発表。 

2002年4月 米国はニューヨークのラジオ番組「R&R Dance Party」で、EP「Rompin’ Stopmpin’〜」の収録曲が何度かオンエアされる。

2002年11月 ギターのチャッキーが卒業。

2003年1月 新ギタリストにネモト・ド・ショボーレ氏を迎えて再始動。東京を中心に、全国各地で精力的にライブを展開。

2004年4月 2ndミニ・アルバム「TWISTIN’and ROMPIN’with THE MIGHTY MOGULS」を、THE NEATBEATSが主催するMAJESTIC SOUND RECORDSより発表。北から南までニッポン全国各地に演奏旅行へ出かける。

2005年7月 オムニバス・アルバム「U.F.O.Club Tkyo Japan Vol.3」CAPTAIN TRIP RECORDS (CTCD-522)に参加。

2006年2月 オムニバス・アルバム「ROCK’N’ROLL FAN CLUB」DECKREC (DDCH-2002)
に参加。

2006年4月 オムニバス・アルバム「NON-STOP DANCING PART ONE」MAJESTICSOUND RECORDS (MSCD-031)に参加。

2007年1月 3rd 7inchシングル「ROCK IN THE JUNGLE」を、米国のI DON’T FEEL A THING!より発表。

2008年1月 ドイツはベルリンにて行われた映画祭「asian hot shots berlin」にニッポン代表としてゲスト参加。クラブに集まった総勢500人くらいのドイツっ子を大いに躍らせる。地元のロック・キッズや、アジア各国から集まった映像クリエイターからも絶賛を浴びる。

2009年12月 最新アルバム「 DOIN’THE WHOOP-DE-DOO WITH THE MIGHTY MOGULS」邦題 ムガルズとドンチャカ・ダンスをMAJESTICSOUND RECORDSより発表。


今日も、MODS,GARAGE PUNK ,ROCK A BILLY,様々なシーンに出向いては、原始的でハッピーなダンスパーティーを繰り広げる。




---------------------------------------------------------

THE MIGHTY MOGULS(ザ・マイティ・ムガルズ)
【DOIN’THE WHOOP-DE-DOO WITH THE MIGHTY MOGULS】
邦題 ムガルズとドンチャカ・ダンス

2009年12月16日リリース予定
LABEL : MAJESTIC SOUND RECORDS
品番 MSCD-043
価格 \2310(税込)

<収録曲>
01. DANCE PARTY / ミッフィーのダンスパーティ
02. MOGULLIE KUNG-FU / ムガルズのカンフー旅行
03. GO TO BITCH / ビッチで行こうぜ
04. I'M A HOG FOR YOU BABY / ホッグ・フォー・ユー・ベイベー
05. ZIP-A-DEE-DOO-DAH / ジッパ・ディー・ドゥー・ダー
06. SHE SAID YEAH / シー・セッド・イェー
07. ROCK IN THE JUNGLE / 密林ロック
08. UMBA-BOP-A-JUMBA pt2 / ウンバ・バッパ・ジャンバ パート2
09. I DO THE JERK / ジャークを踊ろう
10. OLD MAC MOLLY'S FARM / マック・モーリーおばあちゃんの農場

<SESSION MAN>
M-7 Sax / Yoshio(from Oi-skall mates)
M-2 Fake Chinese & Cho / Tsuneglam Sam(from Young Parisian)
M-6 Guitar / Mr.Pan(from The Neatbeats)
M-5,9,10 Piano & Organ M-4,5,6 Cho / Chucky Nonaka(ex The Mighty Moguls)


50'S,60'Sロックンロールやリズム&ブルースからの影響を、原始的なビートに乗せて、とびきりHAPPYなパーティー・サウンドとして表現し、バカバカしくてチャイルディッシュなアティチュードを爆発させて出来たサウンド、それがムガリー・ビート!!
ベーシスト兼シンガーである、ミッフィー・フジタの絶叫シャウトは、ファニー!ダイナマイト!フランティック!サベージ!プリミティブ!そんな表現がすべて当てはまる、超ド級の歌いっぷり!
これまでのリリースも日本国内に留まらず、アメリカやヨーロッパでも作品を発表。過去の音源は海外のラジオ局でもオンエアされ、世界中のロックンロール・フリークの間でも高い評価を得ている。

今回のアルバム「DOIN’ THE WHOOP-DE-DOO WITH THE MIGHTY MOGULS」は、ザ・ニートビーツのMr.Pan氏をエンジニアに迎え、彼の所有する完全アナログのヴィンテージ・スタジオGRAND-FROG STUDIO PRESENTSにて録音された。デジタルが幅を利かせている2009年の現代に、ヴィンテージ・アナログ機材でモノラル録音されたそのサウンドは、現場の空気感や臨場感を余すところ無くパッケージした上に、栄光のロックンロール黄金時代の輝きを取り戻すことに成功! なおセッション・マンとして、ザ・ニートビーツのMr.Pan氏、ヤングパリジャンのTSUNEGLAM SAM氏、オイ・スカルメイツのサックス奏者YOSHIO氏、ザ・マイティ・ムガルズの創始メンバーでもあるCHUCKY NONAKA氏などが参加。
ギター担当のネモト・ド・ショボーレは、名門ロック・レーベルDECKRECを主催するプロデューサーとして、キングブラザーズ、ザ・ニートビーツ、スクービードゥー、夜のストレンジャーズ、毛皮のマリーズ、黒猫チェルシーなど、さまざまなロックンロール・グループを手がけている。

パーティーのお呼びがかかれば、原始人の衣装を身にまとい、日本全国北から南、はては海を超えた異国の地まで飛び回る!
BABY!THAT IS CAVEMAN ROCK’N’ROLL!!


<コメント>

『mighty moguls are probably a better band than the mummies! i love your guys music!(訳 マイティムガルズはマミーズより良いバンドだと思うよ!僕は君たちの音楽が好きだよ!)』
Russell Quan(THE MuMMiES)

『ほら穴からやってきた3人の原始人はナゼか50'sなサドルシューズを履き、エレキギターをかき鳴らすR&Rバンドだった。B級映画ばりのファンタスティックな世界!ノンSTOPのドライヴィング・ビートで朝まで踊ろうぜ。』
Rockin' Enocky(Jackie & The Cedrics)

『THE MIGHTY MOGULSはいつだって、「R&Rはこんなに楽しいんだぜ」ってことを全力で教えてくれる!BLACK MUSICへの愛に溢れた、凄まじいシャウトとサウンドを真正面から、ぶっ放してくれる!全力の汗、そして笑顔と共にね!!』
ROY(THE BAWDIES)

『この人たち、もしかしてホンモノちゃうか!』
PON(LAUGHIN' NOSE)

『「あの肉」そうマンモスのアレね。そいつはなかなか手に入んないけど、「あのロックンロール」もそうそう手に入るもんじゃない。そいつはまるで野蛮な呪術。妖しく光る原石。私はそれが欲しくてたまらないからムガルー族に近付いたのです。ロックンロールの秘密を奪い取らせてはくれなかったけど、代りに手渡してくれたのがこの発光回転盤。これさえあれば十分。ムガルー族の仲間入り!!長くなったけどもうひとつ。ロックンロールをマンガに書いたらこうなるぜ。痛快にスピーディー。ユーモラスでドラマティック。最高のデフォルメだ!』
TSUNEGLAM SAM(YOUNG PARISIAN)

『ロックンロールって車でクルージングするための音楽なんだよな。それ聴いてガールハントしたくならなきゃダメ。黒人、白人、日本人、50年代、60年代…そんなのなんも関係ない。ガールハントじゃなかったら、映画ラバンバみたいにハイテンションでアイロンがけとかさ。ムガルズの新しいやつ?こいつのおかげで車の洗車も草取りも換気扇掃除だって毎日ゴキゲンになったんだ。今から街を流してくるよ。』
LITTLE ELVIS RYUTA (Little Elvis RYUTA & The S.R.P.)

『ある日突然、東京のロックンロール原人からこのレコードが届く!!恐る恐る針を落とすと、またたく間に始まる原始のカーニバル!!!たまらねえ!ウホ!ウホ!!大地を揺るがす肉リズムと空を切り裂く骨ギター!!!完全に発狂してしまっているメス原人の雄叫びはマンモスを仕留めた際のものを録音したに違いない!!ジャングル・パンクの称号を欲しいままにする奴等の次の獲物はきっと君だ!!』
ダニー(ザ50回転ズ)

『時計の針は原始に戻した。で、半裸になって「ン〜バ〜・ババッバ・ン〜マ〜・ン〜マ〜!!」と奇声を発し、ロックに合わせてロールしたら、「今なら、出来ないことなんか何ひとつ無いんじゃね?NOTHING CAN STOP ME」と、そう思えた41の秋の始まり!!HEYムガちゃん、愉快痛快奇々怪々!!君たちマサト・ミッフィ・ネモトだね!!ビール!コーラ!レッドブル!ピザ!唐揚げ!ポテト!焼き鳥!そしてスマイル!!オッケー(裏声)!!ドンチャカダンスパーティーの始まりや!!』
キングジョー(SOFT,HELL!)

『ネモトのおじちゃんはムガルス演ってる時はおじちゃんじゃなくなる。ありゃぁ〜酔っ払いのティーンズだな。』
WATARU BUSTER(OI-SKALL MATES)

『この三人が集まれば予備知識の無い大人が見たら何事かと思うようなダンスパーティーのスタートです!!ゴリラみたいにウッホウッホいって猿みたいに踊って犬みたいにうろついて鳥のように飛ぼう!!人間止めてアニマルになろう!!アニマル宣言だ!!お前もなれ俺からなるから!!理性と知性の処分はマイティムガルスのアルバムのプレイボタンを押すだけ!!用意はいいかい? LET'S DANCE!!GO!!!!!!!!』
KAZY WHEELMAN(TEENAGE BABYLON)

『聞いてすぐに頭に浮かんだのは、ローレル&ハーディーがジャングルでどたばたを演じている姿だ。そのBGMにはムガルズがぴったり、いやいつもの豹柄を着て、原住民のバンドって役で出演しているのがふさわしい。グランドフロッグ・スタジオ録音のレトロでいながら極上なサウンドと弾むリズムには誰もが踊り出さずにはいられない。イカしたオリエンタル・ロックンロール・バンドであーる、アイデアール。おふざけにならないノベルティー具合がよい◎二重丸』
Daddy-O-Nov (radio underground)


公式hp
http://sound.jp/mightymoguls/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 129人

もっと見る

開設日
2007年4月24日

3686日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!