mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > エマニュエル・クリヴィヌ

エマニュエル・クリヴィヌ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月3日 21:17更新

指揮者エマニュエル・クリヴィヌのコミュニティです。クリヴィヌの演奏に魅せられた方、最近の活動に接された方、情報をお持ちの方、どうぞよろしくお願いしますね!


◆エマニュエル・クリヴィヌ(Emmanuel KRIVINE)
ロシア人の父とポーランド人の母の間に1947年、フランスのグルノーブルに生まれる。
ヴァオリニストとして演奏家としてのキャリアを開始する。16歳でパリ国立高等音楽院を首席で卒業。ベルギーのエリザベート王妃音楽管メンバーとしてヘンリク・シェリング、ユーディ・メニューインに師事、数多くの国際コンクールで入賞する。ヴォルフガング・シュナイダーハンと共演したバッハ《二つのヴァイオリンのための協奏曲》が全欧で放送され注目を集める。

1965年、ザルツブルクでカール・ベームと出会い、ソロ活動から次第に年来の願望であった指揮の道に進む。
1976年から83年までラジオ・フランス新フィルハーモニックの首席客演指揮者を、1987年から2000年まで国立リヨン管弦楽団の音楽監督を、またフランス国立ユース・オーケストラの音楽監督を7年間つとめる。この間、シンフォニア・ヴァルソヴィア、フィルハーモニア管弦楽団とのモーツァルト交響曲集、バンベルク交響楽団とのブラームス交響曲全集、国立リヨン管弦楽団とのドビュッシー管弦楽曲集など数々の録音を行う。

2004年、演奏する曲目にあわせて同時代の楽器や歴史的奏法をとるだけでなく、世界各地から集まった楽団員相互と指揮者の関係をとらえなおそうとする新しいタイプのオーケストラ、ラ・シャンブル・フィルハーモニク (La Chambre Philharmonique) を設立、現在その首席指揮者をつとめながら現代作曲家への依嘱も行う。2006年からルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任している。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2007年4月22日

4173日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!