mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > THC CREW

THC CREW

THC CREW

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月10日 15:48更新

T.H.C CREW [ HOYAEMCEEZ & MANKITSUDEEJAYZ ]
(JANGEL・CHOCK・IGAVOCK・MKD・NARU)

 MySpace
   http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18130657&comm_id=208123

西東京北多摩保谷。武蔵野平野。中央線より西武線。HIPHOPに出会いMICを掴んでから12,3年活動しているベテランルーキー。作品の数こそ少ないがクラブなどでのライブ活動でキャリアを積むと共に確実にスキルを磨いている。メディアへの露出が少ない為、キャリアに伴うだけの知名度はあまり無いが、昔からのコアなファンや、LIVE等で共演したアーティストからの信頼は厚く着実にファンを増やしてきている。
MC陣は皆、一緒の中学校出身の保谷HOMIESである。ラッパーとして活動を始めたのも同時期でC-KONG.CHOCK.JANGELはTHA GREENZとして活動をしていた。
DJ YAS(KEMURI PRODUCTIONS/KAMINARIKAZOKU/LAMP EYE)が地元の先輩だった事もあり行動を共にする事が多く、伝説的なイベント亜熱帯雨林や鬼だまりにも出演する。
また、DJ YASやDJ QUIETSTORM等とのツアーに同行し日本各地でLIVEを行い地方のアーティストやファンにも支持され各地にネットワークを広げている。ライブで踊れる日本語ヒップホップと言う事を昔から意識し、常にファンキーなライブを心がけている。ステージ上でのパフォーマンスを重視している為、見ている人を確実に自分達の世界へ連れ込む術には長けている。
一般的なHARDCOREでもなくPOPでもない独自の世界観はまさにリアルな自分達のホームグランド“西東京スタイル”であると言っても過言ではない。

T.H.C CREWとしての活動は2002年CHOCKが吉祥寺で開催していた<RE:ACTION>と言うイベントがきっかけだが、それ以前は、THA GEERNZ(C-KONG,CHOCK,JANGEL)や、ソロとして活動をしていた。グループ結成当初はLIVEにDr(GANGA)を加えたりDJにDJ 宮嶋(2002 DMC JAPAN CHAMPION)が参加したりと、毎回違う形で魅せる事を意識する。
2004年にMANKITSUDEEJAYZがDJとしてメンバーに加わる。それ以降は現場主義のもと順調にLIVEを重ねていく。2005年、2006年と年間で約50本のライブをこなす。2006年、C-KONGが劇的な復帰を果たす。また、2007年にはNARUが加入。

初作品は1999年DJ YASプロデュースの「開幕戦」(えん突つレコーディング)。2000年TWIGYのセカンドアルバム『SEVEN DIMENTIONS』(東芝EMI/VJ)にDJ YASプロデュースの「REPRESENT」で参加。その後THA GREENZとしての活動は中止しそれぞれソロでの活動を始める。
2003年C-KONGとCHOCKはえん突つレコーディングのV.A.アルバム『えん突つサンプラーVol.1』(えん突つレコーディング)に参加。同年HI-Dの2ndシングル『君がいるから』のカップリング曲「HOME(BBQ Mix)feat.JANGEL,CHOCK SLEEPR & DJ YAS」(DEFJAM JAPAN)にフィーチャリング。2004 年DJ QUIETSTORMのアルバム『SORAMIRO』(NAKAMEGURO YAKKYOKU RECORDINGS)の「KUWAETERO」にT.H.C CREWで参加 (CHOCK,IGAVOCK,JANGEL)。2005年、DJ YASの最新アルバム『SMOKING GUN』(HIBACHI LABEL)にも数曲参加している。2006年、IGAVOCKは『ヒバチ!タイムスvol.1』(HIBACHI LABEL)で初のソロ「野蛮な晩」を披露している。『ヒバチ!タイムスvol.2』(HIBACHI LABEL)にはT.H.C CREW名義でポジティブでファンキーな「FUNK DA FUTURE」で参加。同作品の「VIVA HIBACHI」ではHIBACHI CONNECTIONとしてHI-DやLAMP EYE,名古屋のM.A.S.K.&シンガーTETSUと競演という豪華なマイクリレーでの作品となっている。『ヒバチ!タイムスvol.3』(HIBACHI LABEL)に収録の楽曲「アラビアの豚」ではダメレコ主宰のダースレイダーのプロデュースで、フィーチャリングとしてC-KONGが参加している。C-KONGはこの作品で劇的な復帰をし、その類い稀なる存在感を存分に発揮する。
JANGELは現在、KOINUと言うROCK BANDのヴォーカリストとしてSONYから2枚のアルバムとシングルを1枚リリースしている。2006年秋にはメンバー達で立ち上げた新レーベルKOINU ENTERTAINMENTから3枚目のアルバムを発売。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 129人

もっと見る

開設日
2005年6月15日

4194日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!