mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ☆★CRUNK ROCK☆★

☆★CRUNK ROCK☆★

☆★CRUNK ROCK☆★

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年4月13日 12:53更新

リル・ジョン プロフィール


ダーティ・サウスはAtlantaを拠点に、パーティトラックを量産して超人気のプロデューサー/掛け声番長、それがこのリル・ジョン(Lil Jon)だ。

従来のHIPHOPビートよりもピッチの遅い、細かく刻む独特の電子音使いのサウンドに、自らのダミ声シャウトを轟かせ、とにかくフロアを踊らせるそのスタイルはサウス・サウンドを代表するものに発展。これを自ら"Crunk"と名づけ、これみよがしなジュエリー、アクセサリーをぶら下げた「ブリン・ブリン」なファッションでも知られる、常に話題の絶えない男。

彼の作るサウンドはそれまでのサウス系バウンスビートをベースにしたよりシンプルなもので、さらにシャウトや奇声、"What!?"や"Hey!!"などの大げさな決まり文句を連呼するキャラクターは、インディのNo Limitレーベルを一大産業に育て上げたマスターP(Master P)にも通じるものがある。

そのキャリアはジャーメイン・デュプリ(Jermaine Dupri)率いるSo So DefレーベルのA&Rとしてスタート、リミキサーやラジオDJを経たあと、リル・ジョン&イースト・サイド・ボーイズ名義で"Bia Bia"、"I don' give a fuck"、"Get Low"といった特大ヒットを飛ばし、全米で注目を集めることになる。さらに2004年にはアッシャー(Usher)や新人シアラ(Ciara)をプロデュース、どちらも記録的大ヒットとなったことで多数の賞を受賞するなど大活躍。自らもリル・ジョン&イーストサイド・ボーイズ名義でのニューアルバム、"Crunk Juice"をリリース、インディ作品としては歴史に残る、発売一週目だけで40万枚というセールスを記録した。2005年にはさらに新人ブルック・ヴァレンタイン(Brooke Valentine)を手がけるなど、その勢いは止まらないようだ。




絶叫お祭り男、Lil JonがEastside Boyzを見捨て(?)、遂に1人で4thアルバムを完成!Usherのモンスターシングル"Yeah!"、Ciaraの"Goodies"の大ヒットで、クランク・ブームをアメリカから一気に世界規模の広め、さらに最近では一部コアなファンの間で話題だったスナップ(指ぱっちん)を導入した重量級ヘヴィ・クランクチューン"Snap Yo Fingers"で再び注目を集めています!


※管理人不在のため、勝手に引き継ぎまんた。基本、放置のため、どんどん書き込みよろしく!

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 34人

もっと見る

開設日
2007年4月18日

3521日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!