mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 嘘は真実を食べる怪物だと〜

嘘は真実を食べる怪物だと〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年9月16日 13:55更新

言っても過言では無いのだ!


帰ってきた時効警察第1話をお願いします。


キャスト
霧山修一朗 オダギリジョー
本作の主人公。総武警察署時効管理課で捜査資料の管理を担当する警察官。30歳。階級は巡査部長。穏やかな性格だが、何も趣味がなかった事をからかわれ、時効事件の捜査を趣味とする事になり、最終的には捜査のために定期預金を解約した。「日曜日にメガネをかけるのはイギリス人っぽい」などの謎のセリフ、食に関する独特の価値観、いまいちわからないたとえ話、など(三日月には理解不能だが事件関係者は何故か共感することが多い)つかみ所のない性格。笑い方が奇妙。発汗による外見上のわずかな変化やしゃべり方の癖などこまかな点から相手の発言の真偽を見極められるほどの観察力の持ち主で、また第4話でTVの業界用語をすぐに覚え職場でも使用する(そして捜査終了後はすぐ忘れる)など順応性は異様に高いが流行や時事問題には恐ろしく疎い。着信音はこの番組の冒頭のBGM(回によって変わっていることもある)。好物は素うどん。あだ名は「ぽつねん」、「きりタン」。 第1シリーズ最終回の後は金が尽きたため趣味をやめ、「帰ってきた〜」までの期間は特に何もなく過ごしていたが、ある日5万円一点勝負の馬券が的中、大金が手にはいり再び趣味に手を染める事となった。 住所は第1シリーズでは総武市土竜坂3-24-6 102号、第2シリーズでは総武市土竜坂2-42-6。本籍地は鰐江市大野町2-8。家族構成は父:修治、母:由美で、本人は長男。

三日月しずか 麻生久美子
交通課の警察官。28歳。階級は巡査部長。成り行きで霧山の時効事件捜査のパートナーとなり、捜査に協力する事になる。霧山に好意を持っており、捜査も積極的に手伝っている。だが、霧山が気付くことはない。常識はあるようだが、霧山をはじめとした時効管理課の個性の強い面々に毒されていったのか、回を重ねるごとにキャラクターが崩壊していっている。大食いで、山盛りのご飯や高カロリーな食べ物も平らげてしまう。趣味は華道。猫アレルギー。宝物は霧山が記名・捺印した後、ガメて自分も記名・捺印してある婚姻届2。強い妄想癖がある。「帰ってきた〜」では、住まいを引っ越した。自分より賢く・若い新卒警官の真加出を一方的にライバル視するようになる。住所は、第1シリーズでは総武市土筆ヶ丘5-3-7、第2シリーズでは総武市月ノ砂漠3-4-2。本籍地は鶴岡市桜ヶ丘1-11。家族構成は父:則夫、母:優子で、しずか本人は次女。


十文字疾風 豊原功補
刑事。33歳。霧山と同期である(年齢は十文字の方が3歳上だが、それは十文字が大学受験で三浪したため)。「刑事課のエース」と呼ばれるがそれは総武署にろくな刑事がいないことを意味する。ナルシストで、必要以上に格好をつけ、霧山の事をよく小馬鹿にする。自分が担当する事件をいつも霧山が出したちょっとしたヒントで解決するが、霧山がヒントを出した事を忘れているのか、自分一人で解決したように振舞う。そのため、周囲から「気の毒がトレンチコートを着て歩いている」と揶揄される。デスクには銅鐸が置いてある。 携帯電話の着メロが『西部警察 PART-II』のテーマ曲『ワンダフルガイズ』だったり、『踊る大捜査線』の名台詞を真似したりと刑事ドラマに影響されやすい。兵庫県姫路市出身。名前の由来は『仮面ライダー』の一文字隼人から。よく名前を大文字などと間違われる。

熊本 岩松了
時効管理課の課長。49歳。階級は警部。「寂水先生シリーズ」や本郷高志の大ファンで、それぞれにまつわる様々な品をコレクションする。行動は少し軽率な所がある。携帯のストラップは日光東照宮のメダル。大学生と高校生の子供2人がいる。特技は手旗信号。

又来 ふせえり
時効管理課で捜査資料の管理を担当する警察官。38歳。離婚歴あり。子供がいるようである。階級は警部補。霧山に時効事件の捜査を始めさせるきっかけを作った人物でもある。霧山に“ぽつねん”というあだ名をつけた。
サネイエ 江口のりこ
時効管理課の警察官。24歳。階級は巡査。表情が乏しく、いつも冷静な感じである。3月生まれ。特技はUFOキャッチャー。総武市今川北町在住。

蜂須賀 緋田康人
刑事。38歳。十文字の上司。特に用も無いのに時効管理課によく顔を出している。

諸沢 光石研
鑑識課の鑑識官。41歳。霧山の時効事件捜査の証拠を有料で鑑定してくれる。よく町中で見つけた変なものを写真にして持ってくる。

真加出 小出早織
「帰ってきた〜」より、新たに時効管理課に配属された新卒警察官。新人であるため多少時効管理課のノリについていけてない節がある。持ち歩いている紙袋は全て煙草の銘柄。「冤罪」と漢字で書ける。


下北沢 大友みなみ
交通課の警察官。第8話では下着泥棒事件の被害に遭う。
吉祥寺 星野奈津子
交通課の警察官。
神泉 永田良輔
交通課の警察官。上記2人とあわせて、「交通課3バカトリオ」と言われている。ちなみにこの3人の名前は京王井の頭線の駅名からとられているが、理由は定かではない。

署長 五王四郎
総武警察署署長。怒ると頭から湯気が出る。その熱気でお湯を沸かすこともできる。


第1話ゲスト

榎田美紗子 麻木久仁子、小学4年生時=小林愛里香、"毒が抜けた後"=國行しげ美
テレビ夕日「ニュースの林」のキャスター。15年前の事件の容疑者とされていた剣道の無実を証明した。当時は駆け出しだったが、15年経ち局を代表するキャスターになった。時間には非常に厳しい。便秘気味。気に入らない人物に圧力をかけて左遷させることから、「エアガン」との異名がある。

剣道清彦 温水洋一
15年前に福原と対立する政党議員の秘書だった。福原が殺された際、壊れた時計が差していた時間に現場を訪れていた為に一度逮捕されるも、福原の時計が10分進んでいたことを突き止めた榎田によって冤罪を晴らした。又来とは同窓生。

福原健一 あべかつのり
15年前に殺害された国会議員。

相馬 森下能幸
テレビ夕日の社員。ある番組で松岡クリスティーヌと組んで仕事をしていた為、榎田によって雑用部署に飛ばされる。ある日競馬場で、代表で馬券を買った三日月に話しかけ「3−8が当たる」と言われ真似して買ったところ(3−8、1億円と言っている)、的中。三日月に感謝している。

笠松ひろみ 東ちづる(特別出演)
1stシーズンの第1話で霧山に15年前の殺人事件を暴かれた有名な家庭料理研究家。『霧山に渡された「誰にも言いませんよカード」をゴミ箱に捨てた翌日、そのカードが寝ていたベッドの隣に戻っていた…』という霧山の嘘の回想で再登場した。

五所河原 三島ゆたか
テレビ夕日のスタッフ。榎田に便秘薬を買いに行かされた。台詞の最後には常に「五所河原でした」とつける。
作業員 蛭子能収
「総武開発」北出張所の作業員。15年前、現場へ向かう剣道の車を目撃した。普段はとても暇であるらしく、スイカの種で森鴎外の像を作るなどしている。

よのすけ 不破万作
冒頭、三日月の妄想で登場した漁師。

セスナ機の操縦士 ランディ・マッスル
15年前の事件当日、セスナ機で現場周辺を飛び、測量用の写真を撮っていた。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2007年4月16日

3665日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!