mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > Gustav-Adolf Mossa

Gustav-Adolf Mossa

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月16日 23:14更新

Gustav-Adolf Mossa/ギュスターヴ=アドルフ・モッサ

1883年 南仏ニースにて、ニース美術館長の息子として生まれる。
父親から絵の手ほどきを受け、装飾美術学校で学ぶ。
1900年のパリ万国博覧会でギュスタヴ・モローやシャヴァンヌの作品に強い印象を受け、象徴主義の画家になることを決意。
1902年から03年にかけてイタリアに遊学。
1905年頃から怪奇と退廃を特徴とする絵画を描いて脚光を浴びる。
サロメやセイレーンなどといった神話世界に登場する「ファム・ファタル」を耽美的に描いた作品が多い。

1905年制作の『飽食のセイレーン』では、口から血を滴らせる奇怪な妖精セイレーンを違和感を催させる画法で描いており、現代の怪奇漫画に通じるものを感じさせる。

その後、第1次大戦に従軍して負傷すると、絵画制作から遠ざかった。
1926年にはニースのシェレ美術館の館長に就任。

1971年に死亡。78年に回顧展が開催される。

http://servat.rene.free.fr/mossa.htm

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 38人

もっと見る

開設日
2007年4月10日

3578日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!