mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ヘルマン・ティルケ

ヘルマン・ティルケ

ヘルマン・ティルケ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年3月2日 15:55更新

ヘルマン・ティルケ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヘルマン・ティルケ(Hermann Tilke)はドイツ人建築家であり、F1サーキットのデザイナーとして知られる。

1984年、建築、土木工学、電子工学の三者を併用し、モータースポーツやその他の種々のプロジェクトに最適なソリューションを提供するため、ティルケエンジニアリングを設立した。

1990年代以降、F1サーキットはそのステータスを保つため、毎年おびただしい数の変更と安全のための改良を必要としたが、ティルケはそれらの契約をことごとく勝ち取ることに成功した。

それに際し、以下の新設のサーキットの設計を手がけた。

1998年 セパン・インターナショナル・サーキット、マレーシア
2004年 バーレーン・インターナショナル・サーキット、バーレーン
2004年 上海・インターナショナル・サーキット、中国
2005年 イスタンブール・レーシング・サーキット、トルコ
大規模な改修を手がけたサーキットとしては、A1リンクサーキット(オーストリア)、ホッケンハイムリンク(ドイツ)、最近では富士スピードウェイ(日本)などがある。

ティルケエンジニアリング社は、今後、カタロニアサーキット、モンツァサーキット、ニュルブルクリンク、そしてシルバーストンサーキットについても、改修を手がける予定となっている。


評価
ティルケのデザインの特徴は長いストレートとそれに続くきついヘアピンの組み合わせである。これはコース上でのオーバーテイク(追い抜き)の増大を狙ったものである。彼の設計するサーキットは退屈だと糾弾している者が少なくないことは事実である。一方で、安全が何より最優先される時代にあって、サーキットの安全性と提供するスペクタクルの両立という難しい仕事を抱えていることもまた事実であり、その困難な仕事に対して巧みな手腕を発揮していることには一定の評価ができる。
一方で、イスタンブールサーキットでは、フォーミュラ1グランプリにて幾多のオーバーテイクが行われており、このサーキットに対する評価は高い。

ティルケエンジニアリング
http://www.tilke.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2007年4月10日

3531日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!