mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 望月勇先生のヨーガと気功

望月勇先生のヨーガと気功

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月1日 17:15更新

ロンドン在住の
ヨーガ・気功家☆
望月勇先生のコミュニティです。


ヨガクラスに参加されたことのある方や
また、先生の気功を受けた経験のある方、
また先生の本のファンの方で
素晴らしいヨーガの効果と
気功やヨーガと出会って得た
HAPPY体験を共有できたらと思います☆

今年8月新しく本が出版されました!
「ヨーガ」についての本。


◆望月勇先生について◆

1948年、静岡県生まれ。
1973年、25歳のときロンドンへ渡る。
ロンドンを拠点にヨーロッパ各国を放浪後、
イスラエルのキブツに参加、シナイ半島を旅する。
その後、陸路でギリシア、中東諸国、トルコ、
アフガニスタンを経てインド、ネパールへ。

翌年、陸路アフリカへ。7ヶ月の野宿とヒッチハイクでサハラ砂漠を縦断。
その間、キリマンジャロにも盗聴し、アフリカ諸国を旅する。この旅で直感を信じ、直感に従う生き方を学ぶ。

1980年、少林寺拳法、さらにヨガや気功を独学で始める。これがきっかけとなり「気」の世界に目覚める。

1986年、アフリカ旅行の最中に、他人を癒す能力があることを自覚。
翌1987年、インドへ修行の旅に出る。ヒマラヤ山中でグルよりヨガの秘伝を伝授される。
サイ・ババのアシュラムや、インド各地のヨガの道場を訪ね歩く。

1988年、金沢に滞在中、武道家「和道」宗家の早川宗甫先生より、「気の奥義」を教授される。
以後ロンドンを拠点に、ヨガ気功教室を主宰し現在に至る。ロンドン在住。

著書に、シナイ半島の旅の記録『青年と砂漠』(2002年・講談社出版サービスセンター)、詩集『北冥』(2003年・角川書店)がある。

また、作家五木寛之との対談『気の発見』では、気功の要点を、
五木寛之の厳しい突っ込みにこたえて、分かりやすく説明している。

(ライブドアキーワード検索より)

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 141人

もっと見る

開設日
2007年4月6日

3733日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!