mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > NHK「20世紀の名住宅物語 」

NHK「20世紀の名住宅物語 」

NHK「20世紀の名住宅物語 」

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年2月10日 14:31更新

民放には「建物探訪」「ドリームハウス」「大改造ビフォーアフター」など、住宅、建物に関するすばらしい番組がありますが、NHK BS-hiでも2006年秋から「20世紀の名住宅物語 」という、住宅の番組が始まりました。余りにもすばらしいと思ったので、コミュニティーを立ち上げました。この番組に出てきた住宅について自由にトピックを作成して住宅談義に花を咲かせましょう。

--------------------------------------
放送一覧

●第1回 「浮世絵の啓示〜フランク・ロイド・ライト 落水荘〜」

2006年10月24日(火) 22:35〜23:00

 ペンシルバニア州の森にある落水荘は、1937年に完成。文字通り、滝の上に作られた住宅だ。シカゴのデパート経営者、エドガー・カウフマンが夏の別荘としてライトに依頼した。そこには、ライト独自の東洋的な香りと現代建築の基礎がたくさん詰まっている。落水荘には、ライトが考案した椅子や照明器具がおかれている。滝をまたいで立つ壮麗な住宅を「カウフマン家のお手伝いさん」が案内する。

●第2回 「埋め込まれた記憶〜ル・コルビュジェ サヴォア邸〜」

2006年10月25日(水) 22:35〜23:00

 ロイド海上保険会社の重役だったピエール・サヴォア氏夫妻が週末を過ごすための住宅をル・コルビュジェに依頼。パリ郊外のポワッシー県の丘にいまもある。グランドフロアには車寄せ。ピロティ式の砂利に玄関があり丸みを帯びたフロアを持つ。だが斬新なだけではなくここには当時人々が魅了された心のよりどころがあった。「サヴォア夫人」が案内する。

●第3回 「ガラスの覚醒(せい)〜ミース・ファン・デル・ローエ ファンズワース邸〜」

2006年10月26日(木) 22:35〜23:00

 シカゴ郊外のファンズワース邸は1951年完成。フォックス川のそばに建つ鉄とガラスの住宅。依頼主は、シカゴの女医エディス・ファンズワース。緑の中に直線の鉄骨と大きなガラスで構成。現代の住宅建築の規範とも言われる。デザイナーのミースは、鉄とガラスを巧みに用いた最初の建築デザイナーだ。最もセクシーな家として知られてもいる。その魅力を「ここに暮らしたインテリの女医」が案内する。

●第4回 「ふたりの森の家〜アルヴァー・アールト アールト自邸〜」

2006年10月30日(月) 22:30〜23:55

 建築のみならず、デザインという分野に力を注ぎ家具や食器にいたるまで、アールトの作品はいまだに人気が高い。ロシアからの独立という国家建設の時代に活躍し始めたアールトは、森の国フィンランドの精神を自邸に込めた。夫人のアイノもまた建築家。夫婦が育んだ安らぎとぬくもりのある住宅を、「友人で家具職人」が案内する。

●第5回 「モダンという戸惑い〜ヴァルター・グロピウス アウエルバッハ邸〜」

2006年10月31日(火) 22:30〜23:55

 グロピウスは20世紀の芸術運動に重要な役割をはたしたバウハウスの校長。彼に自宅の建築を依頼したのは、理論物理学者のアウエルバッハだ。だがグロピウスが設計したのは、生活の目的に応じてユニットを組み合わせる合理的なもの。これまで暮らした重厚で装飾がかった構造を一切排除。絵画の中に暮らすことを建築家は提案。そのとまどいを「アウエルバッハ氏」が案内、現在の住人にも住み心地を聞く。

●第6回 「生存へのデザイン〜リチャード・ノイトラ VDLリサーチハウス〜」

2006年11月1日(水) 22:30〜23:55

 ロサンゼルスの中心、シルバーレークに佇む白亜の住宅「VDLリサーチハウス」。燦々と太陽が降り注ぐカリフォルニアの環境を意識した住宅である。リチャード・ノイトラ(1892〜1970)は、オーストラリア生まれ。世紀末ウィーンの芸術、哲学に影響を受け、フロイトにも感化されていた。「建築家は人間を自然との調和の中に戻す治療者」というノイトラの信念からデザインされた「心と身体の健康を持続させる住宅」を、当時のライバル建築家シンドラーが、精神分析的に案内する。


●第7回 丘の上の夢 ピエール・コーニッグ〜ケーススタディハウス#22

2007年4月2日(月) 23:00〜23:25

 戦後のモダン住宅の基礎を作ったコーニッグ(1925〜2004)。ハリウッドの丘の上に鉄骨とガラスの住宅を作った。映画やコマーシャルの舞台にもなり、いまでも憧れの住宅として存在する。モダンとは何か、施主の若き日の夢を軸に物語る。

●第8回 反骨の砦(とりで) チャールズ・ムーア〜シーランチ・コンドミニアム〜

2007年4月3日(火) 23:00〜23:25

 60年代にムーア(1925〜1993)が仲間と設計した、サンフランシスコにあるコンドミニアム。アメリカ杉で作った木造の無骨な納屋のような住宅に世界の建築家が注目した。ムーアたちが狙ったのは、アメリカの新たな開拓者精神だった。

●第9回 光と静謐(ひつ)のパライソ ルイス・バラガン〜バラガン自邸〜

2007年4月4日(水) 23:00〜23:25

 色彩と空間。それを見事に調和させた建築家ルイス・バラガン(1902〜1988)。高原の都市メキシコシティに静謐な空間を作り出したバラガンの傑作住宅を案内する。

●第10回 曲線のまどろみ オスカー・ニーマイヤー〜ニーマイヤー自邸〜

2007年4月5日(木) 23:00〜23:25

 今年100歳の現役建築家ニーマイヤー(1907〜)のリオデジャネイロにある自邸。ル・コルビジュと共に国連本部ビルを設計し、後に首都ブラジリアの建築群を設計した巨匠の自邸は、熱帯の木々に囲まれ、海に面して建っている。官能的な曲線の家だ。コルビジュと対比させながら、直線から曲線へのニーマイヤーの建築変遷と建築家自身の物語を描く。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 135人

もっと見る

開設日
2007年4月3日

3540日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!