mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 火閻魔人。中でも桃源津那美♪

火閻魔人。中でも桃源津那美♪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月18日 20:32更新

『火閻魔人』の単独コミュが無かったので立ち上げました、同志募集します^^


『火閻魔人』は奥瀬サキ(当時は奥瀬早紀)さんの作品。1987年に月刊コミコミに不定期連載されました。その後処女作になる『座敷童子−緒』を含む単行本を出版。
内容は火種(たね)を自由自在に使いこなす鬼退治屋の主人公、桃源津那美が友人で肉体派ルポライターの前田洸と日本国家にも影響力のある傍箕家の当主傍箕綾之助の助力を得ながら魔物に立ち向かうという話。

『支配者の黄昏』は『火閻魔人』の主人公、桃源津那美(本作では紫擾津那美と名乗っています)が登場する物語。月刊WINGSで1990年9月〜1991年10月号に掲載された作品に大幅加筆して1991年末に単行本を出版。
時代設定は2019年。『火閻魔人』より30数年後の設定だと思われる(連載年月が1987年なので)。
内容は2019年に新宿に飲むと人肉喰いの『鬼』に変貌してしまうドラッグが出回ってしまう。同時期恋人が鬼に変貌して失踪してしまい橘静香が私立探偵の紫擾津那美に捜索を依頼。そして…


2作品とも奥瀬作品の中でも『低俗霊狩り』と並びずば抜けてクオリティの高い作品です。


中でも主人公の『桃源津那美』、未だナゾの人物。

『火閻魔人』の『爵位の魔王』編では自称81歳で精神年齢は14歳のまま…
スラっとした長身に凄く恐ろしいほどの美形。
『座敷童子』編では津那美を見た女子高生が「エルリック・サーガみたい」、男子高生が「あーいうのアルビノっていうんじゃねーの」とコメしています。
※ちなみにエルリック・サーガは、マイケル・ムアコックが著したファンタジー小説シリーズの一作品。主人公エルリックは白い髪、白い肌に深紅の瞳を持つアルビノ(先天性白皮症)という設定。奥瀬さんはこの作品を読まれていた節があります。

果たして彼は何者なんだろう??って思いの方、是非当コミュにて語り合いましょう!
もちろん津那美を取り巻く登場人物や『伯爵』、『座幻鬼』などの悪役のお話やなどで交流出来たらいいですね^^



《検索ワード》
奥瀬早紀、奥瀬サキ、火閻魔人、火炎魔人、支配者の黄昏、桃源津那美、紫擾津那美、伯爵、狼餓、座幻鬼、忌弥童子、座敷童子、茨木童子、前田洸、傍箕綾之助、澄枯、橘静香、晃龍、茜龍、真言繰美、レイコさん、明怜依、相原悠美、傍箕家、傍箕の壺、火種、鬼、鬼人、鬼火、予定調和、蝙巳製薬、高宮製薬、爵位の魔王、華沙魅、月刊コミコミ、WINGS、エルリック・サーガ、アルビノ

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 12人

もっと見る

開設日
2007年3月31日

3856日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!