mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 海洋温度差発電

海洋温度差発電

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月15日 15:48更新

海洋温度差発電とは...
アンモニアと水の混合液を沸騰させ、蒸気を得る。
水の”100℃”に比べてアンモニアと水の混合液は
沸点が"33℃”と低く容易に沸騰させることができる。

アンモニア水はその後、海洋深層水で冷却されてまた
液体に戻る。これを繰り返すことにより、海水の温度差
を利用した発電が可能になる。

自然条件的には北緯40度〜南緯40度の範囲の海域で
海洋温度差発電が可能という調査もあり

二酸化炭素排出量が極めて少ない発電方式として
注目されるようになった。

1970年代より研究・開発がされている。
日本では沖の鳥島付近の海洋で温度差発電装置の実験が
行われている。

*火力発電などは熱で水を沸騰させ、蒸気でタービンを
回して発電している。


チャペルよろしかったら、こちらに自己紹介など どうぞ。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16693869&comm_id=1999004

みなさん気軽に書き込みしてくださいね。


<管理人より>
私はまだまだ勉強中ですが 
どうぞよろしくお願いします。


 

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 56人

もっと見る

開設日
2007年3月28日

3589日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!