mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Alfredo Casella

Alfredo Casella

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年10月21日 21:33更新

Alfredo Casella アルフレード・カゼッラ

イタリアの作曲家・ピアニスト・音楽教師。


ウィキペディア(Wikipedia)より。
1896年にパリ音楽院に入学し、ピアノをルイ・ディエメに、作曲をガブリエル・フォーレに師事。第一次世界大戦中にイタリアに帰国し、ローマの聖チェチーリア音楽アカデミーにピアノ教師として出勤。

1923年にガブリエーレ・ダヌンツィオやヴェネツィアのジャン・フランチェスコ・マリピエロとともに、近代イタリア音楽を普及させるための音楽団体「イタリア新音楽協会」を結成。

ムッソリーニと親しかったとして戦後まもなくタブー視されたが、第二次大戦中にイタリアで国際的な音楽祭が開かれた際に、運営委員のひとりとして、(スクリャービンやシマノフスキも含む)同時代のヨーロッパの最先端の曲目が、レパートリーから外されないように配慮しており、そこにはカゼッラの政治力が働いたものと見做してよい。

20世紀におけるヴィヴァルディ作品の復活は、カゼッラの尽力に負うところが大きい。1939年に、今度はエズラ・パウンドを巻き込んで「ヴィヴァルディ週間」を組織する。これ以降、ヴィヴァルディ作品はほとんど世界的に成功を収めるようになる。1947年にヴェネツィアで、実業家のアントニオ・ファンナによって、マリピエロを芸術監督に迎えてアントニオ・ヴィヴァルディ研究所が設立される。ついには古楽器演奏の到来によって再びヴィヴァルディはスターダムにのし上がった。

教師としても傑出しており、カステルヌオーヴォ=テデスコやゴッフレード・ペトラッシはカゼッラの高弟である。カぜッラ校訂版と題された様々なクラシックのピアノ音楽を編纂しており、指遣いやフレージング、ペダリングなどに個性が見られる。


そんな彼、Alfredo Casella についてのコミュニティです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2007年3月23日

3688日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!