mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 「もしもし」を守る会〜第4章〜

「もしもし」を守る会〜第4章〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年8月19日 19:37更新

一部マニア垂涎の的となっている「『もしもし』を守る会」。
またまたまたまた復活です!

______________________



もしもしを守ろう!


あなたは、電話に出た時の第一声は何ですか?

私は、「もしもし」です。

「もしもし」とは、次のような語源を持つ言葉です。

__________________________
もしもしは、「申し(もうし)」を連ねた言葉です。
江戸時代には、「申し(もうし)」と単独で使われていた。
電話が開通された当初は、高級官僚や実業家などしか電話を持っていなかったため、「もしもし」ではなく「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」と返答されていた。
電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手が中継ぎをしていた為、繋ぐ相手に失礼とならぬよう「申し上げます」と言っていたことによる。
日本で初めて電話交換業務が行われたのは、明治23年(1890年)12月16日、東京・横浜間である。

___________________________


このように「もしもし」は大変美しい言葉なのです。

ところがどうでしょう。

近年、企業の新人研修マナー講座では、なんと、電話に出る時には「はい、○○です。いつもお世話になっております〜」と出るのが良し、とされているのです。

こんなことでいいのでしょうか!

このままでは、この世から「もしもし」が失われてしまいます。

何とかして、この流れを食い止めねばなりません・・・

そこで私は、「もしもし」の美しい響きを守るべく、「もしもしを守る会」を結成しました。

【活動内容】
1.電話に出る際の第一声は必ず「もしもし」。
2.公衆の面前で電話に出る時は、大声で「もしもし」。
3.「もしもし」を他の人にも使わせる
4.そのほか「もしもし」に関する諸研究

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2007年3月23日

3750日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!