mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > ☆..Rolls-Royce..☆

☆..Rolls-Royce..☆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月23日 19:36更新

世界の成功者に愛され続けている車。
☆ロールス・ロイス☆

・知っている人
・興味ある人
・乗ってみたい人
・いつか乗る人
・もう自分のものという人
・自慢だ人

の人達向けのコミュニティです☆━━━━━━…‥


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【ロールス・ロイス】

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)は、
イギリスの高級乗用車および航空用エンジンメーカーの社名およびブランド名である。

名称は、創業当時の出資者チャールズ・スチュアート・ロールズと技術者のフレデリック・ヘンリー・ロイスにちなむ。


自動車の分野では「世界最高の自動車」The best car in the world を自ら名乗り、高級車の代名詞として、世界的に半ば伝説視されるブランドとなっている。

1931年には、同じイギリスのスポーツカーメーカーであるベントレーを傘下に置いた。

1973年に自動車部門と航空機部門は別会社となった。
さらに1998年、自動車部門はフォルクスワーゲンとBMWの買収を受け、旧工場と「ベントレー」ブランドがフォルクスワーゲン系に、「ロールスロイス」ブランドはBMW系にそれぞれ分裂した。


・・・歴史・・・

1904年5月、マンチェスターでロイスとスチュアート・ロールズとクロード・ジョンソンの三者の出会いにより、ロールズとロイス、そしてジョンソン(彼はその働きからRolls-Royseの"-"(ハイフン)と評された)は生まれた。

その後

1906年、ロイスは後にシルヴァーゴーストという愛称で知られる事になる6気筒車「40/50P」型を発表した。

ロールズは、1910年7月12日、ボーンマス国際飛行大会で乗機の墜落によって事故死した。

翌1911年、ロイスは大腸ガンを患ったが、手術を受けて辛うじての小康を得た。以後、ジョンソンらの助けを借り、巧みに経営と技術の舵取りを行った。

以後、アメリカ市場に乗り出し、第二次大戦後もロールス・ロイスは、材常に高い水準を維持し続けた。また走行性能の面でも、十分にグラン・ツーリスモとして通用する車であった。

現在に至るまで、様々な買収劇があり、それによって多く人々の注目を集めたが、今なおその人気が絶大のものがある。


【創業者:ヘンリー・ロイスの言葉】

・「価は忘れ去られても、品質は残る(The quality will remain when the price is forgotten.)」

・「我々が悪い車を作ろうとしても作れない。もし作っても工場の門番が門外に出さないだろう」

・"Qvidvis recte factvm qvamvis hvmile praeclarvm"(どれほど些細なものでも最善を尽くした仕事は全て尊い、という趣旨のラテン語。社是ともいえる言葉)

=======================
高級・外車
・ベンツ
・BMW
・ベントレー
・フェラーリ
・ポルシェ
・キャデラック
・ハマー
・ランボルギーニ
・プジョー
・リムジン

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 41人

もっと見る

開設日
2007年3月21日

3781日間運営

カテゴリ
車、バイク
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!