mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ドラマ「夫婦道」

ドラマ「夫婦道」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月7日 00:04更新

夫婦道(ふうふどう)
4月スタート 木曜日21:00から
▼出演者
武田鉄矢
高畑淳子

山崎静代(南海キャンディーズ)
たくませいこ
本仮屋ユイカ

橋爪 功
▼スタッフ
製作:TBS
制作:TBSテレビ
プロデューサー:柳井満
脚本:清水有生
演出:清弘誠
   大岡進
音楽:城之内ミサ
主題歌:海援隊

みどころ
短歌の世界に「ただごと歌」という言葉があるといいます。"別に何ということもない普通の言葉で普通の日常を三十一文字で表現する"という意味らしいのですが、「ただごと」という視点から見ると、最近のテレビドラマはどんどん日常から遊離して行っているように思えます。

「七人の孫」「時間ですよ」「肝っ玉母さん」「ありがとう」……、かつて「ドラマのTBS」を支えた多くの作品は「ただごとドラマ」であり、「ただごとドラマ」とは普通に言えば「ホームドラマ」なのです。

今回、一組の夫婦を中心に家族が織り成す小さな世界を舞台にして、TBS最大の武器であったこの「ただごとドラマ=ホームドラマ」をお届けします。

主演の夫婦を演じるのは武田鉄矢、高畑淳子。「笑わせる」「泣かせる」という「ただごとドラマ」にとって不可欠なファクターを十二分に表現できる演技力を備えた二人がこのドラマの核となり、「ただごと」を笑いと涙で紡ぎながら人生の極意を視聴者に伝えます。
▼その他
<武田鉄矢さんからのコメント>
「普通のドラマを作りませんか、ゴチャゴチャ火が出たり水が出たりの事件のドラマじぁなくて、普通の普通のドラマです。何も起きないことが起きる、"ただごと"のドラマです。」とお誘いを受けたのは昨年の春頃のことでした。私というタレントを土からこねあげて目鼻をつけ土偶から人の形に仕立てて下さった先輩からのお誘いでした。

一言一言重く響きました。事件が起きなければ物語が進まないドラマが今の主流です。それに比べて難度高きドラマ作りになると思いますが、だからこそ挑む気になりました。今ボンヤリと"ただごと"の夫婦をイメージしています。誰の句か忘れましたがこんな句がありました。

「秋灯や夫婦互いに無のごとし」

秋の夜長の灯の下、一組の夫婦が語り合うこともなく、そこに座っている。ただそれだけの情景ですが味わい深い句です。「今夜は静かでいいねぇ」なんて幸せの言葉を呟くことを忘れてました。そんなドラマ、作ってみたいですねぇ。


<高畑淳子さんからのコメント>
12年前、『金八先生』に養護の先生役で参加させて頂くことになった時、「もしかしたら金八先生の再婚相手になるかも知れません」と言われました。その時から私の中では、金八先生イコール武田鉄矢さんへの恋心という卵が産み落とされたのですが、なかなかその卵は羽化する気配もなく、桜中学には次から次へと大問題が起こり、再婚話も忘れかけておりましたところ、この度『夫婦道』で武田さんと夫婦役をやらせて頂くことと相成りました。
娘三人、恥かきっ子息子一人、計四人の子を持つお茶屋の夫婦だそうです。ケンカもしますが仲直りにはお父さんの入れる特別なお茶を飲み、一日の始まりもお父さんの入れたお茶を家族揃って飲むという儀式を律儀に守り続けているという家族です。
夫婦が恋心だけで続くはずはありません。『夫婦道』……何とも響きの良い題名です。武田さんの大きな懐をお借りして、夫婦、家族……今、日本が一番行き詰まっている問題を考えながらドラマ作りを楽しみたいと思っております。


<柳井満プロデューサーからのコメント>
「夫婦」って何だろう……。これに明快に答えられる人は多分いないでしょう。人間が作ったこの不思議な制度を、武田鉄矢、高畑淳子が演ずる架空の夫婦を通じて考えてみようというのがこのドラマです。
だからタイトルは「夫婦道(ふうふどう)」です。今、離婚を考えている人がいたら、このドラマを見てからにして下さい。もしかしたら考えが変わるかも知れないから…。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 342人

もっと見る

開設日
2007年3月19日

3690日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!