mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > スキーを楽しむマナーとルール

スキーを楽しむマナーとルール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年1月5日 15:34更新

先日、友人と滑りに行ったときの事です。
友人がハイスピードで上方から滑走してきたスキーヤに衝突されました。スキー板は折れ、頭部を強打しました。
しかし、衝突したスキーヤーは謝るどころか「動いているもの同士、衝突はしょうがない。」と言い逃れを始める始末。
私は、この言い逃れに非常に憤りを感じました。確かに動いているもの同士です。しかし、スキー場という限られたスペースを共有し楽しんでいる以上、最低限のマナーやルールは尊重すべきではないでしょうか?

スキー業界もルール・マナーの啓蒙活動を殆どしていないのも現実です。ですから、もう一度、ルール・マナーについて再認識し安全について意見交換できる場があればと思い、このコミュニティを作りました。

・こんな危ない思いをした。
・衝突された・したことがある。
・マナーの悪い滑走で不愉快な思いをした。
・こうすればもっと安全にスキーを楽しめるのでは。
・あれは、アカンやろ!
等など、安全に対する情報交換や啓蒙活動が出来ればと思っています。

ちなみにFIS(国際スキー連盟)はこんな提案をしているのはご存知ですか?是非一度、目を通してみてください。

★RULE1【他人の尊重】
スキーヤー・スノーボーダーは他人を危険にさらしたり、迷惑・損害を与えたりしないように行動しなければならない。

★RULE2【スピードとスキー・スノーボードのコントロール】
スキーヤー・スノーボーダーはコントロールして滑走しなければならない。スキーヤー・スノーボーダーは自分のスピードや滑り方を混雑状況に応じて順応させるのと同様、個人の能力、地形条件、雪の状態、気象状況にも順応させなければならない。

★RULE3【ルートの選択】
後ろから滑るスキーヤー・スノーボーダーは前方にいるスキーヤー・スノーボーダーを危険にさらさないようなルートを選ばなければならない。

★RULE4【追い越し】
スキーヤー・スノーボーダーは、追い越されるスキーヤー・スノーボーダーが意図的な動きでも無意識な動きでも、それをするのに十分なスペースを残すという条件で、上からあるいは下から、右あるいは左から、他のスキーヤー・スノーボーダーを追い越しても構わない。

★RULE5【進入・スタート・上方への移動】
コースに入ろうとしたり、あるいは止まった後再び滑り出したり、斜面を登ろうとするスキーヤー・スノーボーダーは自分自身や他人を危険にさらすことなくそれができるよう、その斜面の上下を確認しなければならない。

★RULE6【ピステでの停止】
絶対に必要でない場合には、スキーヤー・スノーボーダーはピステの幅の狭いところ、見通しが良くない場所で止まることを回避しなければならない。そのような場所で転倒したら、スキーヤー・スノーボーダーはできるだけ速やかにピステを空けなければならない。

★RULE7【足での昇降】
スキー・スノーボードを履かずに昇降するスキーヤー・スノーボーダーは、ピステの端を維持しなければならない。

★RULE8【標識やマークの尊重】
スキーヤー・スノーボーダーはすべての標識やマークを尊重しなければならない。

★RULE9【援助の義務】
事故のときには、すべてのスキーヤー・スノーボーダーは援助をする義務がある。

★RULE10【身分証明】
すべてのスキーヤー・スノーボーダーおよび目撃者は、責任を負う当事者である無しに拘わらず、事故のあとで名前と住所を交換しなければならない。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 32人

もっと見る

開設日
2007年3月19日

3725日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!